魔法水でシミ抜きのプロのワザを自宅で簡単に実践する方法とは?

B! pocket

シミのついたシャツと洗剤

魔法水は、クリーニングの神様と言われる横倉靖幸さんが開発した、万能なシミ抜き洗剤です。家庭にあるもので簡単に作ることができる上に、その効果は抜群で諦めていたシミも簡単に落とすことができます。

醤油や、ソース、ワインのシミなども簡単に落とすことができます。

魔法水を使ったシミ抜きの方法

シミのついたシャツを着た男性

魔法水は、家庭にあるものですぐつくることができ、使い方も単純で難しくありません。

シミができてからあまり時間が経っていないものであれば簡単に落とすことができます。

魔法水の作り方と、使い方について紹介します。

魔法水の作り方、材料は家庭にある3つだけ

魔法水の材料は以下の3つです。

  • 家庭用漂白洗剤(酸素系):小さじ3杯
  • 重曹:小さじ1杯
  • 食器用中性洗剤:3滴

これらの材料を小皿に入れて古い歯ブラシで5回ほど混ぜます。あまり混ぜすぎると、酸素系の漂白剤と、アルカリ性である重曹が中和して効果が半減してしまうので、大体混ざったかな?と思うくらいで大丈夫です。

どれも家庭で日常的に使われているものばかりなのですぐ準備ができます。どれかないものがある場合は、最近では100均でも買えます。

費用もあまりかからないので、気軽に利用することができます。

この3つの材料の配分は、横倉さんが考えた黄金比だそうです。このバランスで魔法水を作ることが最もシミに効果があるそうなので、軽量の際はしっかり分量をはかるようにしてください。

基本的な魔法水の使い方、歯ブラシを使う

実際に魔法水を使ってシミを落とす方法は、以下の通りです。

洗濯表示を確認する
水洗いが可能な衣類かどうか洗濯表示を確認してください。
シミのできた衣類を広げる
シミの付いた部分がしわにならないように広げます。
衣類の下に乾いたタオルを引く
汚れをタオルに吸わせるので、汚れても良いものを使用してください。
古歯ブラシに魔法水をつけ、衣類の上から叩き込む
こすらず優しく叩き込みます。
下のタオルに汚れが移ったら、タオルを移動させてもう一度叩く
タオルが汚れたら、タオルの汚れていない部分に衣類を置き直してもう一度叩いてください
汚れが落ちたら、水ですすぐ
衣類に魔法水が残らない様にていねいに洗いでください。すすぎ終わったら通常通り洗濯してください。

魔法水を使ったシミ抜きをするうえで、注意していただきたいポイントは、歯ブラシの使い方です。

そもそも、シミ抜きに歯ブラシを使うのは、歯ブラシがデリケートな繊維を磨くのに適しているからです。歯ブラシは、本来口の中を磨く道具です。

口の中はデリケートな粘膜などがあり、すこしでも硬いものでこすると傷になってしまいます。歯ブラシは口内の怪我の原因とならないよう、デリケートな環境に対応した製品となっています。

なので、歯ブラシを使えばデリケートで痛みやすい衣類の生地を傷つけずにシミ抜きをすることができます。

せっかく歯ブラシを使って、繊維を傷つけないようにしているのに、シミを落としたいがためにゴシゴシとこすってしまっては意味がありません。

歯ブラシを使ってシミ抜きをする時は、上から叩くようにしてください。イメージとしては、上から叩くことで、汚れを衣類から下に敷いているタオルに移す感覚です。

歯ブラシをゴシゴシと乱暴に扱うと、繊維が傷ついて毛羽立ってしまったり、シミが広がって広範囲に及んでしまったりします。

一度シミ抜きに失敗してしまうと、クリーニング店でも処理が難しくなるので、無理にこすらないように注意してください。

醤油・ソースなどのシミ抜き方法、時間が経つほど落とすづらい

醤油やソースなどのシミ抜き方法は、基本のやり方をそのまま実践するだけで大丈夫です。醤油やソースは、水溶性の汚れです。水にとけやすいのでシミの中でも比較的落としやすいものです。

しかし、時間が経ってしまったシミは、ついてすぐのものより数段落とすのが難しくなります。

醤油などのシミは、衣類についてすぐの状態は、繊維の上に付着物がついている「よごれ」の状態です。しかし、それを放置してしまうと、繊維によごれが浸透して「染み」になってしまいます。

シミが衣類についてしまった場合は、できるだけ速くシミ抜きを行うことが重要です。

もし、ついてしまってからしばらく経ったシミを落とす場合は、より長く時間がかかることになります。

たとえば、ついてすぐの醤油やソースのシミは、大体20秒ほど歯ブラシで魔法水を叩き込むことによって落とせます。

しかし、10日以上経ったシミは、すぐに落とすことは難しいので2分ほど根気強く叩き込み続ける必要があります。歯ブラシにかける力はできるだけ均一にすると、より効果が高くなります。

