カーペットの長期保管ができる宅配クリーニングおすすめ2社を徹底比較

B! pocket

絨毯とスリッパ

季節が変わると、衣類の衣替えと同時にカーペットや絨毯もチェンジする家庭も多いと思います。カーペット収納は、クリーニングをしてきちんと汚れを落とさないと、後からシミになったり虫食い被害にあったりします。

大きなカーペットや絨毯は、クリーニング店まで持っていくだけでも重労働です。今回は、梱包して発送するだけでクリーニングが完了する、宅配クリーニングでカーペットを洗う方法を紹介します。

たくさんある宅配クリーニングの中でも、カーペットを洗え、かつ長期間保管可能なサービスを提供する、2社を取り上げたいと思います。

幅広い品物の取扱いが魅力の「マイクローク」と、敷物類を専門に取り扱う「デア」の2社について、詳しく説明していきます。

幅広い品物がクリーニングできるマイクローク

マイクロークの紹介

マイクロークは、絨毯・カーペットの他にも、衣類や和服、寝具などのさまざまな品物をクリーニング、保管する宅配クリーニング会社です。

特に長期保管には力を入れ、徹底管理された専用のクロークは、自宅で管理するよりも、カーペットに優しく、防虫・除湿対策がしっかりできます。

クリーニング費用以外の料金(送料・会員登録費など)がいっさいかからないため、料金が明確なのもメリットのひとつです。

マイクロークのカーペットクリーニング

マイクロークでは、品物が工場についたら、まず専用のカルテを作成します。カルテには、品物の状態や汚れの位置、保管開始日などが詳しく記載され、マイページからいつでも確認できます。

クリーニング工程では、品物に合わせた洗い方で1点ずつていねいに洗います。カーペットにシミがあれば、無料でシミ抜きも行います。

洗い終わった品物は、しっかりと乾燥させ、専用クロークで保管します。

マイクロークの、カーペット・絨毯の料金は以下のとおりになります。

  • 絨毯(1帖):2,000円~
  • カーペット(1帖):2,000円~
  • マット(60✕40):1,200円~
  • シルク絨毯(1帖):3,000円~
  • ムートン敷物(1帖):9,500円~

(税抜き価格)

マイクロークでは、カーペットクリーニングに、オプション加工の追加もできます。

  • 消臭加工
  • 防虫・防ダニ加工

上記2つのオプションがあり、消臭加工は600円+税~、防虫・防ダニ加工は800円+税~で追加できます。

おすすめは、防虫・防ダニ加工です。カーぺットや絨毯は、季節によっては、敷かずに保管する期間が長いアイテムです。

長期間の保管には、虫食いがつきものです。また、敷いている間も、汚れや食べこぼしをエサにダニが増える可能性もあります。

防虫・防ダニ加工をしておけば、これらの虫の被害を少しでも減らせます。

注意点

表記した料金は、すべて最低価格です。実際のカーペット・絨毯のサイズや素材によって、料金は変動します。

工場到着後の検品が終わり次第、確定した見積もり額のメールがきます。

マイクロークの長期保管、最長10ヶ月

衣替え途中の衣類

マイクロークの長期期間の特徴に、徹底管理している専用クロークがあります。

専用クロークでは、365日24時間いつでも、温度と湿度を徹底的に管理しています。カーペットや衣類に付着する雑菌は、高温多湿な環境を好みます。

湿気の多い日本では、すぐカビが生えてしまったり雑菌が増えてしまったりします。徹底管理のクロークでは、雑菌やカビの繁殖をおさえます。

遮光性も抜群で、日光による色落ちや日焼けもありません。安心してカーペットを預けるられます。

クローク内では常にプラズマクラスターイオンの発生機が作動しています。空気中に浮いているウイルスやカビ菌も、しっかり除去します。

マイクロークでは、品物を最長10ヶ月預けられます。クリーニング終了後に保管工程へ移ったら、マイページからいつでも返却手続きができます。

10ヶ月以内なら、希望したらいつでも返ってくるのでとても便利です。

マイクロークの利用方法

ダンボール箱を梱包する女性

マイクロークを利用する手順は、以下になります。

  1. ホームページから会員登録する(無料)
  2. マイページから、絨毯・カーペット専用集荷キットを申し込む
  3. 集荷キットの案内にしたがって、品物を梱包する
  4. ヤマト運輸営業所に集荷依頼をする
  5. 工場にて検品後、料金確定メールが送られる
  6. 支払いを済ませる
  7. 希望日時に品物が返却される

