漂白剤の基本の使い方、種類の選び方や汚れ別洗濯方法をまとめて解説

B! pocket

洗濯用品

洗濯する時に、洗剤や柔軟剤と同じように活用される漂白剤。洗濯に慣れていない方には、正しい使い方がわからない方も多いかと思います。

漂白剤は、汚れをきれいに落としてくれるだけでなく、殺菌や消臭効果もあります。しかし、漂白剤には様々な種類がありますし、それぞれ適した衣類や汚れが違います。

初めて漂白剤を使う方も、今までなんとなく漂白剤を使っていた方も納得してもらえるよう、基本の選び方や洗濯方法についてお伝えしていきます。

漂白剤の種類

洗濯に疑問を持つ女性

漂白剤には、

  • 塩素系漂白剤
  • 酸素系漂白剤

の2つがあり、それぞれ

  • 粉末タイプ
  • 液体タイプ

があります。それぞれの特徴について解説していきます。

塩素系漂白剤は、殺菌力が強い

青空の下干されているシャツ

塩素系漂白剤は、強い漂白力が特徴です。塩素のツンとしたにおいがあるので苦手な方が多いかもしれません。

白いシャツなど、真っ白に仕上げたいものに効果があります。ただし、とても高い漂白力のせいで、衣類そのものの染料まで脱色してしまう可能性があります。

色物や柄物衣類の汚れ取りには使わないようにしてください。

また、強いアルカリ成分が含まれているので、生地を傷めてしまう可能性もあります。塩素系漂白剤は、

  • 綿
  • アクリル
  • ポリエステル

でできた衣類のみに使用してください。

また、家庭用の殺菌・消毒剤としても塩素系漂白剤が使われています。キッチンのふきんの殺菌・消毒にも使う事ができます。

殺菌性の高さから、塩素系漂白剤は医療の現場でも活用されています。家族がウイルス性の感染症にかかってしまった時の消毒剤としても活用できます。

特に、ノロウイルスに感染して嘔吐してしまった場合などには、塩素系漂白剤を使用することで二次被害を防ぐことができます。

ノロウイルスは感染力が非常に強く排除も難しいとされています。家庭にある漂白剤を使えば、高い確率で除去をおこなうことが可能となります。

酸素系漂白剤は洗濯機の洗浄にも

ドラム式洗濯機で洗濯する女性

酸素系漂白剤は、塩素系とは違って漂白力は弱くなります。そのため、色物衣類や柄物にも安心して使用することができます。使用可能な素材も制限がないので、幅広い衣類に使うことができます。