ミートソースのシミ落抜き方法、事前に油汚れを落とす

ミートソースなど油分が多く、色素が強いものは、魔法水と合わせてひと手間加えることできれいになります。

まず、水:小さじ1食器用洗剤:小さじ1を小皿のうえで混ぜ合わせます。十分に混ざったら、歯ブラシですくい広げた衣類のシミの上にのせていきます。

このときも、魔法水を使うときと同様に、下に乾いたタオルを敷いていおいてください。

歯ブラシで2分ほど叩き込んだら、通常通り魔法水を使ってシミを落としていきます。

ミートソースには、油が多く含まれています。そのため、ミートソースのシミには表面に油の膜ができてしまっていることが多いそうです。

油汚れをよく落とす食器用洗剤を使って油の膜を取り除いてから、魔法水を使うことによって、難しいミートソースでもシミ抜きが簡単にできるのです。

ワインのシミも簡単に落ちる

ワインのシミも、基本の魔法水の落とし方でキレイに落とせます。

ただし、醤油やソース・ミートソースと違う反応を起こす場合があります。ワインのシミに魔法水をつけると、成分同士が反応して少し緑がかった色に変わります。

一見シミが悪化したように見えてしまいますが、魔法水の成分がワインジミを落としている証拠なので、驚かずにそのまま作業を続けてください。

ワインは色素が強いため、醤油やソースよりは時間がかかってしまう場合もあります。

魔法水を使う時の3つのポイント

魔法水を使う時に注意していただきたい3つのポイントがあります。

  • 水洗い不可の衣類には使わない
  • 作り置きをしない
  • 泥汚れやインクのシミは落ちない

まず、魔法水は水洗いができる衣類にしか使えません。漂白剤が入っているので、水洗いができない衣類をしみ抜きすると、色落ちしてしまう可能性があります。

色落ちすると、繊維自体が漂白されている状態なので、一般的なクリーニング店では元には戻せません。補色、という衣類を染料を使って染め直す技術があるお店でしか対応できなくなります。

補色によるシミ抜きを取り扱っている店は多くはありませんので、シミ抜きをする前に洗濯表示の確認は必ず行ってください。水洗いが不可でなくても、デリケートな生地で色物の服にも注意してください。

魔法水が便利だといって、たくさん作り置きしておいても意味はありません。魔法水は作られて3時間ほど経つと、材料である漂白剤と重曹が中和してしまいます。

酸素系の漂白剤と、アルカリ性の重曹が混ざることによって、中和し、お互いの効果を打ち消してしまいます。魔法水を使う場合は、その都度少量ずつ作るようにしてください。

また、魔法水は万能のシミ抜き洗剤ですが、泥汚れやインクのシミにはあまり効果がありません。食べこぼしや飲み込干し、皮脂による黄ばんだシミなどに効果があります。

魔法水の他にも横倉さん直伝のシミ抜き方法

シミのついたシャツ

横倉さんは、魔法水以外にも簡単にシミ抜きを家庭で行う方法をテレビで紹介しています。

たとえば、魔法水では効果がないとされているインクのしみや、口紅やファンデーションといった化粧品のシミは他の方法の方がキレイに落とすことができます。

どちらの方法も、家庭にある身近なものを活用するので今すぐ実践できます。

ボールペンのシミの落とし方

シミの中でも落としにくくて難しいものが、ボールペンのシミです。油性のボールペンは洗濯してもなかなか落ちませんし、魔法水でも落とせません。

ですが、家庭にある消毒用アルコールジェルを使えば簡単にシミ抜きすることができます。

アルコールジェルを使ったボールペンのシミ抜き方法は、

衣類を広げる
インクがついた表面を下向きに広げます。
シミの部分にアルコールジェルをかける
まんべんなく全体的にアルコールをかけます。
衣類の下に乾いたタオルを敷く
汚れを移すので、汚れがついても良いものを使用してください
歯ブラシで上から叩き込む
タオルが汚れたら、敷いている位置を変えて何度か繰り返してください。

魔法水を使うときと違う点は、シミがついた面を下側にすることです。ボールペンのシミはそうすることでより落ちやすくなります。

歯ブラシは、魔法水のときと同じように上から優しくトントンと叩き込んでください。シミの範囲が広い場合は時間がかかる場合もあります。焦らずていねいに続けてください。

シミが落ちたら、水ですすいでから通常通りの洗濯をします。

余ったアルコールは引き続き、消毒液として使えるので無駄にはなりません。

口紅のシミを落とすにはクレンジングを

口紅やファンデーションなどの化粧品も、落とすのが大変なシミの一種です。特に、ウォータープルーフなど落ちにくいのがうりとされている商品は、一度衣類についてしまうとなかなか取れません。

化粧品のシミを落とすには、化粧品を落とすにはもってこいの、クレンジングを使います。クレンジングの種類は、オイルやミルクなどできるだけ液状のもののほうが扱いやすいかと思います。

方法は、ボールペンのインクを落とす場合と似ています。

シミがついた面を下にして、さらにその下に乾いたタオルを敷きます。クレンジング材を上からかけたら、歯ブラシでポンポンと叩きます。

シミの落ち具合によって、時間は調整してください。大方の汚れが落ちたら、あとは水でクレンジングを流してから通常通りの洗濯を行います。

シミ抜きに関する記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。宅配クリーニングのホームページを見てはお得で便利なお店を探すのに夢中。すぐ食べ物を服にこぼすので、効果的な洗濯方法も研究中です。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

人気の記事