毛玉取りサービスが無料の宅配クリーニングはどこ?自宅で簡単にできるケア方法も

B! pocket

セーターについた毛玉

冬服でよく悩まされるのが毛玉です。よく着るお気に入りのものほど毛玉がつきやすく、見た目も悪くなってしまいます。

宅配クリーニングには、毛玉取りサービスを無料で行っているお店があります。

今回は、その中でもリネットリナビスを取り上げます。

また、自宅でできる毛玉ケアについても解説します。

自宅でできる簡単な毛玉ケア

自宅でセーターを洗濯する女性

たくさんついてしまった毛玉のケアはプロの手に任せることが確実です。

しかし、今すぐ着用したい場合や、少しだけ毛玉がついている場合は自宅でのお手入れもおすすめです。

自宅でできる毛玉取りの方法や、毛玉ができる原因、予防する方法について解説します。

自宅で毛玉を取る時は専用ブラシかハサミを使う

自宅で毛玉に気づいた時にしてしまいがちなのが、手でむしり取ることです。この取り方だと生地を傷つけてしまったり、毛玉を増やしたりすることに繋がります。

毛玉が気になっても、手でむしることは避けてください。

自分で毛玉を取る時は、専用のブラシか眉用などの小さなハサミを使用します。

毛玉取りブラシは、ヘアブラシのような形をした道具で、生地を傷つけずに毛玉を取ることができます。

使用する際は、衣類を水平に置いて編み目に沿って優しくブラッシングします。力をかけすぎると、毛玉ではない繊維まで削ぎ落としてしまうので注意が必要です。

毛玉取りブラシは、約2,000円~4,000円程で販売しています。

購入の際は、豚の毛などの獣毛を使ったブラシの方が衣類に優しくケアができるのでおすすめです。

ブラシ以外にもハサミを使う方法もあります。

ハサミは一般的なものではなく、眉用などの小さな物を使用してください。大きなハサミを使った場合、誤って衣類に穴をあけてしまう可能性があります。

目立つ毛玉を一つ一つ根本から切り取っていきます。ハサミで切り取ることで、毛玉以外の繊維がけばだちをおさえることができます。

ハサミを使った方法は、少量の毛玉ができてしまった場合におすすめです。

毛玉ができる原因とは?静電気と摩擦が関係

そもそも毛玉ができる原因とは、静電気と摩擦が大きく関係しています。

衣類は様々なものと接触しています。机や背もたれなどに同じところが何度も擦れると生地が傷み、けばだってしまいます。

毛羽立った繊維同士が絡まって毛玉ができます。毛玉が袖や背中にできやすいのは、摩擦が多いからだと言われています。

またもう一つの原因が静電気です。

静電気は、摩擦によってけばだった繊維を丸めてしまいます。生地から飛び出していた繊維が小さく丸くなることで毛玉となります。

静電気は、ウールやカシミヤをはじめとする天然素材よりも、アクリルやポリエステルなどの化学繊維のほうが起きやすいです。

また、天然素材は柔らかい繊維なので毛玉ができても自然と取れる傾向にあります。

化学繊維を使った衣類は毛玉ができやすいので注意が必要です。綿とアクリルなどが混ざった生地も毛玉ができやすくなります。

スポンジを使った毛玉取りは生地を傷めるので注意

家庭で毛玉を取る裏技として、キッチン用スポンジの背面をつかってこする方法が話題になりました。

しかし、実はこの方法を使うとかえって毛玉を増やしてしまう可能性があります。

スポンジの背面で衣類をこすると、毛玉ではない部分の繊維がけばだってしまいます。確かに毛玉はなくなりますが、それは全体がけばだったために毛玉が目立たなくなっているだけです。

