リネットとカジタク、スーツの汗のにおいを取るのに適した宅配クリーニングは?

B! pocket

スーツを着た男性

スーツは自宅で洗濯ができないので、清潔さを保つことが難しい衣類です。その上毎日のように着るので、汗や汚れがたくさん付着します。

暑い季節に、特に気になるのが汗のにおいです。頻繁に洗えないスーツの場合、付着した汗や皮脂をエサに雑菌が増えて汗くさくなってしまいます。

普段は消臭スプレーでにおい対策をしている方も多いのですが、スプレーはにおいの原因である汚れそのものを落としてくれるわけではありません。

今回は、宅配クリーニングの中でも特に人気の高い「リネット」「カジタク」を比較します。より、スーツについた汗やにおいを取るのに適した宅配クリーニングはどちらかを検証していきます。

リネットのサービス

リネット ロゴ

リネットは、宅配クリーニング業界最大手のお店です。会員数は30万人を超えていて、毎日多くの方が利用しているサービスです。

リネットには、プレミアム会員と呼ばれる有料サービスがあります。月額390円+税を支払うことで、無料シミ抜きサービスや最速お届けなどが利用できます。

送料が無料になるサービスもあり、上手に使うことで支払う会員費以上にお得になります。

初めてリネットを利用する方の85%がプレミアム会員に登録しています。実際、私がリネットを利用したときもプレミアム会員に登録しました。

リネットはスーツ上下が1,610円+税

スーツを着た男性

リネットのスーツクリーニングの料金は、以下の通りとなっています。

  • スーツ上(ジャケット):950円
  • スーツ下(パンツ):660円
  • ワイシャツ(つるし):290円
  • ワイシャツ(たたみ):390円
  • ブラウス:550円

(税抜き価格)

単純にスーツの上下をクリーニング利用した場合の料金は、1,610円+税です。一般的なクリーニング店と比べると少し割高です。が、宅配クリーニングの中ではかなりの割安だと思います。

プレミアム会員のメリット

畳まれたシャツ

リネットを初めて利用する方の85%が登録するプレミアム会員には、主に

  • シミ抜き・毛玉取りが無料
  • 3,000円以上利用で送料無料
  • 翌日お届け利用可能(首都圏のみ)
  • 無料再仕上げ

などのメリットがあります。特に人気なのが、無料のシミ抜き、毛玉取りです。

多くのクリーニング店では、シミ抜きや毛玉取りサービスは有料になります。大きなシミがついてしまった衣類の場合、クリーニング代金とは別にシミ抜き代金を請求されることがあります。

スーツの場合、パンツに雨シミができたり、ジャケットに食べこぼしのシミをつけたりしてしまうことがあります。リネットのプレミアム会員に登録していれば、無料でシミ抜きを行ってくれるので安心です。

私も、以前ファンデーションをべっとりつけてしまったブラウスのクリーニングを、リネットに依頼しました。

ウォータープルーフのファンデーションをつけてしまったので、きちんと取れるか不安だったのですが、どこについていたのかわからない程きれいに落ちていました。

以下は実際にリネットのプレミアム会員を体験したことをまとめた記事です。

この他にも、プレミアム会員にはにおいの気になるスーツに嬉しいサービスがあります。

それが、ワイシャツの抗菌防臭加工です。プレミアム会員に登録している場合、ワイシャツクリーニング全品に、抗菌防臭加工が無料でついてきます。

においの原因である菌がシャツにつきにくくし、さらに汗をかいてもにおいにくくなる加工です。汗のにおいだけでなく、タバコや焼き肉など煙の匂い、加齢臭にも効果があります。

この加工は、一般会員の方が利用すると1着400円+税かかります。本来有料であるオプション加工が無料でついてくるのでお得です。

抗菌防臭加工は、専用成分をワイシャツを仕上げる時に使うノリに混ぜることで行います。

注文時に「ノリづけ不要」を指定してしまうと抗菌防臭加工をしてもらえないので注意してください。

そのほかにも、スーツに嬉しいオプション加工が無料で行ってもらえます。それが、リファイン加工です。リファイン加工とは、衣類の表面にトリートメント効果を与える加工です。

生地全体に、光沢や柔らかさを与えます。長い間着続けてへたってしまったスーツでもふんわりとした風合いを取り戻せます。静電気が起こりにくくなったり、ファスナーの滑りが改善される効果もあります。