となります。

無料の会員登録をしたら、マイページから専用の集荷キットを申し込みます。集荷キットには、絨毯・カーペット用の袋、利用案内、受付票、送り状などが入っています。

オプション加工の追加は、キット内の指示シールを、タグや洗濯表示に貼り付けます。はがれてしまうと、追加ができない場合があります。しっかりと貼り付けるようにしてください。

キットの受付票に、必要事項を記入します。記入したら、カーペットの梱包後、一緒に袋に入れます。荷物をすべて入れたら袋の口をたたみ、テープでしっかりと固定します。

送り状を貼ったら、ヤマト運輸の営業所に集荷を依頼します。希望日時を伝え、後は集荷を待つだけです。

マイクローク公式サイトはこちら

絨毯・カーペットを専門クリーニング、デア

宅配クリーニングデア

デアは、絨毯・カーペットが専門の宅配クリーニング店です。

カーペット専門店なので、スタッフの知識が豊富で、常に最適な方法でクリーニングします。

天然石鹸で洗浄するので、肌の弱い小さな子どもがいる家庭でも安心です。

デアのカーペットクリーニングの料金

お金と電卓

デアのカーペット・絨毯のクリーニング料金は、織り方や素材などによって変わります。

具体的な例では、

  • 平織り:1,500円/㎡
  • タフテッド(フェルト生地など):1,500円/㎡
  • レーヨン:1,800円/㎡
  • ホットカーペット(パイルなし):1,800円/㎡
  • ラグ(毛足1~2cm):1,800円/㎡
  • ムートンラグ:7,700円/㎡
  • 手織り高級絨毯(ウール):4,400円/㎡
  • 手織り高級絨毯(シルク):10,000円/㎡

となっています(税抜価格)。

布の見分け方は、

  • 平織り:編み込んだだけのもので裏張りがないもの
  • タフテッド:フェルト、麻製で、薄く短い毛足のもの
  • レーヨン:レーヨンが混紡されているもの。薄く、光沢がある
  • ホットカーペット(パイルなし):表面の毛足が長くないもの
  • ムートンラグ:羊の皮を加工して作られたもの

となります。

防ダニ加工のオプション追加もできます。防ダニ加工は、500円/㎡です。

布の種類が不明でも、見積もり依頼ができます。工場にカーペットを発送すると、専門スタッフが検品して見積もります。

その場合は、注文・集荷手続きの際に、「見積もり希望」と伝えるようにしてください。

急いで注文するときは、品物到着後すぐに洗い工程に入ります。見積もり金額の了承待ちはありません。

金額がわからなくて、見積もりがほしいときは、余裕をもって早めにだすのがおすすめです。

デアのカーペットクリーニングのこだわり

石鹸とタオル

デアのカーペットクリーニングでは、環境と肌に優しい、天然石けんを使っています。洗浄力が強すぎない洗剤なので、小さな子どもがふれても安心です。

洗いの工程前に、やわらかい電動ブラシでていねいにブラッシングします。そうすると、ほとんどのカーペットから、石けんをまだつけていないのに泡が出てくるそうです。

これは、他のクリーニング店で洗ったときの洗剤が、落とし切れずに残ってしまったものです。デアでは、残った洗剤を完全に流してから、石けんで洗浄します。

デアのクリーニングでは、全員が絨毯の本場で経験を積んだ専門スタッフが1点ずつ手洗いします。絨毯の生産が盛んなイランの技術や道具を使い、ハイクオリティな洗浄をしています。