衣類には着実にダメージが蓄積され、寿命を短くしてしまう可能性があります。

毛玉のケアには専用用品や、ハサミを使うようにしてください。

毛玉ができるのを防ぐ方法

大事な服を長く着続けるために、毛玉は未然に防ぎたいものです。

毛玉ができてしまうのを防ぐには、摩擦と静電気の対策をすることが必要です。

摩擦の対策としては、

  • リュックサックからショルダーバッグに変える
  • 裏返してから洗濯する
  • 着た後にはブラッシングする

方法があります。かばん類は移動時に必ず衣類に触れて摩擦が起こってしまうので、触れる面積が多いリュックサックよりショルダーバッグの方がおすすめです。

衣類は洗濯する時にも他の衣類とぶつかって摩擦が起こります。洗濯する時には裏返したり、ネットを使ったりすることで摩擦を減らすことができます。

着た後にブラッシングしてメンテナンスすることも重要です。

静電気の対策としては、

  • 静電気防止スプレーを使う
  • セーターとダウンの組み合わせを避ける
  • 天然素材100%の肌着を着用する

があります。

静電気防止スプレーは吹きかけるだけで衣類の静電気を抑えてくれるスプレーです。大体500円~1,000円前後で購入できます。

お手軽なので、外出先でも簡単に衣類のケアができます。

次に、セーターに使われるウールはプラスの電気を帯びやすく、ダウンに使われるナイロンはマイナスの電気を帯びやすい性質があります。

これらが接するとバチっと感じる静電気が起こりやすくなり、衣類の繊維にも影響を与えます。

天然素材100%の肌着は、静電気が起こりにくい性質があります。例えば綿100%の肌着を下に来ておけば、嫌な静電気をおさえ衣類を毛玉から守ることができます。

普段のケアを徹底することで毛玉対策をすることができます。家庭のケアでは難しいほど毛玉ができた場合はプロに任せることをお勧めします。

リネットとリナビスの毛玉取りサービス

畳んで積まれたセーター

リネットとリナビスは、どちらもインターネットで依頼ができる宅配クリーニング会社です。

配送会社が衣類の引取・配達をおこなってくれます。衣類をクリーニング店まで持っていく必要がないので、忙しくて時間がない方に人気のサービスです。

リネットとリナビスでは、無料の毛玉取りサービスが提供されています。

リネットの毛玉取りは初回利用50%オフ

リネットのロゴ

リネットは、宅配クリーニング業界最大手の会社で、会員数は30万人を超えています。スマホアプリから簡単にクリーニング依頼ができ、便利なのがメリットです。

リネットには、プレミアム会員という有料会員制度があります。プレミアム会員になると、6つの無料サービスがついてきます。その中に、無料毛玉取りサービスが含まれています。

衣類が工場についた時点で、職人が1点1点ていねいに検品します。検品で毛玉が見つかった衣類は毛玉取りの工程へと回されます。

専用の機械を使って毛玉をとるので、生地が傷んでしまうことはありません。新品のようになって手元に戻ってきます。

プレミアム会員限定のサービスには、毛玉取りサービスの他にも以下のものがあります。

  • しみ抜き無料
  • 3,000円以上の利用で往復送料無料
  • 再仕上げ無料
  • 早朝、夜間の時間指定が可能(都内限定)
  • 最短翌日に返却可能(都内限定)

引き取りや配達の時間の幅が他社より広く、自分の都合の良いようにカスタマイズできるのがリネットの人気の理由です。

プレミアム会員になるには、月額390円+税か、年会費4,680円+税が必要となります。ただし、リネットを初めて利用する方は2ヶ月の間無料でプレミアム会員を体験することができます。

2ヶ月の無料期間後も自動で継続されてしまうことはありません。リネットのサービスをとりあえず試してみたい方におすすめです。

他にも、初めて利用する方限定のサービスとして、

  • 全品50%オフ
  • 送料無料
  • 2回めの料金30%オフ

があります。通常の半額で、プレミアム会員のサービスを受けることができます。

初めて宅配クリーニングを利用する方におすすめです。

毛玉取りサービスは、プレミアム会員サービスのみの提供となっています。会員以外の方の有料オプションとしての毛玉取りは用意されていないので注意してください。

リネットのサービスを解説した記事はこちら

リナビスなら毛玉を取ったあと、6ヶ月保管も無料

リナビスのロゴ

リナビスは兵庫県にある老舗クリーニング点が始めた宅配サービスです。40年以上の職歴を持つ、ベテランの職人さんが高品質なサービスをしてくれることで人気となっています。

リナビスでも毛玉取りの無料サービスを行っており、専用の毛玉取り機を使ってていねいに処理をしてくれます。

毛玉のとり方は、その生地や編み方によって異なります。

例えばざっくり編まれたニットは、生地が傷みにくいのでしっかり毛玉取り機をかけることができます。

一方、編み目が細かくデリケートな繊維が使われたニットは生地が傷みやすくなっています。その場合は、毛玉取り機にかける力を調節してていねいに処理を行います。

セーターだけでなく、ジャンパーなどの袖口のリブ素材も毛玉取りの対象になります。

リナビスでは毛玉取りの他にも、

  • 最長6ヶ月の保管
  • しみ抜き
  • ボタン修理
  • 送料

が無料サービスとして提供されています。

特に人気なのが、無料保管サービスです。クリーニングした衣類を指定した日にちまで預かってくれるのです。

自宅で冬物を管理するとかさばって邪魔になったり、カビや虫食いのリスクがあったりします。

リナビスでは衣類のプロが適切な環境で保存してくれるので、保管中に傷むことはありません。冬物がクローゼットを埋め尽くしてしまうこともないので、収納スペースに余裕ができます。

毛玉取りサービスと合わせることで、毛玉のついた冬物衣類を新品同様にメンテナンスして次のシーズンまで保管してもらうことが可能となります。

衣替えの手間からも開放されるので、おすすめのサービスです。

毛玉に関する記事はこちら

0件のコメント

コメントを投稿する

人気の記事