リファイン加工は、一般会員であれば1着につき300円+税の加工代金が必要です。プレミアム会員の場合は、ドライクリーニング全品に無料でついてきます。

プレミアム会員に登録するには、会費を支払う必要があります。支払い方法は2つあり、

  • 月額:390円+税
  • 年会費:4,680円+税

からお好きな方を選べます。

とりあえずプレミアム会員を試してみたい方には、月会費プランがおすすめです。特に、リネットを初めて利用する方の場合は、最初の2ヶ月は無料でプレミアム会員に登録できます。

最初の2ヶ月利用してみて、実際のサービスがどうなのか体験できます。

お得にリネットを利用したい方には、年会費プランがおすすめです。年会費プランに登録すると、400円✕6回分のクーポンが毎年配布されるからです。

年会費を4,680円+税支払うことで、2,400円分のクーポンがもらえるので実質半額でプレミアム会員のサービスを利用できるのです。

リネット 公式サイトはこちら

ウェット加工で汗の原因を元から断つ

汗をふくスーツ姿の男性

汗のにおいの原因は、衣類に付着した菌だと言われています。実は、かいたばかりの汗は無臭です。汗に含まれる皮脂を雑菌が食べて増えることで、においがするようになるのです。

汗のにおいを防ぐためには、衣類に付着した汗や皮脂を洗い流すことが重要です。汗や皮脂は、ドライクリーニングではきれいに落とせません。

ドライクリーニングでは、溶剤と言われる専用洗濯液を使って衣類を洗います。溶剤は、石油ににた油性の液体です。汗や皮脂は油性の液体にはなかなか溶け出さないので、溶剤で洗ってもきれいに落ちないのです。

汗・皮脂を効果的に落とすためには水で洗うのが最も効果的です。

ただし、スーツはデリケートな素材でできているので水洗いが不可能なものがほとんどです。そこで、おすすめなのがウェット加工です。

ウェット加工とは、一般的に汗抜き加工と言う名前でも呼ばれます。本来水洗いできない衣類を、専用の洗剤や職人さんの技術によって水洗いする加工方法です。

リネットのウェット加工は、ドライクリーニングと水洗いで二度洗いをします。ドライクリーニングと水洗い両方のメリットを一度に受けられます。

汗のにおいを元から落とせるだけでなく、タバコのにおいにも効果があります。定期的にウェット加工を利用することで、衣類の黄ばみ予防にもつながります。

リネットのウェット加工は、1着あたり1,000円+税の加工代金が必要です。

上下セットの衣類にウェット加工を行う場合は、両方に加工依頼することがおすすめです。ウェット加工を行うと、生地の風合いが微妙に変わることがあります。

片方だけ加工してしまうと、上下着用した時に違和感が出るかもしれません。

汗抜き加工の仕組みや、効果に関する詳しい解説は以下の記事にまとめています。

カジタクのクリーニングサービス

カジタクのロゴ

カジタクは、イオングループが運営している宅配クリーニングサービスです。

カジタクとは「家事の宅配」の略で、宅配クリーニングの他にもハウスクリーニングやエアコンクリーニング、家事代行などのサービスを提供しています。その中でも、宅配クリーニングは多くの方が利用する人気サービスです。

見知ったイオンが運営しているなら安心と、多くの宅配クリーニング初心者が選ぶお店でもあります。

近所のイオンの店舗で、ギフトとしてカジタクサービスを購入することも可能です。普段お世話になっている方への贈り物としてカジタクサービスを使う方もいます。

カジタククリーニングの料金

お金と電卓

カジタクは、一般的なクリーニング店やリネットとは料金体系が違います。一般的には、クリーニング店では「ワイシャツ」「ジャケット」など服の種類によって違う値段が設定されています。

カジタクでは、パック制の料金体系を採用しています。パック制とは、「〇〇点〇〇円」と上限点数と料金だけが決まっていて、衣類の種類によって料金が変わらない制度です。

パック制は、コートやワンピースなど単価の高いクリーニングを利用するとお得です。冬服の衣替えの時期に利用する方が多いです。

カジタクのパックには6つの種類があります。それぞれの料金は、

  • 5点パック(保管なし):4,980円
  • 8点パック(保管なし):7,200円
  • 保管付6点パック:9,000円
  • 保管付き10点パック:12,000円
  • 保管付き15点パック:15,000円
  • 保管付きプレミアム6点パック:15,000円