洗剤と合わせて使用することで、衣類に付着した汚れを浮かせることができます。衣類の黒ずみや黄ばみが気になる時に使用してください。

酸素系漂白剤は、洗濯以外にも様々な場面で活躍します。

多く利用されているのが、洗濯機の洗浄です。洗濯機は、使用すればするほど汚れていきます。衣類から落ちた汚れや洗剤の残りカスが洗濯槽にこびりつき、カビが発生します。

カビを放置しすぎると、洗い上がった洗濯物に黒いカビの塊が付着するようになってしまいます。酸素系漂白剤を使うことで、洗濯槽についたカビを取り除くことができます。

洗濯機以外にも、お風呂の風呂釜やキッチンシンクなどカビが気になりやすい部分の掃除にも使えます。

液体タイプの漂白剤は部分洗に

洗濯ばさみと洗濯ネット

酸素系漂白剤は、液体タイプと粉末タイプのものがあります。基本的には液体タイプの方が、漂白力や殺菌力は高いとされています。

液体タイプのものは、衣類の部分洗いに適しています。液体なので、汚れが気になる部分に直接つけると長くとどまって少しずつ汚れを落としてくれます。

洗濯をする時に、しみになってしまった部分に酸素系漂白剤をつけてからいつも通り洗濯するだけで良いので、手順も簡単です。

粉末タイプはつけ置き洗いがおすすめ

粉末タイプの漂白剤は、つけ置き洗いにおすすめです。一部分の汚れだけでなく、全体をキレイにしたいなと感じた時は漂白剤を溶かしたぬるま湯に30分ほど衣類をつけます。

その後軽くすすいでからいつもどおり洗濯すると、汚れ落ちを高めることができます。

もっと手軽に漂白剤を活用したい場合は、洗濯洗剤と一緒に洗濯機に入れて洗う方法もあります。

汚れ別の漂白剤の使い方

洗濯物を干す女性

漂白剤は、汚れの付き具合や種類によって使い方を変えることでより効果を発揮します。

今回は、

  • 普段の洗濯
  • シミがついた時
  • 頑固な汚れが着いた時
  • 殺菌を行う場合
  • 洗濯機を洗浄する場合

の4パターンについて解説します

普段の洗濯、漂白剤を入れて汚れ落ちup

普段の洗濯から漂白剤を活用して汚れ落ちをアップしたい場合は、いつも使用している洗濯洗剤に加えて、酸素系漂白剤をプラスすることがおすすめです。

各メーカーが洗濯のときに使用する量を指定しているので、規定量を守って投入してください。

漂白剤を入れる場所は、大体の洗濯機で洗剤と同じように投入口が用意されています。洗剤と同じ場所に入れる場合も多いです。

粉末タイプを使用する場合は、衣類全体に行き届くように回しかけてください。

シミがついた時は液体タイプを直接つける

手洗いされる衣服

シミがついてしまったものや、部分的に汚れてしまった衣類を洗う場合は、液体タイプの漂白剤を汚れに直接つけていきます。

洗濯する前に、汚れがついてしまった部分にしっかりと塗りつけていきます。この時、直接漂白剤に触れると手が荒れてしまう事があるので、注意してください。ゴム手袋などがあれば安心です。

しっかりと漂白剤を塗りつけることができたら、いつもどおり洗濯します。

ただし、この方法は紅茶やワインなどの頑固な汚れには対応しきれない場合があります。頑固な汚れや、繊維が染まってしまっている場合は、粉末タイプを使ったつけ置き方法がおすすめです。

頑固なシミにはつけ置き洗いを

水を張った洗濯桶

より頑固でなかなか落ちないシミには、つけ置き洗いをすることがおすすめです。

  1. 洗面器や洗面台にぬるま湯を入れる
  2. 適量の漂白剤を入れる
  3. 洗いたい衣類を入れて30分ほどおいておく
  4. 軽くすすいでから、いつもどおり洗濯する

漂白剤の量は、各メーカーが指定する量を使ってください。少なすぎるとシミ抜き効果が落ちてしまいますし、多すぎると漂白剤成分が衣類に残り続けてしまいます。

また、漂白剤を使う時に注意して欲しいのが、お湯の温度です。酸素系の漂白剤は、化学反応を利用して衣類の汚れを落としています。

化学反応には強い反応がでる温度があり、大体50度前後が適しています。これよりも温度が高すぎると、化学反応が持続せずに洗浄力が弱まってしまいます。

お湯を使って衣類を洗うと、汚れ落ちが良いイメージがあります。しかし、あつすぎるとかえって効果がなくなるので注意してください。

消毒に漂白剤を使う方法

水を張った洗濯桶

ふきんなど、キッチン周りの消毒剤として漂白剤を使う場合は、塩素系漂白剤を使用してください。

しばらく使用したふきんは、雑菌が繁殖して嫌な匂いがしたり、色が変わってきたりすることがあります。台所の清潔さを維持するためにも、定期的な洗浄が必要です。

漂白剤を使ってふきんを洗う場合は、

  1. キッチン用洗剤で拭きを手洗いする
  2. 洗い終わったら、きちんとすすぐ
  3. おけにぬるま湯をためて漂白剤を適量入れる
  4. 洗浄液にふきんをつけて30分待つ
  5. しっかりとすすいでから乾燥させる

の手順を行ってください。桶に入れるぬるま湯は、つけ置き洗いと同じく50度前後がおすすめです。あらかじめふきんを手洗いしておくことで、汚れをよりキレイに取り去る事ができます。

除菌自体は2~3分で完了しますが、シミ抜きなど汚れが気になる場合は30分ほど時間をかけてつけ置きしてください。

洗い終わったあとはしっかりと乾かすことも重要です。

洗濯機のカビ取りにも漂白剤

洗浄中の洗濯機

洗濯機のカビ取りとして、酸素系漂白剤を使う時の手順は以下のとおりです。

  1. ぬるま湯を洗濯機にためる
  2. 漂白剤を適量投入する
  3. 5~10分ほど洗濯機を回してかきまぜる
  4. 5~5時間放置する
  5. 洗濯機を再度かき混ぜる
  6. 浮いてきたカビを取る
  7. 大体取れたら、排水
  8. 注水→かきまぜ→カビ取りを何度か繰り返す

洗濯機に洗濯槽洗浄モードがあれば、それを活用することも可能です。一般的なコースのまま動かしてしまうと、せっかく入れた漂白剤をすぐに流してしまうことにもなるので注意してください。

カビが浮いてきてからは、大方のカビを取り除いてから水を流さないと詰まってしまう可能性もあります。柄の長い魚用のネットが100円ショップで販売しているので活用してください。

洗濯に関する記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。2018年にクートンに入社。若手社員として未経験ながら奮闘中。頑張りますので、ご指導よろしくお願いいたします。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

コメントを投稿する

人気の記事