スウェット・トレーナーの毛玉・シミ対策は?おすすめのクリーニングも

B! pocket

コーヒーカップを持つ女性

少し前までは、部屋着やスポーツウェアとしての印象が強かったスウェット素材の衣類ですが、最近ではおしゃれアイテムとしての人気が高くなっています。

こうして着る機会が増えたスウェットですが、毛玉ができやすかったり、シミがついてしまったりと、トラブルも少なくありません。

ここでは、スウェットに毛玉ができにくくなる方法やしみ抜きの方法、どうしても汚れが落ちなかった時におすすめのクリーニングサービスについてご説明します。

スウェットの毛玉対策

セーターについた毛玉

スウェット生地のトラブルとしてよく挙がるのが、毛玉の問題です。

特に部屋着として使っているスウェットには毛玉ができやすいですし、見た目にもくたびれた印象になってしまいます。

部屋着ならば、めったに人目につくことはありませんが、おしゃれアイテムとしてのスウェットが毛玉だらけになってしまう場合は、自分自身の清潔感や印象に関わってしまいます。

ここでは、できてしまった毛玉を簡単に取る方法や、毛玉ができにくい洗濯の方法についてお伝えします。

毛玉ができてしまったらブラシで取る

洋服ブラシ

スウェットに毛玉ができてしまったら、衣類用ブラシでブラッシングすることがおすすめです。

ケアする際には、毛玉ができている部分を優しくブラッシングします。毛玉を取ろうと無理に力を込めると、逆に繊維が傷ついてしまうので要注意です。傷ついた繊維は毛羽立って、また毛玉になってしまいます。

また、着用後に、お手入れとしてブラッシングをしてあげる習慣をつけると、毛玉の予防になります。ハンガーにかけて上から下へ数回撫でるようにブラシを動かすだけで十分です。

ブラシは、衣類専用のものがおすすめです。さらに、豚毛や猪毛など獣毛製のブラシの方が、衣類にやさしく負担になりません。2,000円~3,000円程度で購入でき、さまざまな衣類に使うことができるので、一本あれば便利です。

衣類用ブラシは、

  • ニット製品の毛玉取り
  • カシミヤ・シルクなど天然素材のお手入れ
  • ネクタイの汚れ取り
  • 制服類のお手入れ
  • ぬいぐるみのお手入れ

などに使えます。ブラシは、自宅で洗えない素材にも使えます。定期的にブラッシングしておくだけで、多くの衣類を長持ちさせることができます。

ハサミで毛玉を切り取る

髪用のはさみ

できてしまった毛玉については、ハサミで切ってしまうのもおすすめです。ただし、事務や工作用のハサミは先が鋭く、使用すると毛玉以外の生地を切ってしまうリスクがあります。

おすすめなのはメイク用の眉バサミです。眉ばさみは肌を傷つけないよう、刃先が少し丸くなっているので、生地を傷めることなく、毛玉だけを切り取ることができます。

また、小さいので細かい作業がしやすいこともメリットです。

ハサミで毛玉を切る際には、毛玉を根本からひとつひとつ切り取っていきます。手間はかかりますが、確実にひとつずつ取ることができるので、少量の毛玉ができてしまった時におすすめの方法です。

切る時は、周りの生地を間違えて切ってしまわないように気をつけてください。

スウェットにシミがついてしまった時の対処法

シミのついたシャツ

部屋着として使ったり、普段着として着用するスウェットには、うっかりしてシミがつけてしまう場合もあります。

シミは、ついてから時間が経てば経つほど、取れにくくなります。ついてしまってからは、できるだけ早くしみ抜き処理を行うことが重要です。

スウェット地は水洗いできるので、自宅で簡単にしみ抜きを行えます。種類別のしみ抜き方法について紹介します。

しみ抜きするときには、歯ブラシが便利

歯ブラシ

自宅でしみ抜きをする時にあると便利なのが歯ブラシです。歯ブラシは、しみ抜きに使う道具として、プロのクリーニング師さん達も使っている道具です。

たとえば、自宅であるもので簡単につくれる万能しみ抜き洗剤「魔法水」を考案した横倉靖幸さんも、しみ抜き道具として歯ブラシを使うことをおすすめしています。

魔法水は、テレビでも多数取り上げられ、書籍やグッズも販売されています。考案者の横倉さんは「クリーニングの神様」と呼ばれ、運営するお店には日本だけでなく、海外からもしみ抜きの注文があるそうです。

横倉さんは、歯ブラシをしみ抜きの道具として使う理由として、歯ブラシ独自の特色をあげています。

歯ブラシは、デリケートな口内を掃除するための道具です。口の中の歯茎や粘膜を傷つけないよう、繊細な構造となっています。

衣類も口の中同様にとてもデリケートです。歯ブラシを使うことで、衣類を傷めずにシミ抜きすることができます。

食べ物のシミには食器用洗剤を使う

食器用洗剤

ミートソースやカレーなどの食べ物をこぼしてしまってできたシミには、食器用洗剤をつかうのがおすすめです。

食器用洗剤は、とくに食べ物の汚れを落とすことに特化しているので、しみ抜きにも効果的です。

しみ抜きの方法としては、

  1. シミがついた部分に食器用洗剤を垂らす
  2. 歯ブラシでポンポンと上から叩く
  3. しばらくして汚れが浮いてきたら水ですすぐ
  4. いつもどおりの洗濯をする

となっています。

このシミ抜き方法を実践する時のコツは、歯ブラシの使い方です。

はやくシミを落としたいからと、歯ブラシで力任せにゴシゴシこすってはいけません。広範囲をこすることになるので、シミが広がってしまったり、繊維が傷ついて毛羽立ってしまったりする可能性があるからです。

