振袖に泥汚れがついてしまった時の対策とは?おすすめクリーニングも

B! pocket

成人式に振袖を着る女性

成人式や卒業式、結婚式などで振袖を着た時に困るのが、裾やたもとにつく泥汚れです。

雨の日や、道がぬかるんでいる日に振袖を着ると、気をつけて歩いていても泥が跳ね上がってしまうことがよくあります。

泥汚れはとても厄介な汚れで、対処方法を間違えると、シミがずっと残ってしまうだけでなく、生地を傷める結果にもつながってしまいます。

また、どうしても落ちない汚れには、無理に自力でシミ抜きしようとせずに、プロの手を借りることがおすすめです。

泥汚れの対処法や、おすすめの着物クリーニングについてお伝えします。

泥はねはとても厄介な汚れ

雨に濡れた歩道

振袖には、いろんな汚れがつきがちです。例えば、

  • 汗や皮脂
  • ファンデーションや口紅など化粧品
  • ホコリや黒ずみ
  • 食べ物や飲み物のシミ

などが汚れの原因の多くです。その中でも、最も厄介で落とすのが難しいとされているのが泥汚れです。

泥汚れはプロでも落とすのが難しい

泥遊びをする子供

泥汚れは、細かい土砂が衣類の繊維に入り込むことでついてしまう汚れです。

学生時代に部活動のユニフォームや体操着を洗ったことがあるかたは、経験があるかもしれませんがとにかく頑固で落ちづらいです。

本来、食べ物の汚れや皮脂の汚れを洗濯で落とすには、洗濯洗剤を使います。これは、洗剤に含まれる界面活性剤が汚れを分解して繊維から引き剥がしてくれるからです。

界面活性剤によって繊維から離れた汚れは水に溶け出します。あとは水洗いをすれば、衣類には汚れは残らず、しみになっていた部分もきれいになります。

しかし、土砂は界面活性剤では浮き上がらせることはできません。また、水に溶けない性質なので、水洗いをしてもなかなかきれいにはなりません。

他の汚れの場合は、洗濯洗剤に漂白剤をプラスして洗うことで、洗浄効果をより高めることができます。しかし、泥汚れの場合は、汚れの原因である土砂がそのままのこってしまうので漂白剤も意味がありません。

泥汚れを落とすためには、繊維の奥に入り込んだ土砂をそっくり除去する必要があるのです。

さらに、無理に土砂を取り払おうとこすったり、ブラシをかけたりすると、生地そのものが傷んでしまう場合があります。

振袖の多くは、絹などの天然繊維で作られています。天然繊維は特にデリケートなので、一度傷ついた場所からどんどん劣化が進んでしまいます。

また、間違えた方法で泥を落とそうとすることで、かえって土砂を繊維の奥に追いやってしまうことにもなります。

対応を間違えて、奥まで入り込んでしまった泥汚れは、プロのクリーニング師さんでも落とすのが大変だそうです。

泥汚れを含む、さまざまな汚れはついてから時間が経てば経つほど落とすことが難しくなります。取れなくなってしまう前に、出来るだけ早く対処することが必要です。

一番は泥汚れがつかないようにすること

着物の女性

一番良いのは、できる限り振袖に泥汚れがつかないように工夫することです。振袖を着る予定が結婚式などで、洋装和装どちらでも構わない場合は、雨の日や雪の日を避けることが懸命です。

あらかじめ振袖もドレスも用意しておけば、当日の天気によって臨機応変に対応することができます。

しかし、成人式の場合や卒業式など、どうしても振袖を着たい場合もあるかと思います。また、そんな式典の時に着る振袖は親から譲ってもらったものであったり、その日のために購入したものであったりと大事な品物であることが多いです。

大事な振袖を泥で汚したくは無いけれど、かと言って他のものは着たくない。そんな時は、最大限の雨対策をして、振袖に泥がはねないように工夫をしなくてはなりません。

おすすめの雨対策としては、

  • 雨用コートを着用する
  • 着付けの際、できるだけ丈を短くする
  • 移動中は、腰紐で裾を固定しておく

などがあげられます。

おすすめは、色の着いた雨用コートです。よく成人の日のニュースでは、透明な雨コートを着た新成人を報道しています。あの透明なコートは、中に着ている振袖の柄がよく見えて綺麗ですが、雨対策として万全ではありません。

色付きコートを着れば、中に着ている振袖の裾をたくし上げて腰紐で固定しておくことができます。少し高い位置に振袖と襦袢をたくし上げて固定しておけば、泥がはねても汚れてしまいません。

コートが隠してくれるので、他の人から見えてしまうこともありません。あとは、コートを脱ぐ前に固定している腰紐を取れば、するんと元に戻ります。着物の生地は滑りが良いので、もたつくことなくささっと整えることができます。

少し工夫をするだけでも、泥汚れが着いてしまうリスクを避けることができます。

より詳しい雨対策については、以下の記事にまとめています。

振袖に泥汚れが着いた時の応急処置

救急箱

着物に泥汚れが着いてしまった時は、まず第一に応急処置として落とせる泥を取り除くことが必要です。

応急処置を行ったあとに、残った汚れの状態によって、自力で落とすかクリーニング店に頼るかを判断する必要があります。

ただし、私としては、振袖をよりきれいに長持ちさせるためにもクリーニング店を活用することがおすすめです。

自力でシミ抜きをしようとすると、汚れを奥に入り込ませるだけで失敗してしまう可能性もあります。そうなると、後出しでクリーニング店に依頼しても完全に元通りにならないこともあるためです。

まずは泥を乾かす

草履を履いた人

振袖についた泥汚れを取る時に、一番してはいけないことは濡れた状態でシミ抜きすることです。泥が濡れたまま、こすったり拭いたりするとかえって汚れが広がってしまいます。

