振袖を着ている時に雨が降ったらどうする?対策や、おすすめグッズ

B! pocket

振袖を着て傘を持つ女性

成人式の日など、振袖を着る機会がある時に気になるのが、天気です。

よく晴れた日なら良いのですが、雨の日は、大事な振袖が汚れてしまわないかがとても心配になります。雨が降ることによって、雨シミが生地についてしまったり泥はね汚れがついてしまうこともあります。

泥汚れはプロのクリーニング師さんでも、落とすのに苦労するとても厄介な汚れです。

当日雨が降っていなくても、前日まで降っていた日や、湿度の高い日には土や砂が濡れてはねやすくなるので注意が必要です。

雨の日に振袖を着る時に気をつけたいことや、おすすめのグッズなどについて解説します。

雨が振袖に与えるリスクとは?

雨雫がついた窓ガラス

雨が降った時には、単純に雨水が振袖についてしまうリスクの他にも、注意しておきたい点がいくつかあります。

振袖など和服は高価なものも高く、できるだけ雨の日は避けたいですが、式典・冠婚葬祭の場などどうしても着なくてはいけないときもあります。

あらかじめリスクを知って、対策しておくだけでも汚れや傷みを抑えられます。

雨水は後にシミになる可能性が

着物についたシミ

雨水に濡れただけならば大丈夫だと思ってしまいがちですが、濡れた状態で放置していると雨染みがついてしまう可能性があります。

雨は透明な水なので、油断する方が多いのですが、大気中のゴミをたくさん含んでいます。

それらが着物の付着したあとに、十分に拭き取らずに放置していると、後からシミとして浮き上がってくることがあります。

ただの雨と軽く見てしまわずに、できるだけ濡れないようにすることが重要です。

道の泥はねは最も厄介な汚れ

雨に濡れた歩道

雨によって道の土砂が濡れて跳ね上がる、泥はね汚れは振袖の大敵です。泥汚れは、衣類につく汚れの中でも特に頑固なものとされています。

場合によっては、コーヒーやミートソースなどシミの代名詞とされる汚れ以上に落ちづらいので、最大限の注意が必要となります。

泥汚れが落としづらい理由としては、泥の中には細かい土砂が含まれている点があります。

細かい粒状のものが、繊維の奥にまで入り込んでしまうので、なかなか取り出すのが難しいのです。かといって、ブラシで掻き出そうとしても、さらに奥まで入ってしまいます。

また、無理にかきだそうとすることで、繊細な振袖の生地がいたんでしまうことにも繋がります。

泥汚れは放置していると、さらに奥まで汚れが入り込みなかなか落とせなくなってしまいます。

階段や車の乗り降りにも注意

振袖を着ている時には、慣れない和服や草履のせいでいつものように動くことができなくなります。

特に雨が降っている時には傘をさすことで動きが制限されることも多いので、余計に動きづらくなります。

そうなると、普段は難なく動ける階段や、車の乗り降りなどのちょっとした動作でも、裾をひきずってしまったり、汚してしまう可能性があります。

雨の日の階段や、車のステップには泥汚れや水がついているので、ふとしたことでよごれてしまいます。

振袖が濡れないように、汚さないようにと焦ってしまうかもしれませんが、焦らず落ち着いて動いてください。

慣れない格好で焦って動くと、怪我にもつながってしまうので要注意です。

持ち歩く傘も、できれば大きな物がおすすめです。ゴルフをする方が身近にいる場合は、ゴルフ用の傘が大きくて便利です。

雨の日の振袖を快適にする裏技やグッズ

振袖を着た女性

せっかく振袖を着ようにも、雨が降ると憂鬱になってしまいます。しかし、ちょっとした工夫で、歩きやすくなったり、汚れを防ぐことができます。

雨の日でも、大事な振袖を汚さないための裏技やおすすめのグッズについて紹介します。

あらかじめ防水加工をしておくと楽

撥水加工をした生地

振袖を雨や汚れから守る方法として、おすすめなのが防水加工です。着物を取り扱っているクリーニング店の多くが、振袖や帯・襦袢に防水加工を施してくれます。

防水加工とは、着物の生地が水をはじくよう、全体にコーティングを行ってくれるものです。

あらかじめ防水加工をしておくことで、少々の雨にぬれても生地が水を弾き、汚れを寄せ付けません。

また、防水加工がおすすめな理由として、雨以外の汚れからも振袖を守ってくれる点があります。たとえば、振袖を着るような時は、会食など飲食をする機会が多くあります。

慣れない着物で思わず食べ物や飲み物をこぼしてしまうこともありますが、防水加工をした振袖であれば、ある程度の汚れは弾いてくれます。

雨だけでなく、不意のトラブルからを防いでくれる効果もあるので、取扱のあるクリーニング店に持ち込んで加工をお願いすることがおすすめです。

市販の防水スプレーなどは、多くが絹などの天然素材には使用できません。スプレーを使って撥水加工を自分でしようと考えている場合は、購入前に着物に使えるものかどうかを確認してください。

