ストールをクリーニングするのにおすすめの頻度は?家庭でできるお手入れ方法も紹介

B! pocket

ストールを羽織る女性

冬に防寒具として役に立つのがストールです。大判のものであれば、マフラーのように首に巻くだけでなく、肩にかけて羽織ることもできます。

私自身、ストールを首に巻いたり、羽織ったりする他に、ひざ掛けとして使うこともあります。

薄手のものであれば、夏のエアコン対策や、紫外線避けにも使うことができます。

多種多様な使い方ができるストールですが、お手入れの方法に悩んでいる方が多いです。

ストールは、思っている以上に汚れがついています。定期的にクリーニングをして清潔さを保つことが必要となります。

ストールに付着している汚れ

ブランケットを羽織る女性

衣服とは違って、ストールにはあまり汚れがついていないと考えている方はとても多いのですが、実は様々な汚れがついています。

汚れがついたまま放置していると、あとでシミとなったり、虫食い被害にあったり、繊維が傷んでしまう可能性があります。

ストールにつきがちな主な汚れについてお伝えします。

首に巻くと皮脂汚れがついてしまう

マフラーを巻いた女性

ストールをマフラーのように首に巻いていると、皮脂汚れが付着してしまいます。

ストールは、肌に直接触れる機会が少ないアイテムなので、皮脂汚れや汗汚れがつくイメージはあまりありません。

しかし、首に巻く場合は肌に触れる機会が多いので、どうしても皮脂がついてしまうのです。

また、巻いた状態で動いているうちに汗をかき、その汗をストールが吸ってしまうこともあります。

首は体の中でも、皮脂や汗の分泌量が多い部分です。

一日着たワイシャツの襟が汚れてしまうのも、首周りから分泌した皮脂・汗が付着した結果といえます。

皮脂・汗がついたまま放置していると、雑菌が繁殖してにおいの原因になることがあります。

また、長期間収納するまえに、しっかりと皮脂汚れを落としておかないと、繊維を食べる虫にかじられてしまう可能性もあります。

虫にとって、皮脂・汗に含まれているタンパク質は、貴重な栄養素です。

洗い流さないまま、クローゼットにしまっていると、やがて虫食いで穴だらけになってしまうかもしれません。

長いあいだ使用しない場合は、収納前にクリーニングか洗濯をして汚れをしっかりと落とすことが重要です。

食べ物の汚れがシミになってしまう

マフラーを巻いてコーヒーを飲む女性

ストールにつきがちな汚れとして、食べ物や飲み物の汚れがあります。

特に冬は、上着を着たまま飲食をする機会が増えます。ストールを首に巻いたり、肩にかけたりしているときに飲食をすると、食べ物や飲みものをこぼしてしまいます。

コーヒーなどの飲み物は、そのままにしていると色素沈着した頑固なシミになりますし、食べ物の油は油シミとして残ってしまいます。

食べ物の汚れは、シミとして残りやすいので注意が必要です。

ストールの素材によっては、自宅で洗濯すると縮んだり傷んだりしてしまうので、すぐにクリーニング店でしみ抜きをしてもらうのがおすすめです。

シミは、ついてから時間が経てば経つほど落としづらくなります。長いあいだ放置されたシミは、プロであるクリーニング師さんでも落とすことができなくなります。

そうなる前に、早くシミ抜きをすることで、大事なストールを長持ちさせることができます。

食べ物や、飲み物のシミが気になるときは、クリーニング店で撥水加工をお願いすることもおすすめです。

撥水加工は、本来雨水や雪などの水分から服を守ってくれる加工方法ですが、食べこぼしやのみこぼしから衣類を守ってくれる効果もあります。

その他の汚れからもストールを守ってくれるので、大事で汚したくないものに加工しておくと効果的です。

撥水加工は多くのクリーニング店で、1,000円前後のオプションコースとして利用することができます。

ストールのクリーニングにおすすめの頻度は?

疑問を持つ女性

ストールについた汚れを落とすためには、定期的にクリーニングを利用することがおすすめです。

自宅で洗える素材の場合は、洗濯機や手洗いで洗うこともできますが、できればクリーニングを利用したほうが素材を傷めずに頑固な汚れもしっかりと落としてくれます。

しかし、どれくらいの頻度でクリーニングしたらいいかわからない、と感じる方も多いです。

ストールの利用頻度ごとにクリーニング利用のおすすめ頻度をご紹介します。

毎日使う場合は月に1度

マフラーを巻いた女性

同じストールを毎日使用している場合は、月に1度クリーニングを利用することがおすすめです。

毎日同じストールを着用していると、確実に汚れやダメージが蓄積されていきます。できるのであれば、同じものを連続して使うのではなく、いくつかのストールをローテーションで使ったほうが長持ちします。

しかし、ひざ掛けや冷え対策用としてオフィスでストールを利用している方の場合は、複数を使い回すことは難しいかもしれません。

その場合は、できれば月イチのペースでクリーニングや洗濯を行うことがおすすめです。

毎日使うことで素材の傷みが進んでしまわないように、摩耗や殺菌に気をつけることも重要です。

複数を使い回す場合は1シーズンに1度

ブランケットを広げる女性

複数のストールを使いまわしている場合は、一つのストールにかかる負担が軽くなるので、頻繁にクリーニングする必要はなくなります。

それでも確実に汚れはついていくので、ワンシーズンに1度は必ずクリーニングすることがおすすめです。

少なくとも、季節が変わって、収納する前には一度クリーニングをしておくことで、虫食い被害を防ぐことができます。

お気に入りのストールで、長い間使い続けたい品物であるならば、使用しているシーズン中に1回と、収納前に1回クリーニングをしておけばより効果的です。

自宅でできるストールのお手入れ

外干しされたタオル

クリーニングで定期的に汚れを落とすこと以外にも、自宅でできるストールのお手入れ方法があります。

ストールを使うたびに簡単なお手入れをするだけでも、汚れがつきにくくなったり、においや雑菌が増えることを防ぐことができます。

利用後はブラッシングする

洋服ブラシ

ストールを利用したあとに、衣類用のブラシでかるくブラッシングするだけでも、簡単な汚れを落とすことができます。

表面を生地の流れにそって数回撫でるようにブラッシングすることで、ホコリやチリを落とすことができます。

汚れが長時間生地に付着することを防げるので、においや雑菌の繁殖対策に繋がります。

使用するブラシは、衣類用のものがおすすめです。できれば、豚毛など天然素材のものをつかえば、デリケートな素材のストールに使っても安心です。

衣類用ブラシは、ひとつあれば様々なアイテムに利用することができるのでおすすめです。自宅で洗えない衣類も、さっとブラッシングするだけで大抵の汚れを落とすことができます。

家に帰ったら陰干しを

部屋干しの様子

外から帰ってきたら、ストールをしっかり乾燥させることも重要です。

ストールについた汗や水分をしっかり飛ばしておくことで、高温多湿な環境を好む雑菌をおさえることができます。

使用したストールをそのあたりにまるめておいておくのではなく、広げて風通しの良い場所で干しておくだけでも長持ちさせることができます。

においが気になる場合は、特に陰干しがおすすめです。干しておくことで、ニオイ成分が水分と一緒に生地から離れていきます。

ただし、素材によっては、直射日光を当てると傷んでしまう場合もあるので注意してください。

できれば風通しの良く、直射日光が当たらない場所がおすすめです。

冬物におすすめの記事はこちら

0件のコメント

コメントを投稿する

人気の記事