歯ブラシは、上からポンポンと叩くようにしてください。汚れを下に落としていくイメージです。

シミの付き方によっては、少し時間(3~5分ほど)がかかる場合もありますが、根気よくしみ抜きを続けてください。

化粧品がついてしまった時はクレンジングを

化粧品

スウェットにファンデーションや口紅など化粧品がついてしまった場合は、普段お使いのクレンジング剤を使ってしみ抜きができます。

化粧品には、食べ物がついたシミとは違う特性があります。食べ物のシミの多くは、水溶性の汚れです。水に溶ける汚れがほとんどなので、食器用洗剤を用いることでキレイに落とせます。

一方、化粧品のシミの多くには、水には溶けず、油に溶ける特性があるので、専用のクレンジングの方が、確実に汚れを落とすことができるのです。

しみ抜きの方法は、食器用洗剤を使う際と同様です。

  1. しみがついた部分にクレンジング剤をつける
  2. 歯ブラシで上からポンポンと叩く
  3. 汚れが浮いてきたら水ですすぐ
  4. 普段どおり洗濯する

食べ物のシミのときと同じく、歯ブラシは上から叩き込むような動かし方をします。

油性汚れである分、食べ物のシミよりも落ちにくい場合もあります。こすらず、時間をかけて落としてください。

自宅では落とせない時は、クリーニングの利用を

ダンボール箱を受け取る女性

ついてしまってから時間が経っていたり、ついてしまった物によっては、自宅でのしみ抜きが難しいこともあります。

その時は、クリーニングに出してプロの手を借りることがおすすめです。

スウェットの悩みとして多い、毛玉とシミを無料で解決してくれる宅配クリーニング「リネット」についてご説明します。

宅配クリーニングとは

宅配クリーニングのフロー図

宅配クリーニングは、宅配業者が自宅まで荷物を引き取り・お届けしてくれるクリーニングサービスです。

お店まで荷物を持っていかずに済み、自宅で衣類を梱包して引き渡すだけで、クリーニングが完了します。注文はネットから24時間利用可能です。荷物の発送も、コンビニの窓口から行えば、365日24時間いつでも可能です。

外出を控えている方や、日中仕事で忙しい方に人気のサービスです。

特に、

  • 忙しくて近所のクリーニング店の営業時間に間に合わない方
  • 妊娠・けがなどで外出を控えている方
  • 小さなお子様がいる方
  • お店まで衣類を持っていくのが面倒な方

の利用がとても増えています。

リネットは、スウェットのクリーニングにおすすめ

リネット ロゴ

宅配クリーニングの中でも特にスウェット地の衣類におすすめのお店がリネットです。

リネットは、宅配クリーニング業界最大手のお店で、会員数は30万人を超えています。スウェットにありがちなトラブルである、シミと毛玉に無料で対応してくれるサービスもあります。

リネットにはプレミアム会員という有料会員制度があります。プレミアム会員に登録しておけば、

  • 無料しみ抜き
  • 無料毛玉取り
  • 3000円以上の利用で送料無料
  • 深夜・早朝のお届け可能(都内のみ)
  • 最短翌日お届け(都内のみ)

などの特典を受けることができます。

しみ抜きと毛玉取りをプロが無料で行ってくれるので、衣類トラブルが起こってしまったスウェットにおすすめです。

プレミアム会員制度は、月額390円+税年会費4,680円+税を支払うことで登録できます。非常に人気のあるサービスで、初めてリネットを利用した方の85%が登録しています。

さらに、初めて利用する方は初月無料でプレミアム会員のサービスを受ける事ができます。

自動継続となってお金を請求されることもないので、一度お試しするのも良いかと思います。

リネットのスウェットクリーニング料金

宅配の料金

リネットは、宅配クリーニングの中でも比較的料金が安く、店舗型のクリーニング店とあまり変わらない値段で利用できるのが特長です。

スウェットの主なクリーニング料金は、

  • トレーナー:700円
  • スウェット(ジャージ上):1,030円
  • スウェットパンツ:1,030円

となっています。(税抜き価格)

初回は50%オフになるので、さらに安い価格でクリーニングを利用できます。

その他にリネットで人気の衣類の料金は、

  • ワイシャツ:290円
  • スーツ上:950円
  • スーツ下:660円
  • ワンピース:1,230円
  • コート:1,900円

です(税抜価格)。

リネットの利用方法

ソファに座ってスマホを触る女性

リネットの利用手順は、

  1. ネットから注文する
  2. 引き取り日時までに服を梱包する
  3. 自宅まできた配達員に荷物を渡す
  4. 工場到着後、検品・クリーニング(料金確定メールが届く)
  5. 仕上がり品を自宅までお届け

となっています。

ホームページやスマホアプリから注文できるので、24時間いつでも思い立った時にクリーニングに出すことができます。

荷物の梱包は自宅にあるダンボール箱や紙袋でも可能です。梱包する時は、雨が染み込んで衣類が濡れてしまわないように、しっかりと封をするようにして下さい。

配達員に荷物を引き渡したら、利用者がすることはほとんど終了です。あとは指定した日時に仕上がり品が届くのを待つばかりとなります。

お支払い方法は、クレジットカードか代引き決済かを選ぶことができます。代引き決済の場合は別途手数料300円がかかってしまうので、カード決済がおすすめです。

リネット公式サイトはこちら

おすすめの宅配クリーニングはこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。宅配クリーニングのホームページを見てはお得で便利なお店を探すのに夢中。すぐ食べ物を服にこぼすので、効果的な洗濯方法も研究中です。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事