また、自分でスプレーをすると塗りムラができてしまって、十分に防水効果を得られない場合もあります。

着付けする時は短めに

成人式に振袖を着る女性

雨の日に振袖を着る場合は、できるだけ短めに着付けすることもおすすめです。まず、直接目には入らない襦袢をできるだけ短めに着付けます。

こうすることで、雨の中引きずってしまうこともありません。特に襦袢は、長い間着用すると着崩れてきて、裾が落ちてきてしまう場合もあるので要注意です。

できれば一番上に着る振袖も短めに着付けておくと、着崩れてきて初めてちょうどよい丈になるのでおすすめです。

それでも心配な場合は、水を弾きやすい化繊の布を襦袢の裾にあてて軽く縫い付けておくだけでも、裾汚れから守ってもらうことができます。

ただし、その場合は、色の濃い布を使うのはおすすめできません。色移りの可能性があるので、できるだけ白いものか、薄い色のものがおすすめです。

雨用コートは透明でないものがおすすめ

成人式で振袖を着る女性達

成人式のニュースで、新成人の方が透明な雨用コートを着用している様子が多く報道されます。透明なコートは、確かに下に着ている振袖の柄が綺麗に見えますが、雨の日にはかえって欠点となってしまうこともあります。

できれば、色のついた透けないコートがおすすめです。というのも、色のついたコートであれば、中の振袖が見えないので、裾をたくし上げることができます。

裾をたくしあげて腰ひもで固定し、落ちないようにしておけば、移動中に泥跳ねを気にしなくても良くなります。ひもで裾を固定した上からコートを羽織り、袖もコートのなかに収納すれば濡れません。

透明なコートを着ると、中の様子が見えてしまうので裾をたくし上げることなんてできません。しかし、色がついていたら、外から見たところで中がどうなっているかはわかりません。

会場についてから、コートを脱ぐ前に、固定していた紐を外すだけできちんと元通りになります。振袖や襦袢の素材は、腰紐で固定しても跡はつきにくいです。外すとするんと下に落ちるので、派手に着崩れることはありません。

足袋の履き替えを持参するのがおすすめ

草履を履いた人

雨が降ったときには、振袖のことだけでなく、足元のことにも工夫をすることが重要です。

特に、和服で草履を履く場合は慣れない履物で、靴ずれやマメになりやすいです。それに雨が加わると、滑りやすくなったり、転んでしまいやすくなります。

綺麗な振袖を駄目にしないためにも、足元にも細心の注意を払うようにしてください。

靴ずれになりそうな場所にはあらかじめ絆創膏を貼っておくと、摩擦を和らげることができて痛くなりにくいです。天気が雨になりそうなら、撥水効果のあるものや汗につよいタイプを使用するとより長持ちします。

そして、汚れてしまっても良いように替えの足袋を用意しておくのもおすすめです。

振袖が汚れてしまったら、宅配クリーニングの利用がおすすめ

ソファに座ってスマホを触る女性

工夫やグッズを駆使しても、振袖が汚れてしまった場合は、できるだけ早くクリーニングを利用することがおすすめです。

衣類についた汚れは、放置すればするほど生地に定着してしまい、落とせなくなってしまいます。早く対処するほど、お金や手間をかけずにきれいにすることができるので、着用後は出来るだけ早くクリーニングすることをおすすめします。

今回は、数あるクリーニングサービスの中でも、振袖クリーニングにおすすめな宅配クリーニングサービスについて説明します。

宅配クリーニングとは

ダンボール箱を受け取る女性

宅配クリーニングとは、宅配業者が荷物の受け渡しを代行してくれるクリーニングサービスです。

ネットから注文して、荷物を梱包して配達員に引き渡すと、工場まで荷物が運ばれクリーニングが始まります。後日、きれいになった品物が自宅まで直接返送されてきます。

自宅から一歩も出ることなくクリーニングを利用できる利便性と、ネット注文で24時間いつでも受け付けてもらえる点が人気を呼び、利用者が増えている話題のサービスです。

振袖は、かさばりますし思っている以上に重い品物です。近くのクリーニング店にまで持っていくだけでも一苦労ですが、宅配クリーニングであれば手軽に利用することができます。

普段忙しくて、なかなかクリーニング店に行く時間を取れない方でも安心です。

専門店の技術を手軽に利用できる

着物を着た女性

振袖を宅配クリーニングで利用するメリットとして、専門店の技術を手軽に使える点があります。町中には多くのクリーニング店がありますが、着物の取扱いがあるお店はなかなかありません。

たまたま、家の近くに着物専門のクリーニング店がある方は少ないのでは無いかと思います。

宅配クリーニングであれば、全国どこからでも着物専門クリーニングを利用できます。宅配クリーニング店の中には、着物の本場である京都の呉服店が日頃から利用しているお店もあります。

着物のプロが選ぶ技術を私達個人も手軽な価格で利用することができるのです。

大事な振袖だからこそ、専門店の高い技術で綺麗に長持ちさせたいものです。

振袖クリーニングにおすすめの記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。2018年にクートンに入社。若手社員として未経験ながら奮闘中。頑張りますので、ご指導よろしくお願いいたします。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事