宅配クリーニングのネクシー、ビジネスコースとメンバーズコースの料金を比較

B! pocket

ネクシーのロゴ

宅配クリーニングを初めて利用する方にとって不安なのが、大事な服を本当にキレイにしてくれるかどうか、だと思います。

「洗う」ことに徹底的にこだわったネクシーでは、長崎で80年続く老舗クリーニング店が運営し、1点ずつていねいに仕上げてくれます。

ネクシーのサービス内容について詳しくご紹介します。

ネクシー公式サイトはこちら

プロの技でとことんキレイに ネクシーのサービス内容

ネクシーの特徴として、洗いを追求したサービスがあります。

他社の宅配クリーニングで「デラックス」や「プレミアム」と称されるような手法の洗い方を、通常のクリーニングから全ての衣類に実施しています。

京シミ抜きの技術が無料で利用できる

畳まれたシャツ

ネクシーでは「全て手仕上げのクオリティ仕上げ」と称し、1点1点全ての衣類を職人がていねいに洗い上げることをモットーとしています。

そのこだわりとして、

  • 無料のシミ抜きには京シミ抜きの技術を使用
  • 全品職人による手仕上げ
  • 透き通ったキレイな溶剤しか使わない

といった点があげられます。

店舗型、宅配型問わず、クリーニングの口コミの中には戻ってきた衣類が石油くさいと不満に思う声が少なからずあります。

クリーニングの際に使う溶剤が、機械の中で汚れと混ざって酸化してしまうことが匂いの原因の一つです。

臭い残りを防ぐため、ネクシーでは酸化して濁った溶剤は使用せず、常に透明な溶剤を使うことでキレイに洗い上げています。

また、徹底的なシミ抜きを行ってくれる点も、ネクシーのこだわりの一つです。

着物のシミ抜きを施すために高度な技術が発展した京都のシミ抜き技術を取り入れ、どんなシミでもできる限りの除去を行います。

他の宅配クリーニング店でも無料のシミ抜きサービスはありますが、あくまで無料サービスの一部であり、シミ抜きができる範囲には限りがあります。

ネクシーでは、無料サービスだからここまでしかできないという妥協はありません。

徹底的にシミと向き合い、ネクシーの技術でできる全ての手法を使って最善を尽くすと宣言しています。

実際、ネクシーの職人が運営するブログ「Sentaku LABO」では、他のクリーニング店で漂白した結果白く色ぬけしてしまったニットの補色を行う工程が紹介されています。

衣類の「キレイ」に対するこだわりぬいた姿勢が、ネクシーの人気の理由となっています。

ネクシーの料金設定:ワイシャツ1枚350円

ネクシーでは、服の種類それぞれに料金を設定しています。

具体的には

  • ワイシャツ:350円
  • ブラウス:660円
  • ジャケット:960円
  • ズボン(背広・礼服):660円
  • セーター:660円

※料金は税別価格です。

といった価格になっています。

衣類それぞれに料金が設定されているので、点数を気にすることなく少量から出すことができます。

しかし、他の宅配クリーニング業者と比べると少し割高な印象を受けます。

同じく、衣類それぞれに価格を設定している業界最大手のリネットと比較すると

種類 リネット ネクシー
ワイシャツ 290円 350円
ブラウス 550円 660円
ジャケット 950円 960円
ズボン(スーツ) 660円 660円
セーター 590円 660円

※料金は全て税抜き価格です。

となり、やはり割高です。さらにリネットは初回利用者は30%OFFで利用できるので、さらにお得感があります。

価格だけ見ると、ネクシーの料金は少々割高に見えます。

多少割高だとしてもしっかりと洗ってほしい方におすすめのサービスです。

ビジネス会員とメンバーズ会員の違い

ネクシーをさらにお得に利用したい方には、コース会員制度の活用がおすすめです。

ネクシーには2つのコース会員制度があります。

  • ビジネス会員
  • メンバーズ会員

この2つのコースのメリットは以下の通りです。

  1. いつでも料金が割引される
  2. 3,000円以上の利用で送料が無料になる
  3. サプライズクーポンが配布される

ビジネスコースは、ビジネスに関する衣類のみ割引価格になるコースで、ワイシャツやスーツを頻繁にクリーニングに出したい方におすすめです。

メンバーズコースは、すべての衣類が割引価格になるコースなので、種類問わずたくさんクリーニングに出したい方におすすめです。

通常会員と、コース会員の料金を比較すると

種類 通常会員 ビジネスコース メンバーズコース
ワイシャツ 300円 250円 250円
ジャケット 960円 810円 810円
セーター 660円 660円 560円
コート 2,000円 2,000円 1,700円

※料金は税抜価格です

となります。

ちなみに、会員となるには

  • ビジネスコース:月額150円+税
  • メンバーズコース:月額300円+税

の会員費が必要です。たくさんクリーニングに出すほど、割引金額も大きくるので、多くクリーニングを利用する方はお得です。

例えば、ワイシャツ5枚、スーツ上下2着を毎月クリーニングしているという方の場合、

  • 通常会員:4,750円+税
  • ビジネスコース会員:4,140円+税

(コース会員の金額には月額会費を加算しています。)

1ヶ月で610円、年間だと7,320円お得になります。

少し割高だが、コース会員制度を活用することで十分お得に利用できる

ネクシーでトラブルを避けるために

アンゴラのセーター

ネクシーでは、一部素材や装飾品によって追加料金が発生するので注意が必要です。

例えば

  • カシミア
  • シルク
  • アンゴラ
  • ベロア

などの上質素材には、各250円+税の追加料金が加算されます。

また、

  • フリル
  • レース
  • プリーツ
  • ビジュー
  • 一部の合皮

の加工にも各250円+税が加算されます。

ダウンライナー全身合皮には各1,000円+税が加算されます。

自身が想定していた価格よりも実際の請求金額が高くなってしまったという失敗を避けるためにも、クリーニングに出す前に衣類の素材を確認しておくことが大切です。

プロが教える洗濯の裏技は必見 クリーニング職人のブログ

ネクシーの職人さん達が、クリーニングや洗濯のことについての豆知識を書き記したブログを開設していて、ネクシー公式サイトからすぐに閲覧することができます。

Sentaku LABOはこちら

宅配クリーニングの中でも、このようにブログなどで作業の工程をくまなく見せてくれる企業はなかなかありません。

普段どういう風にクリーニングを行っているのか、どういった方針で洗浄にあたっているのかといった点について細かく書きつづってあるので、

店舗型のように実際に対面しなくても、どういった職人さんがクリーニングを担当するかを知ることができます。

宅配クリーニングの裏側が見えなくて不安な方には、雰囲気をつかむきっかけとなると思います。

クリーニングの様子だけでなく、「ミートソースでついたシミの抜き方」や「自宅で洗えるニットかどうかの見分け方」など普段洗濯する上で気になる裏技も多く提供されているので、

大事な服を汚してしまった時の応急処置をする場合にとても助かる情報ツールです。

こちらで洗濯の方法を調べて自分でできそうなところまで挑戦して、どうしても難しいと判断をした場合はネクシーに宅配クリーニングに出すという使い方もできます。

ネクシー 公式サイトはこちら

おすすめの宅配クリーニングはこちら

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。宅配クリーニングのホームページを見てはお得で便利なお店を探すのに夢中。すぐ食べ物を服にこぼすので、効果的な洗濯方法も研究中です。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

人気の記事