振袖に化粧品が着いてしまった時の対処法とは?あとでシミにならないための応急処置も

B! pocket

化粧品

成人式や結婚式、卒業式などで着用されることが多い振袖ですが、ふとした瞬間に汚れてしまうことも多々あります。

特に気を付けたい汚れとして、

  • 化粧品汚れ
  • 汗・皮脂の汚れ
  • 泥汚れ
  • 食べ物・飲み物の汚れ

などがあります。

本記事では、化粧品の汚れが付着してしまった時の対処法についてお伝えします。

化粧品の汚れは頑固で落ちにくい

成人式に振袖を着る女性

振袖を着用する場は、盛大な式典であったり、冠婚葬祭であったりと、キッチリとお化粧をする時が多いです。

お化粧をしたまま過ごしていたり、お直しをしたり、着替えをしたりすると、化粧品が振袖に付着してしまうことがあります。

化粧品の汚れは特に取れづらい汚れなので、注意が必要です。

化粧品は油性の汚れ

化粧品の汚れは、水に溶けることのない油性の汚れです。水をつけたタオルで叩いても、なかなか落ちません。それどころか、水で拭き取ろうとすると、汚れが広がってしまう可能性もあります。

普段からお化粧をしている方は、一日の終わりに専用のクレンジングを使用して落としているかと思います。

クレンジング剤には、有効成分として界面活性剤が含まれています。界面活性剤には、油性のものと水性のものをくっつける乳化剤の役割があります。

例えば、マヨネーズは卵が乳化剤となって、お酢と油をクリーム状にまとめています。

クレンジングに含まれている界面活性剤が化粧品と水をくっつけるため、化粧品が水に溶け、洗い流すことができるのです。

ファンデーションとリップには要注意

化粧品

化粧品の中でも特に注意が必要なものが、ファンデーションとリップです。

ファンデーションは顔全体に伸ばしているので、付着してしまう可能性がとても高いです。ふと横を向いた時に襟元についてしまうこともあります。

ベースメイクは色味がしっかりついてしまうものが多い上に、成人式などの式典に出るときにはきっちりと塗っていることが多くあります。

焦って着替えをしたり、化粧直しをしたりした時に、うっかりつけてしまうことが多い化粧品です。

衣類に付着したファンデーションには、顔から分泌された皮脂や汗が混じっているので、放置していると雑菌がついてしまうこともあります。雑菌が繁殖すると、においや虫食いの原因となることもあります。

ウォータープルーフのものは特に落ちづらい

化粧品は、よれて化粧崩れをしないように各メーカーが様々な技術を使って作っています。最近では、汗や水に強いウォータープルーフの製品も多く、一度衣類についてしまうとなかなか取れません。

ウォータープルーフの化粧品は、水やぬるま湯では落とすことができないので、専用のクレンジング剤が必要になります。

化粧品が振袖についてしまった時に、その場にあるおしぼりや濡れタオルで汚れを拭き取ろうとしても、取れません。

むしろ、水分によって生地が傷んだり、摩擦によって毛羽立ったりしてしまうことがあります。

落としづらい化粧品が付いてしまった時には、できるだけ無理に落とそうとせず、プロの力をかりるのがおすすめです。

化粧品が振袖についてしまった時の対処法

成人式に振袖を着る女性

化粧品が振袖についてしまった時に、もっともおすすめの対処法は、「クリーニングを利用して落としてもらう」ことです。

食べ物の汚れなどの水性の汚れは、さっと拭い取るだけでも大半の汚れをおとすことができます。しかし、化粧品汚れは頑固でなかなか落ちません。

また、汚れを落とすためには洗浄力の高い洗剤が必要となります。対処を間違えると大事な振袖を駄目にしてしまうこともあります。(実際に、着物クリーニング店には、口紅のシミ抜きに失敗して脱色してしまったものが持ち込まれるそうです)

