ランニングウェアの洗濯方法、汗のにおいを防ぐコツとは?

B! pocket

ジョギングするカップル

趣味や健康のためとしてランニング・ジョギングをしている方が増えています。走ることによって身も心もリフレッシュされるのですが、そのかわりに着ていた服は汗でびっしょりになってしまいます。

ランニングウェアには、さらっとした肌触りの吸湿素材でつくられたものを各社が販売しています。しかし、これらは汗の匂いが発生しやすい素材です。

ランニングウェアが汗くさくならない、正しい洗濯方法についてお伝えします。

ランニングウェアの正しい洗濯方法

ランニングマシーンを使う女性

ランニングウェアは、正しい方法で手入れ・洗濯しないとにおいが発生したり、素材を傷めてしまいます。

一般的な洗濯方法に少し工夫をするだけでも、トラブルを回避することができます。

着用したあとはすぐに洗濯する

洗濯機を稼働させる女性

ランニングから帰ってきたあとに、着替えたままウェアをずっと放置してはいませんか。汗を吸った衣類を湿ったまま保管していると、どんどん雑菌が繁殖していきます。

菌が繁殖していくと、においの原因になったりカビが生えてしまう原因となるので、できるだけ早めに洗濯することが重要です。

特に、着替えてすぐのウェアを洗濯機に放り込んでふたをしたり、他の衣類とまとめて一ヶ所においておくのはおすすめできません。ウェアに残った湿気の逃げ場が無いので、雑菌がどんどん増えてしまう原因となります。

他の洗濯物に、においが移ってしまうことも考えられます。

どうしてもすぐに洗濯をするのが難しい場合は、応急処置としてウェアの水分を乾かす事が重要です。洗濯するまで、他の衣類とは分けて保管します。

風通しの良い部分にかけておくと、水分が早く蒸発するのでおすすめです。

消臭スプレーはシミになる可能性が

消臭スプレー

取り急ぎのニオイ対策として、消臭スプレーをランニングウェアに使用する方もいるかと思います。

しかし、消臭スプレーは多用すると衣類にシミができてしまう可能性もあるのです。着用後のウェアにはたくさんの汚れが付着しています。汗のにおいを防ぐために何度も消臭スプレーを使用すると、ウェアについた汚れとスプレーが反応してシミになってしまいます。

消臭スプレーを使うことで、衣類に良い香りをさせたり、一時的ににおいを抑えることができます。ただし、汚れそのものを落としているだけではありません。一時的に消臭成分で抑え込まれているだけです。

汚れが残ったままだと、あとから汗じみになって浮き出てくる可能性もあるので注意してください。たいていのランニングウェアは、十分に洗濯に耐えられる強度があります。着用後は毎回必ず洗濯してください。

消臭スプレーをかけたあとに、その場に置いたままにするのもよくありません。スプレーの水分は雑菌繁殖の原因となります。スプレーで除菌できたからと満足せず、風通しの良い場所に置いておくことも重要です。

汗のにおい対策には酸素系漂白剤がおすすめ

洗濯用品

洗濯の消臭力をアップさせるためには、漂白剤の使用がおすすめです。漂白剤は、主に衣類の汚れを落とすために使われているものですが、除菌・防臭効果もあります。

頑固なにおいのついたウェアもスッキリ洗うことができます。

ただし、漂白剤には

  • 塩素系漂白剤
  • 酸素系漂白剤

の2種類があります。ランニングウェアにおすすめなのは、酸素系漂白剤です。塩素系漂白剤は、医療現場でも使われるほど殺菌効果の高いものなのですが、刺激がとても強いです。

綿やポリエステルなどの限られた繊維にしか使えません。また、漂白力がとても高いので、色物や柄物を脱色してしまう可能性があります。

酸素系漂白剤は、優しい仕上がりになるので色物や柄物でも使用が可能です。漂白剤を使用することによって、汗や皮脂などのよごれ、においの原因となる雑菌をキレイサッパリ洗い流すことができます。

漂白剤を使った洗濯の方法

青空の下干されているシャツ

漂白剤を使って洗濯する方法はとても簡単です。各メーカーが指定する量を洗濯機に入れ、あとはいつもどおり洗濯するだけです。

酸素系の漂白剤には、液体タイプと粉末タイプがありますが基本的にどちらでも構いません。もし、衣類にシミなど部分的な汚れがついている時は、直接塗りつけることができる液体タイプがおすすめです。