洗い終わったカーペットは、熱風乾燥室で3時間ほどかけて乾かします。熱に弱い素材と判断したものは、日光に当てたり、陰干しをしたりします。

いずれも、その品物に最も適した乾燥方法を選びます。

職人の手作業なので、洗濯機や乾燥機を使ったクリーニングよりも日数がかかることもあります。しかし、その分ひとつずつ時間と手間をかけてきれいにしてくれます。

デアのカーペット保管は最長6ヶ月

デアの保管サービスは、最長6ヶ月間カーペットを保管してもらえます。

絨毯の素材や性質を知り尽くしたプロが、専用の倉庫で、最適な方法で保管します。注文時に、保管サービスの利用希望を伝えてください。

返却時期は、事前予約制です。多くの家庭が夏物から、冬物へと変える9月下旬から10月にかけては、返却依頼が殺到します。

繁忙期には、予約時期よりも早い返却はできないので、注意してください。

デアの利用方法、電話・FAXでも注文できる

電話をする女性

デアは、ホームページだけでなく、電話やFAXからの注文も可能です。インターネットが苦手な方でも利用できます。

クリーニングの流れは、以下のとおりです。

メール・電話・FAXから注文する
初めて利用する場合は、集荷キットを注文してください。
自宅に集荷キットが到着、梱包
集荷キットの案内どおりに、カーペットを梱包します。
佐川急便が集荷引取にくる
注文時に指定した日時に、印字済み伝票を持って引取に来てくれます。
検品終了後、料金のお知らせ・支払い
料金が確定後、お知らせがあります。確定料金を支払います。
クリーニング後、希望日時に自宅に品物が発送されます。
支払い方法を代引きで指定した方は、到着時に支払います。保管を利用する場合は前払いになります。