(税抜価格)

となっています。

1点あたりの料金で考えると、リネットの料金よりも少し割高な印象を受けます。プレミアムパックは、カジタクがクリーニング大手白洋舎と共同開発したコースです。

高級ブランド衣類や、ダウン・カシミヤなどのデリケート素材でできた衣類を預けるのに適しています。

ただし、カジタクのクリーニングには、

  • 簡易シミ抜き
  • 送料無料
  • 静電気防止
  • 花粉ガード
  • 変色・カビ防止

が無料でついてきます。仕上がりに満足できなかった場合は、無料で再仕上げをしてもらえるのも安心です。

カジタクのクリーニングには、この他にも布団クリーニングなどが充実しています。それらの詳しい内容については以下の記事を参考にしてください。

スーツにおすすめなのは5点パック

スーツのパンツ

スーツにおすすめのパックは、保管なし5点パックです。カジタクでは、ワイシャツやネクタイは3つで1点とカウントします。

5点パックであれば、

  • ジャケット2点
  • パンツ2点
  • ワイシャツ3枚

を預けられます。手頃な価格でクリーニングを利用できるので、おすすめです。

冬の時期であれば、8点パックもおすすめです。8点パックであれば、コートを入れても1点あたり900円でクリーニングできます。

カジタクは石油臭がしない

スーツの臭いをかぐ男性

カジタクのクリーニングの特徴は、徹底した溶剤管理を行っていることです。溶剤をきちんと管理することで、返却された衣類に石油臭がしなくなります。

クリーニングを利用したときの不満として、多くの方が「石油くさい状態で返ってきた」点をあげています。

溶剤は、ドライクリーニングで使われる専用洗濯液です。石油と似た成分であるので、特有のにおいがあります。

同じ溶剤で繰り返しクリーニングを行っていると、はじめは透明だった溶剤が茶色くにごります。衣類から落ちた汚れが含まれているからです。この汚れた状態の溶剤を使ってクリーニングをすると、衣類に石油臭が移ってしまうのです。

カジタクでは、溶剤が透明なうちに交換しています。汚れた溶剤を使わないことで、衣類に汚れが付着したり、石油臭がしないように細心の注意を払っています。

カジタク 公式サイトはこちら

リネットとカジタク、選ぶならどっち

2つの選択肢で悩む女性 

リネットとカジタクは、料金体系やシステムが違います。

スーツのクリーニングを利用する場合、どちらの方がおすすめかを条件ごとに解説します。

とにかくにおいを取りたいならリネット

スーツのにおいが気になる、根本から原因を取り除きたいのであればリネットがおすすめです。

特に、リネットのウェット加工を追加すると、汚れを元から取り除けます。

頑固な汗のにおいは、一般的なドライクリーニングだけでは落とせません。水洗いが必要になります。リネットのウェット加工は、ドライクリーニングをしたあとに水洗いを行います。汗汚れ、油汚れ両方を落とせます。

とにかくにおい対策をしたいのであれば、リネットがおすすめです。

クリーニングの石油臭が気になるのならカジタク

せっかく汗汚れがきれいになっても、溶剤の石油っぽいにおいが残っていては意味がありません。

多くの方がクリーニング後の石油臭に悩まされています。一度付着した石油臭は、しばらくの間落ちません。

これまでのクリーニングで石油臭に悩まされたことがあるのならば、カジタクの利用がおすすめです。キレイな溶剤しか使わないので、石油臭がうつることがありません。

カジタク 公式サイトはこちら

今すぐに返却してほしいスーツにはリネット

スーツをすぐに返却してほしい場合は、リネットの翌日返却サービスがおすすめです。リネットでは、首都圏に住んでいるプレミアム会員の場合、衣類を発送した翌日には仕上がり品を返却するサービスを行っています。

首都圏以外にお住まいの方でも、発送から2日後には仕上がり品が返却されます。

カジタクを利用した場合でも、2日後~6日後の返却と宅配クリーニングのなかでは迅速な対応をしてくれます。しかし、どうしても急いで必要な衣類であればリネットを利用した方が手元に戻ってくるまでの時間は短いです。

急にスーツが必要になったときはリネットがおすすめです。

リネット 公式サイトはこちら

スーツにおすすめの記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。2018年にクートンに入社。若手社員として未経験ながら奮闘中。頑張りますので、ご指導よろしくお願いいたします。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事