全体的に衣類のニオイ対策をしたいなら、さっとかけて水に溶かすことができる粉末タイプがおすすめです。

漂白剤は、含まれる成分の化学反応を活用して漂白・防臭をおこないます。化学反応がもっとも効果的に行われるのは、水温が50度前後のときだとされています。

もし、洗濯機に給水する温度が調整できるのであれば、ぬるま湯を使って洗濯することもおすすめです。まだ温かいお風呂の残り湯も活用できます。

におい・汚れが頑固なものはつけ置き洗いを

水を張った洗濯桶

特ににおいがきつくて、汚れが頑固なものは、つけ置き洗いがおすすめです。漂白剤を溶かしたぬるま湯に衣類をしばらくつけて置いてから通常通り洗濯する方法です。

具体的な手順は、

  1. ぬるま湯を桶・洗面台などにためる
  2. 適量の漂白剤を溶かす
  3. 衣類をつけて30分ほど待つ
  4. しっかりとすすいでからいつもどおり洗濯する

となっています。

ぬるま湯は、50度前後の物が最も良いとされています。漂白剤の量は、各メーカーの規定量に従ってください。漂白剤を溶かしたお湯を直接触ると手があれてしまう可能性があります。

漂白剤は刺激が強いので、できればゴム手袋等を使用しながら作業を行ってください。

つけ置き作業が終わったら、しっかりとすすいで漂白剤成分を洗い流してから軽くしぼり、いつもどおり洗濯します。

ウェアは定期的に買い替えを

定期的にウェアを買い換えることも重要です。着用するごとに正しい方法で洗濯していたとしても、時間が経てば生地自体が劣化してきます。

同じランニングウェアを長く着続けていると、生地が傷みにおいが外に出ていきやすくなります。また、これまでに落としきれなかった汚れがたまって、さらににおいがきつくなってしまうこともあります。

お気に入りのウェアだとしても、定期的に買い換えるようにした方が機能の劣化も少ないのでおすすめです。

買い換える頻度は、着用回数にもよりますが大体1年ごとがおすすめです。

ランニングウェアが汗臭くなる原因

においを気にする女性

ランニングウェアのにおいがきつくなってしまうのは、汗に含まれた雑菌が原因です。雑菌が増える原因や、吸湿素材のデメリットなどについてお伝えします。

汗のタンパク質を食べて菌が増える

汗をふく女性

じつは、かいたばかりの汗は無臭です。サラッとしていて、特ににおいがあるわけではありません。しかし、汗をかいたまま放置していることで、菌が増えていきます。

菌が増える時に発生させるガスが汗臭さの直接の原因となります。

汗や皮脂には、豊富なタンパク質が含まれています。雑菌にとって、それらのタンパク質は貴重な栄養源です。タンパク質を食べることで、菌はどんどん繁殖して増えていきガスを発生させるのです。

また、菌が好む環境は高温多湿です。汗に含まれる水分や上昇した体温は菌にとって格好の環境となります。そのためランニングウェアは、特に汗のにおいが目立ちやすいとされています。

汗のにおいを抑えるためには、

  • 雑菌対策
  • 湿気対策

が必要となります。

吸湿素材は汗のにおいが広がりやすい

夏には、さらっとした着心地で、汗がすぐに引く吸湿素材が人気です。しかし、吸湿素材のランニングウェアは汗の匂いが広がりやすいというデメリットがあります。

それは、吸湿素材は毛細管現象という原理を利用しているからです。毛細管現象とは、液体が細い管の中を重力に逆らって登る現象のことを指します。

植物が根から葉まで水分を届ける原理にも、一部毛細管現象が活用されています。

吸湿素材は、この原理を使って他の生地よりも早く吸い上げることができるのです。しかし、生地の奥まで汗を吸い上げてしまうことで、においや汚れが生地全体に広がってしまいます。

一般的な生地であれば、汗は繊維の表面にしか付着しないのに、奥まで吸い上げてしまうせいで洗濯してもなかなか落とすことができないのです。

吸湿素材のランニングウェアは、特にこまめに洗濯することが重要です。毎回漂白剤を使った洗濯をするのも効果的です。

洗濯におすすめの生地はこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。2018年にクートンに入社。若手社員として未経験ながら奮闘中。頑張りますので、ご指導よろしくお願いいたします。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

コメントを投稿する

人気の記事