部屋干しでついた生乾き臭の消し方は?洗いなおさずできる方法も合わせて紹介

B! pocket

シャツを持って鼻をおさえる女性

梅雨や台風の時期、雪が降る時期には洗濯物は部屋干しする方が多いです。部屋干しすることで、外の天気に振り回されずに洗濯できます。

しかし、部屋干しをすると生乾きのいやなにおいが洗濯物についてしまうリスクもあります。

生乾き臭の原因は、衣類に付着した雑菌です。雑菌がエサを分解する時に発生させるガスがにおいのもとになっています。

本記事では、一度衣類に付着してしまった生乾き臭を消す方法についてお伝えします。

時間がない時にすぐできる洗い直さずにできる方法から、じっくり時間をかけて原因を取り除く方法までくわしく解説します。

生乾き臭の原因

菌とカビ

生乾き臭の主な原因は、衣類に付着した雑菌です。菌は、衣類に残った皮脂汚れや汗汚れ、石鹸カスをエサとします。

エサがあることで、雑菌はどんどん成長して増えていきます。しかし、雑菌が増える原因は、豊富なエサだけではありません。

  • 湿度
  • 温度

も大きく関係しています。

湿気が多いと菌が過ごしやすくなる

雨雫がついた窓ガラス

部屋干しをしているときは、外が雨の時が多いです。また、雨が降っていなくても室内を締め切っている場合が多いです。

閉め切られた部屋は湿度が高くなりがちです。雑菌は湿気の多い場所を好みます。湿度が高いと成長速度が増すので、どんどん繁殖してしまいます。

湿気の多い環境で雑菌が増えることをおさえるには、洗濯物を早く乾かすのが有効です。除湿機や、サーキュレーターを使って乾くまでの時間を短縮するのがおすすめです。

乾くまでの時間が短くなれば、家事にかける時間も減ります。

暖かい場所で菌が増える

温かい空間も菌が増えやすくなります。部屋干しをしているときは換気をせず閉め切っている事が多いので、部屋の温度は暖かくなりがちです。

洗濯物に付着する菌とは異なりますが、食中毒菌は35度で最も増えやすくなります。

夏場など室温が高いときは、できるだけ換気をしたり、室内の空気を循環させたりして温度が高くなりすぎないようにしてください。

洗い直す時間がない時に生乾き臭を消す方法

出勤前に時間を確認する女性

洗濯物に匂いがついてしまった時、消すには殺菌することが重要です。匂いの原因である菌を死滅させることで、根本からにおいを断てます。

しかし、殺菌するとなると洗い直しをしたり、洗剤に漬け置きしたりする工程が必要になります。

多くの人が衣類の生乾き臭に気づくのは、服を着替える時とされています。着替えのタイミングは、外出の時間が迫っていて忙しいことも多くあまり時間をかけられません。

あまり時間をかけずに殺菌できる方法を以下にまとめました。

除菌・消臭スプレーを使う

消臭スプレー

一番簡単ににおいを消すことができるのが消臭スプレーです。衣類にスプレーすることでふんわりと良い香りにつつまれます。数秒で嫌な匂いを消してくれるのでとても便利です。

ドラッグストアや薬局など、お出かけ先でも簡単に購入できるのもメリットです。

最近では高機能なものが販売されていて、ふきかけるだけで除菌効果を得られるものもあります。においが気になる衣類があれば、着用する前にさっとふきかけます。

ただし、消臭スプレーを使ってもあとから匂いが戻ってきたとの口コミが多くみられます。

いくら除菌する効果があるといっても、衣類に水分を含ませる行為なので菌が増えてしまう場合もあります。時間が経つにつれて、香りが切れ、菌の繁殖が進むとにおいが戻ってきてしまうのです。

また、消臭スプレーを使いすぎることで衣類にシミができてしまうケースもあります。衣類についた汚れと消臭スプレーの成分が反応して落ちにくいシミになってしまうのです。

あくまで消臭スプレーの使用は、どうしようもない時の応急処置として使うのがおすすめです。

乾燥機にかける

ドラム式洗濯機で洗濯する女性

服についた生乾き臭を消すなら、熱による殺菌がおすすめです。菌は温かい空気を好みますが、それ以上の熱い温度には弱いです。

ご自宅の洗濯機に乾燥機能があれば、それを活用するのがおすすめです。家庭用の衣類乾燥機は、60度以上の熱風で乾かすものが多いです。

40度前後のお湯につけ置くだけでも十分殺菌効果が得られるくらいなので、乾燥機の熱風であれば十分菌を除去できます。

通常の乾燥時と同じように服を入れてスイッチをいれてください。

自宅に乾燥機がない場合は、コインランドリーの乾燥機もおすすめです。コインランドリーの乾燥機は業務用なので、家庭用よりもパワーが強いです。

100円で10分程度利用できるお店も多いので、お出かけ先でどうしても匂いが気になる時に利用するのがおすすめです。

アイロンを使う

アイロン

乾燥機を使う時間もない場合は、家庭用のアイロンで熱を与える殺菌方法がおすすめです。

アイロンが温まるまでに時間もかからないので、忙しいときでもさっと使えます。

アイロンを使った殺菌方法は、普段の洗濯でも役立ちます。半分程度乾いた状態の衣類にアイロンを当てることで、乾燥時間が短縮されます。においがつきにくくなるので、おすすめです。

デリケートな素材にアイロンを当てるときは、あて布を忘れずにします。

時間をかけて衣類を殺菌する方法

殺菌効果のイラスト

一度ついてしまった生乾き臭は、改めて洗い直すだけでは十分にとれない場合もあります。着る前はなんともなかったのに、着用後しばらくするとにおいが気になる匂い戻りが起こります。

においや菌を確実に落とすには、洗濯に一手間加えたり、別の方法で殺菌処理する必要があります。

匂いの原因をしっかりと除去する方法についてお伝えします。

熱湯消毒

鍋で沸かされたお湯

生地が頑丈な衣類であれば、お湯を使った殺菌方法はとても効果的です。

洗濯が終わった後の衣類に、沸かしたお湯をかけ20~30分ほど置いてから脱水します。

脱水後はいつもどおり干すだけで、匂いがつきにくくなります。

お湯の温度は熱すぎると生地を傷めてしまうので、60~70℃のものがおすすめです。鍋に水をいれて火にかけ、沸騰する手前の気泡が出てき始めるくらいで止めるとちょうど良いです。

酸素系漂白剤を使う

洗濯用品

酸素系漂白剤を使って殺菌するのもおすすめの方法です。漂白剤には洗濯物を白く保つ効果だけでなく、強い殺菌効果もあります。

実際、塩素系漂白剤は医療機関での消毒剤としても使われています。しかし塩素系漂白剤は、漂白力が強く色落ちの可能性があります。もともと白い色の服にしか使えないことがデメリットです。

一方酸素系漂白剤は、漂白力こそ塩素系漂白剤に劣りますが、どんな衣類にも使用できます。色の濃い服に使っても色落ちしません。

普段の洗濯に活用するのにもってこいの漂白剤なのです。

使い方は、適量(各メーカーが定めているものに従ってください)を洗剤と一緒に洗濯機に入れて洗濯するだけです。漂白剤を入れて洗濯するだけで、洗濯液の殺菌力を高められます。

特ににおいの気になる衣類には、漂白剤を溶かしたぬるま湯につけ置きする方法もおすすめです。

おすすめの記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。2018年にクートンに入社。若手社員として未経験ながら奮闘中。頑張りますので、ご指導よろしくお願いいたします。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事