振袖は、決して安いものではありません。値段だけの問題ではなく、思い入れのある品物であることも多くあります。そのため、できるだけ綺麗に保っておきたいものです。

もし振袖が汚れてしまった時は、プロのクリーニング師さんにお任せするのが一番ですが、応急処置としてできることもあります。

基本は、触らないようにすること

手でバツ印をつくる女性

振袖に汚れがついてしまった時には、できるだけ早い段階でクリーニングを利用します。それまで、気になるとは思いますが、触れないようにするのが得策です。

汚れをつけてしまうと焦ってしまうかと思いますが、冷静に対応することが大切です。

振袖に化粧品をつけてしまった時に最もしてはいけないのは、濡れたタオルや、ウェットティッシュで拭き取ることです。

無理に拭き取ろうとすると、水分によって汚れが広がったり、生地が摩擦で毛羽立ったりします。また、水分によってシミができてしまうこともあります。

どうしても、汚れが気になる場合は、乾いた清潔な布で上からそっと押さえるのがおすすめです。

こすらずに、布をそっと当てることで、振袖についた化粧品を少しでも拭き取る事ができます。ポンポンと上から叩くイメージで拭き取ってください。

メモをしておくとあとで便利

メモ帳

着物が汚れた時にしておくと意外と便利なのが、汚れの原因や日時などのメモです。

いざ振袖が汚れてしまったときは、焦ってしまってメモどころではないかもしれません。ついた瞬間でなくても、思い出したときにでも、いくつかメモしておくことをおすすめします。

メモしておくと便利な事項は、

  • 汚れがついた日時
  • 汚れの原因(ファンデーション・マスカラなど。メーカーや品種もわかればベター)
  • 汚れの範囲・状態(できれば写真を撮っておくと良いです)
  • 行った対処法

です。これらを、クリーニングでシミ抜きをお願いする時にお店側に伝えておくと、その後の作業がスムーズに進みます。

クリーニング師さんは、汚れの状態から、大体の原因や汚れがついてからの日時がわかりますが、詳細な情報まではわかりません。詳しくお伝えしておくことで、より適した洗剤の利用や洗い方をしてくれます。

また、ついた直後の汚れを記録しておくことで、その後のトラブルを回避したり、状態確認をスムーズに行うことができます。

振袖に化粧品がついてしまったら宅配クリーニングがおすすめ

荷物を詰めてスマホを触る女性

化粧品が振袖に着いてしまった時や、自分で落とさずプロに任せたいと感じたものは、早めにクリーニングを利用することがおすすめです。

一度着用した振袖には、化粧品以外にも、雨水や汗・皮脂が付着しています。放置していると、あとからシミとなって浮き上がってくるので、目立ったシミがついていなくても、保管する前に一度クリーニングをしたほうが良いです。

特に汚れが気になる振袖におすすめのサービスは、宅配クリーニングです。

宅配クリーニングとは

宅配クリーニングのフロー図

宅配クリーニングとは、配送業者が自宅まで荷物の受け渡しに来てくれるクリーニングサービスです。

ネット経由で注文するので、24時間いつでも依頼することができ、受け渡し日時にも好きな時間を指定することができます。

自宅まで荷物を取りに来てくれるので、わざわざお店まで衣類を持ち込む必要もありません。

手軽で便利なサービスなので、共働きの世帯や単身赴任中の方、子育て中で忙しい方などに人気です。

宅配クリーニングの中には、着物を取り扱っているお店も多くあります。振袖や襦袢は大きくてかさばりますし、見た目以上に重いものです。宅配クリーニングであれば、重い着物を持ち運ばずにすみます。

実際に宅配クリーニングで振袖を洗った結果

メールに添付されていた写真

私自身、式典で着用した振袖に化粧品汚れをつけてしまった経験があります。シミに気づかずに2年放置してしまっていたのですが、気づいてすぐ宅配クリーニングを利用してシミ抜きをしてもらいました。

その結果、気になっていたファンデーションのシミが落ちて汚れが気にならなくなりました。

ファンデーション汚れの他に、たもとについた黒ずんだ汚れもきれいにしてもらうことができました。

私が宅配クリーニングで振袖を洗った体験や、結果の検証は以下の記事にまとめています。

振袖におすすめの生地

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。宅配クリーニングのホームページを見てはお得で便利なお店を探すのに夢中。すぐ食べ物を服にこぼすので、効果的な洗濯方法も研究中です。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事