カーテンのクリーニング、カビを落とすには?おすすめの頻度について解説

B! pocket

窓辺に立つ女性

カーテンは大きい物が多い上に、取り外すのが面倒なため頻繁に洗濯や掃除をすることはできません。しかし、実はとても汚れやすく、においを吸い込んで部屋の悪臭の原因となったりします。

また梅雨の時期や、窓の結露が起きやすい冬場は、湿気のせいでカビが生えてしまいやすくなります。

カーテンのクリーニング方法や、カビ対策、おすすめの洗浄頻度についてご説明します。

カーテンをクリーニングする方法

カーテンとソファ

常に窓辺に置かれているカーテンは、見た目以上に汚れています。また、常に紫外線にさらされているため、生地が傷んでいることもあり、自宅での洗濯に耐えきれない場合があります。

無理に洗濯機で洗ってしまうと、レースがほつれてしまったり、穴があいてしまう場合もあります。

傷んだカーテンを優しく洗うには、クリーニングを利用することが最も簡単な方法と言えます。プロの手を借りることで、カーテンを傷つけずに優しく洗うことができます。

カーテンをクリーニングに出すメリット・デメリット

カーテンをクリーニング店に預けて洗うことのメリットは、カーテンを傷つけずに洗うことができる点だと言えます。

カーテンは、見た目以上に汚れています。常に窓辺に設置されているので、

  • ホコリ
  • 手垢
  • タバコのヤニ
  • 花粉

などがつきやすくなります。さらに、湿気によるカビも生えやすくなります。

冬など部屋の内外と温度差がある場合は、窓が結露したりと湿気がたまります。その湿気が原因でカビが生え、白いカーテンが台無しになってしまったという方も少なくありません。

梅雨などの時期も窓辺には湿気がたまりやすいのでカビの原因となります。一度カーテンにカビが生えてしまうと、市販のカビ取り剤や漂白剤でもなかなか完全に取り切ることはできません。

カーテンに生えるカビはほとんどが黒カビですが、黒カビは生地の奥深くまで根を張るので、完全な除去が難しいのです。クリーニング店で専用の洗剤を使って洗うことによって、落とすことができます。

自宅で洗濯しようにも、カーテンは縮みやすく、普通に洗濯機で洗ってしまうと、長さや幅が変わってしまう可能性もあります。素材によっては、見た目が悪くなるほど縮んでしまうので、プロの手におまかせすることがおすすめです。

また、カーテンは常に紫外線を浴びています。紫外線を浴びることによって、生地はどんどん劣化していきます。特に薄いレースカーテンは紫外線の影響により、強い摩擦でほつれたり穴が空いてしまうこともあります。

紫外線を浴びていなくても、汚れがたまっているとそこから劣化して、破れに繋がる場合もあります。自宅での洗濯は、カーテンを傷めてしまうリスクがあるのです。

さらに、カーテンは布面積が大きいため、部屋のにおいを吸い込んでしまう性質があります。自宅で鍋や焼き肉をしたり、ホットプレートを使ったりすると、煙がカーテンにつきにおいを放ちます。

部屋の嫌なにおいの原因の多くは、部屋においてある布製品がためこんだ生活臭です。特にカーテンが占める割合は大きいので、部屋のにおいがきになる方こそ、カーテンを洗うことがおすすめです。

カーテンをクリーニングするメリット
  • カーテンについたハウスダストや汚れを落とせる
  • 頑固なカビもスッキリ落とせる
  • 洗浄による縮みを抑えられる
  • 部屋のにおいをおさえることができる

一方で、クリーニングをするデメリットもあります。クリーニングを利用すると自宅で洗濯をするよりも割高になります。

カーテンのクリーニングは、洗うものの種類(レースなのか、ドレープの裏地があるかないのか、など)にもよりますが、大体500円~2000円ほどします。

大きなサイズのカーテンならばもっと高くなる可能性もあります。料金が少し高くなってしまうので、カーテンのお手入れにあまりお金をかけたくない方にとってはデメリットとなります。

また、カーテンをクリーニングに出すには、かさばるカーテンを持ち出してお店にまで行かなくてはなりません。

カーテンは見た目以上に重く、持っていくのは一苦労です。洗い上がったカーテンをもう一度家まで運ばなくてはならないのも厄介です。

カーテンのクリーニングは年に2・3回がおすすめ

カーテンは継続的に洗い続けた方が清潔さを保つことができます。カーテンの専門店や、家具のお店では、年に2・3回の洗浄をおすすめしています。

定期的にメンテナンスをすることで汚れがたまってしまったり、カビが生えてしまったりすることを防ぐことができます。

特に湿気の多い梅雨の時期や、窓が結露してしまう冬場は注意が必要です。シーズンが終わったあとに、クリーニングを利用することがおすすめです。

冬場はお鍋を食べる機会も増えるので、カーテンに染み付いたにおいを取るという意味でもうってつけかもしれません。

カーテンを預けられる宅配クリーニング

カーテンをクリーニングする時におすすめなのが宅配クリーニングです。宅配クリーニングとは、自宅まで宅配業者が衣類の引き取り・お届けをしてくれる宅配サービスです。

自宅で荷物を梱包して預けるだけでクリーニングが完了するので、普段時間がなくてクリーニング店の営業時間に間に合わない方や、怪我や子育てなどで自宅から出ることが難しい方などにおすすめのサービスです。

宅配クリーニングなら、カーテンのクリーニングを扱うお店が近所になくても全国どこからでも依頼することができますし、重いカーテンをお店まで運んでいく必要性はありません。