メール・電話・FAXから選んで注文します。集荷キットには、案内や梱包材が入っています。初めてデアを利用する際は、集荷キットの注文がおすすめです。

集荷キットは、クロネコメール便で届きます。注文からだいたい3~4日で到着しますが、道路状況などによっては前後することもあります。

集荷キットの案内に従い梱包したら、荷物を発送します。クリーニング注文時に、希望の集荷日時を指定できます。指定した時間帯に、佐川急便の配達員が伝票を持ってきます。

必要事項を記入した伝票なので、何も記入しません。そのまま荷物を渡して発送です。

工場でていねいな検品後に、確定した料金の連絡があり、支払います。

支払い方法は、

  • 銀行振り込み
  • 郵便振替
  • クレジットカード
  • 代金引換

から選べます。銀行振り込み・郵便振替・クレジットカードの場合は、クリーニングをしている間に支払います。入金が確認後、仕上がり品の発送になります。

代金引換は、品物が返ってきたときに支払います。

注意点

保管サービスの利用は、前払いなので代金引換は利用できません。

銀行振込・郵便振替・クレジットカードのいずれかを選んでください。

クリーニングのデア絨毯工房公式サイトはこちら

カーペットを保管クリーニングするメリット

カーペットを掃除する人

カーペットのクリーニングは、衣類に比べるとあと回しにしてしまう方が多いかもしれません。

しかし、常に部屋にある身近なカーペットだからこそ、季節の変わり目にはクリーニングし、清潔に保つ方がよいです。

カーペットをクリーニングするメリットや、クリーニングの中でも保管サービスを利用するメリットについてお伝えします。

カーペットは見た目以上に汚れている

シミのついたカーペット

普段こまめに掃除機をかけていれば、カーペットは一見キレイに見えます。ですが、実は細かいチリやゴミがたくさんついています。

気づかない内に食べ物などをこぼしてしまい、シーズンオフにそのまま保管していたら、次の年にシミだらけになっていたという場面もあります。

透明な水や飲み物でも、汚れが付着してしまい、あとから黄ばみとして浮き上がることがあります。

カーペットについたシミは、できるだけ早く落とすのが鉄則です。放置されたシミは、汚れが繊維を染め、プロでも落とすのが難しいガンコ汚れになります。

定期的にクリーニングすると、汚れが繊維を染める前に落とせます。

特に収納する前には、しっかりと汚れを落とすのが重要です。冬物や夏物をしまう前に汚れを落とさないと、虫食いにつながります。

カーペットについた汚れを放置して収納すると、汚れをエサにする虫がよってきます。汚れの大半は、食べこぼしや飲みこぼし、汗や皮脂などです。

これらには、豊富なタンパク質や糖分が含まれています。虫の幼虫にとっては、豊富な栄養源です。特に、ウールやムートンなど天然の毛のものは要注意です。

天然素材には、良質なタンパク質が含まれ、真っ先に狙われます。虫の被害から大切なカーペットを守るためにも、防虫対策は必須です。

クリーニングをして汚れを落とせば、虫のターゲットにはなりません。さらに保管サービスを利用すれば、防虫対策もバッチリです。

カーペットの汚れがアレルギーの原因になる可能性も

カーペットの上で寝る赤ちゃん

カーペットの汚れを放置すると、アレルギーの原因になる場合もあります。食べ残しや飲みこぼし、汗などが残ったままだと、汚れをエサに菌やダニが増えていきます。

ダニや菌は、掃除機をかけても生地に残りやすいです。定期的に天日干しをしても、すべてのダニは殺せません。

ダニは、50度以上の環境に20~30分いると死にます。干したカーペットの温度が50度を超えるのは、なかなか難しいです。

仮に、ダニが死んでも、その死がいはカーペットについたままです。舞い上がった死がいを吸い込み、アレルギー症状が出る場合があります。

小児喘息の原因の半分以上はダニといわれています。特に、小さな子どもやアレルギー体質の方がいる家庭では、こまめなクリーニングが必要です。

保管サービスを利用するメリット

カーペットの保管サービスのメリットに、

  • 収納スペースに余裕ができる
  • いちいち出し入れする手間がなくなる
  • 適切な環境で保管してもらえる

などがあります。

カーペットを専用庫で預かってもらうと、自宅の収納スペースに空間が生まれます。特に冬物は毛足が長く、分厚く、折りたたむのも難しいものが多いです。

丸めていても、置き場所が見つからない方も多いと思います。保管サービスを利用すると、押し入れやクローゼットがすっきりします。

カーペットの入れ替えをする日に、返却を依頼すれば、いちいち出し入れする手間も不要です。クリーニングから返却のカーペットをそのまま敷いて、今まで敷いていたものと交代するかたちでクリーニングに出せば、とてもお手軽です。

適切な環境で保管しているのも大きなメリットです。防虫・湿気対策がしっかりできている場所での保管なので、虫食いやカビの心配はいりません。

自宅で保管していると、定期的に防虫剤や除湿剤の交換の必要がありますが、その手間も不要です。

保管サービスを利用すると、カーペットのお手入れ作業を大幅にカットできます。

2社の特徴、保管と洗浄どちらを重要視するかがポイント

2つの選択肢で悩む女性

今回、2社のサービスを比べ、個人的に感じたのは、

保管を重要視するなら、マイクロークがおすすめで、洗浄を重要視するならデアがおすすめ

ということです。

マイクロークは、その名のとおりプライベートクロークのような、保管ありきのサービスです。もちろんクリーニングもていねいで、技術のある職人が担当していますが、いちばんのメリットは保管サービスの利便性だと感じました。

特に、10ヶ月の期限内なら、返却手続きがいつでもできるのは、他のお店にはないサービスだと思います。保管サービスがある宅配クリーニング店の多くは、一度設定した返却日を変えられません。

できても、すぐに返送手続きはできません。少なくとも1週間前後かかります。変更手続きも複雑で、コールセンターにわざわざ連絡が必要なお店も多いです。

マイクロークは、マイページから数クリックで返却手続きができるので、とても簡単です。とにかく手軽に保管サービスを利用したい方におすすめできます。

デアは、カーペット・絨毯の専門クリーニングなので、洗浄技術に対するこだわりがとても強いです。洗剤も、洗浄力の強いもので洗うのではなく、肌にも環境にも優しい石けんで洗います。

絨毯の本場から、熟練の職人さんが一つひとつ手作業で仕上げるので、大事なカーペットでも安心しておまかせできます。

取り扱うカーペットの種類が、とても幅広いのもメリットです。

利用者の多くは、大切な高級絨毯などのクリーニングに利用しています。大事なもので、お願いするなら専門店に預けたいという方は、デアの利用がおすすめです。

保管サービスに関する記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。宅配クリーニングのホームページを見てはお得で便利なお店を探すのに夢中。すぐ食べ物を服にこぼすので、効果的な洗濯方法も研究中です。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事