泥汚れは乾かすと固まって、ポロポロと剥がれやすくなります。帰宅して振袖を脱いだら、着物用ハンガーなどにかけておいて陰干しします。

この時、早く乾かしたいあまりにドライヤーなどで熱風を当てて乾かしてはいけません。高い温度の風を当てると、繊維の縮みや劣化に繋がります。

自然乾燥か、使うとしても扇風機など常温の風をあてるようにしてください。

乾いた泥を取り除く

着物についたシミ

生地や泥が乾いたら、泥を取り除く作業を行います。

必要なものは、

  • 柔らかく乾いた布
  • 歯ブラシ

の2つです。基本的には布を用いて泥を取り除きます。どうしても取れない部分にだけ歯ブラシを使用してください。

まず、布を使った泥の取り除き方は以下のとおりです。

泥の状態を確認する
泥を拭き取る前に、もう一度泥がしっかり乾いているか確認してください。
柔らかい布で泥をなでるように拭き取る
あまり強い力をかけず優しく拭き取ってください。広い範囲を拭くと泥が広がる可能性があるので、できる限り狭い範囲を拭いてください。
残った泥を手で優しくもむ
あまり爪をたてないように優しく揉んで残った泥を取り除きます。

拭き取る前に、布がしっかり乾いていることを確認してください。せっかく泥を拭き取ったのに、布が乾いていては意味がありません。

なでるように優しく拭き取ったあと、手で軽くもんでいきます。大体の泥汚れはこうすることで落ちていきます。

乾いた泥は固まっているので、ついつい爪で取ってしまいたくなります。しかし、不必要に爪をたてると大事な振袖を傷めてしまう場合もあるので、避けたほうが良いです。

どうしても取れない部分は歯ブラシで

歯ブラシ

より細かい部分の泥を落とすためには、歯ブラシが有効です。乾いた布で大体の泥を拭き取ったあとに、優しく歯ブラシで叩くようにして泥を落としていきます。

泥汚れの下に布をしく
生地のしみがある部分の下に、乾いた布を敷きます。濡れたものは色移りする可能性があるので避けてください
歯ブラシで優しく叩く
歯ブラシでこするのではなく、下に泥を落とすように優しい力で垂直にたたきます。
汚れの状態に変化がないと感じたら早めに止める
必要以上に続けると、泥の粒子を奥へ追いやってしまうだけになります。

歯ブラシを使う時は、上からポンポンと叩くように動かしていきます。上下左右にこするように動かすと、汚れが広がってしまう可能性があります。

下にしいた布に汚れを落とすようなイメージで歯ブラシをうごかしてください。

また、これ以上汚れが落ちないと感じたら、早めに切り上げることも重要です。歯ブラシは布で拭き取ることと比べて、生地に強い負担がかかります。

生地を傷めてしまう場合や、汚れを沈着させてしまうこともあるので、これ以上は無理だと思ったら専門家におまかせするのがおすすめです。

振袖の泥汚れには宅配クリーニングがおすすめ

荷物を詰めてスマホを触る女性

どうしても落ちなかった泥汚れや、自分で落とさずプロに任せたいと感じたものは、早めにクリーニングを利用することがおすすめです。

一度着用した振袖には、泥汚れ以外にも、雨水や汗・皮脂が付着しています。放置していると、あとからシミとなって浮き上がってくるので、泥汚れがついていないとしても、保管する前に一度クリーニングをしたほうが良いです。

今回は、特に汚れが気になる振袖におすすめのサービスである、宅配クリーニングについて解説します。

宅配クリーニングとは

宅配クリーニングのフロー図

宅配クリーニングとは、配送業者が自宅まで荷物の受け渡しをしにきてくれるクリーニングサービスです。

ネットから注文するので、24時間いつでも依頼することができ、受け渡し日時も好きな時間を指定することができます。

自宅まで荷物を取りに来てくれるので、わざわざお店まで衣類を持ち込む必要性もありません。

手軽で便利なサービスなので、共働きの世帯や、単身赴任中の方、子育て中で忙しい方などに人気です。

宅配クリーニングの中には、着物を取り扱っているお店も多くあります。振袖や襦袢は大きくてかさばりますし、見た目以上に重いです。宅配クリーニングであれば、重い着物を持ち運ばなくてすみます。

振袖を宅配クリーニングで洗うメリット

着物を着た女性

振袖のクリーニングに宅配クリーニングがおすすめな理由として、その専門性があります。

宅配クリーニングを運営しているお店の中には、着物を専門的に扱っているお店がたくさんあります。

自宅の近くに、着物を取り扱っているクリーニング店がある方は少ないのでは無いでしょうか。私自身、自分の成人式の時にどのお店に大事な振袖を預けたら良いかで悩んだことがあります。

宅配クリーニングであれば、呉服店が商品のクリーニングに利用するようなお店の技術を、手軽に利用することもできるのです。

着物のプロが認めた技術を、私達個人利用者もいつでも利用できるのが宅配クリーニングのメリットです。

また、宅配クリーニングであれば、全国どこに住んでいても遠い地方のクリーニング店を利用できます。

宅配業者が荷物をお店まで運んでくれるので、利用者自身が近所からお店を選ばなくても良いのです。より広い範囲で、自分にあったサービスを行ってくれるお店を探すことができます。

以下の記事に、有名呉服店が利用するクリーニング店が運営する宅配クリーニング業者を中心におすすめのお店をまとめています。

自分が任せられると感じたお店に、大事な振袖を預けることで、より満足の行く結果が得られます。

和服におすすめの記事はこちら

0件のコメント

コメントを投稿する

人気の記事