手軽にカーテンのクリーニングを利用することができます。

カーテンのクリーニングを取り扱っている宅配クリーニングとして、白洋舎クリコムがあります。

白洋舎のロゴ

白洋舎は、日本で最初にドライクリーニングを始めた老舗クリーニング店です。皇室の衣類のクリーニングを担当していることでも有名で、その実力と技術は確かなものです。

白洋舎にはカーテンクリーニングの宅配サービスがあります。

ホームページより申込みをすると、自宅に申し込み用のキットが届きます。それに洗うカーテンを詰めて発送すると工場でクリーニングが始まります。

レースのカーテンは450円+税~、裏地付きのドレープカーテンなら600円+税~の料金となります。カーテンのサイズにより料金は変動します。

この他、配送料の1,600円が加算された金額が、クリーニング料金となります。

プリーツのついたカーテンでも、型崩れを起こすことなくていねいに洗ってくれるのでおすすめのサービスです。

白洋舎の公式サイトはこちら

クリコムのロゴ

もう一つおすすめの、カーテンを取り扱う宅配クリーニング店がクリコムです。

クリコムは、特殊シミ抜きに特化したハイレベルな技術を駆使してクリーニングを行うお店です。洗浄技術がとても高く、洋服についてしまったシミならば、あらゆる種類に対応しています。

他のお店で落とせなかったシミの最後の駆け込み寺として利用する方もたくさんいるそうです。

クリコムのカーテンクリーニングでは、キレイな溶剤を使うことを徹底しています。溶剤とは、ドライクリーニングにおける専用洗剤のようなものなのですが、一度使用するとカーテンについた汚れが移ってしまいます。

一度のクリーニングでかなり黒ずんでしまうのですが、一般的なクリーニング店では溶剤は使い回しがされています。汚れた溶剤で別のカーテンを洗うので、溶剤の汚れが生地に移ってしまうこともありえます。

しかし、クリコムでは常にキレイな溶剤をしようして洗っているので、安心です。黒カビの除去に特化したオプションサービスもあります。

料金は、カーテンのサイズによって変わります。

  • 長さ+幅が~180cm:800円
  • 長さ+幅が~330cm:2,400円
  • 長さ+幅が~370cm:3,200円
  • 長さ+幅が~410cm:4,000円

納期は7~10日ほどが目安となっています。

黒カビ除去のオプションは別途2,000円かかります。こちらは2~3週間ほどかかるので、時間に余裕のある時に利用することがおすすめです。黒カビ取りオプションはレースカーテンのみの提供です。

黒カビを取ることで喘息やアレルギーの原因をなくすことができるので、アレルギー体質の方がいらっしゃるご家庭にはおすすめです。

クリコム 公式サイトはこちら

自宅でできるカーテンのお手入れ方法

カーテンとベッド

カーテンを清潔に保つにはクリーニングを利用することが一番なのですが、自宅でのお手入れも重要です。

こまめに手入れをしておけば、部屋の中にアレルゲンがたまることもありませんし、クリーニングを利用する回数をへらすこともできます。

普段の掃除機がけのついでにカーテンのホコリも取る

最も簡単なカーテンのお手入れ方法は掃除機を使うことです。カーテンを上から下に、撫でるようにして掃除機をかけていきます。

掃除機についているブラシを使うことで、表面に付着したホコリをかきだして吸い取ることができます。

カーテンだけでなく、カーテンレールや窓ガラスの掃除をすることも重要です。レールや窓の汚れはカーテンに移りやすく、せっかく念入りにカーテンを掃除しても意味がなくなってしまいます。

また、口紅や食べ物などの汚れがついてしまった場合も、放置せずすぐに拭き取ることが重要です。

化粧品がついてしまった場合はクレンジングオイルなど化粧品を落とすもの、食べ物などがついてしまった場合は食器用洗剤が効果的です。

繊細な生地のカーテンの場合は、おしゃれ着用の中性洗剤が活用できます。汚れをそのままにしておくとどんどん落としづらくなってしまうので、早めの対処が必要です。

自宅でカーテンを洗濯する方法、中性洗剤で優しく洗う

どうしても今すぐカーテンを洗いたい場合や、既成品のカーテンだからクリーニングに出すほどでもないと考えている方は、自宅でもカーテンを洗うことができます。

費用も安くおさえられる上に、時間も長くかかりません。

自宅でカーテンを洗濯する場合は、洗濯機を使う方法と、手洗いをする方法があります。カーテンの洗濯表示を見て、手洗いのみとなっていたら手洗いをしてください。

どちらの方法でも、洗剤はおしゃれ着用の中性洗剤を利用します。

具体的な方法は、

カーテンをレールから外す
ホックも必ず外すようにしてください。洗濯機を壊したり怪我をしたりする原因になります。
洗濯機/手洗いをおしゃれ着用中性洗剤を使っておこなう。
洗濯機をつかう場合は優しく洗うコースを利用してください。
脱水してから自然乾燥させる
洗濯機で軽く脱水をしてから、もとの位置にかけなおして乾燥させます。

カーテンを洗濯する前には必ずホックを外すようにしてください。洗濯機の故障の原因になります。カーテンにホックが縫い付けられている場合はできるだけ小さくたたんで手洗いをするようにしてください。

その時は、手を傷つけないよう十分注意してください。

洗剤はおしゃれ着用の中性洗剤がおすすめです。汚れを落としたいからと、洗浄力の強い洗剤を使うと、縮んでしまう可能性があります。

乾燥は、元の位置にかけて自然乾燥をさせてください。乾燥機を使用すると、カーテンが縮みやすくなります。カーテンを元の位置に戻す前に、窓やカーテンレールを掃除しておくと汚れがつくのを抑えられます。

自宅での衣類のお手入れに関する生地はこちら

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。宅配クリーニングのホームページを見てはお得で便利なお店を探すのに夢中。すぐ食べ物を服にこぼすので、効果的な洗濯方法も研究中です。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事