万能シミ抜き液「なんでもとれーる」で、不入流(いらずりゅう)洗濯を家庭で実践する方法

B! pocket

干されたワイシャツ

不入流とは、「いらずりゅう」と読みます。

不入流とは、クリーニングのシミ抜き技術の流派です。

どんなシミでも落とすことができると評判の技術で、1981年に高橋勤さんによって解説されました。

そんな中、高橋さんが最近テレビ番組で、家庭でも簡単に作ることができる万能シミ抜き液を紹介しました。

このシミ抜き液は、不入流で「祖主スペシャル」と呼ばれ、実際にクリーニング現場で使われているものです。

その洗剤を呼びやすいように「なんでもとれーる」と改名したものが、頑固なシミを簡単に落とすことができると話題を呼んでいます。

「なんでもとれーる」の作り方や使い方、シミが落ちる原理についてご説明します。

なんでもとれーるは1,000円以内で作れる万能シミ抜き液

なんでもとれーるは、3つの材料を混ぜるだけで作ることができる万能シミ抜き液です。

材料はどれも薬局やドラッグストアで買えるものばかりなので、手軽に作ることができます。

なんでもとれーるは石けん、重曹、アンモニア水を混ぜるだけで作れる

なんでもとれーるに必要な材料は以下の3つです。

  • 固形石けん
  • 重曹
  • アンモニア水

石けんはご自宅にある洗濯石けんで大丈夫です。特別なものである必要性はありません。

重曹も家にあるもので大丈夫です。もしない場合は、100円ショップで購入できます。

アンモニア水は、ホームクリーニング用品として薬局やドラッグストアで買うことができます。100mlあたり400円程の価格です。

これら3つの材料は、全て新しく買いそろえたとしても1,000円以内でおさまります。

なんでもとれーるの作り方は、この3つを石けん3:重曹2:アンモニア水1の割合で混ぜるだけです。

その際、石けんはおろし金で削って粉末状にする必要があります。

わざわざ粉末にするのが面倒な場合は、最初から粉末状にされた石けんも安価で販売されています。

なんでもとれ~るの作り方 粉末状の石けん3:重曹2:アンモニア水1 を混ぜるだけ

歯ブラシで叩きこんで使う

なんでもとれーるを使ったシミ抜き方法は、とてもシンプルです。

  • シミのある部分に、古い歯ブラシでなんでもとれーるを叩きこむ
  • 30分程置いておく
  • 水でしっかりすすぐ
  • 通常の洗濯をする

なんでもとれーるを古い歯ブラシに取り、シミの上にのせていきます。この時、ゴシゴシとこすりつけると生地を傷めてしまいます。

上からトントンと叩き込むように浸透させていくのがコツです。しばらくするとシミの汚れが浮いてくるので、そのまま30分ほど置いておきます。

30分後、しっかりと洗剤を洗い流してから通常通りの洗濯をします。

なんでもとれーるを作るときに色付きタイプの石けんを使えば、石けんの色がすすぎの目安になります。

応用編 タイプ別なんでもとれーるを使ったシミ抜き方法

カットされた大根

なんでもとれーるは、様々なタイプの汚れに対応したシミ抜き液ですが、他のアイテムと組み合わせることでより洗浄力を高めることができます。

その具体例をいくつかご紹介します。

シャツのえり、そでのシミ抜きには大根の酵素を活用

シャツのえりやそでは一日着ただけでもシミになり、洗濯洗剤だけではなかなか落とすことが難しいです。

汗や皮脂だけでなく、たんぱく質の汚れもついてしまうことが原因です。

そんなシャツの汚れには、大根を活用したシミ抜き法が有効です。

  • 切った大根に碁盤の目状に切り込みを入れる
  • 大根になんでもとれーるをつけ、シミの部分をこする
  • 30分つけおきする
  • よくすすいでから、通常の洗濯をする

この一手間を加えることで、シミをきれいに落とすことができます。

その理由は、大根に含まれているジアスターゼという酵素にあります。

ジアスターゼはタンパク質を分解する酵素です。

焼き魚に大根おろしが添えられているのは、魚のタンパク質消化を助ける役割があるからです。

ジアスターゼの効果で、タンパク質で固まった汚れも分解、洗浄することができます。

スーパーなんでもとれーる オキシドールが黄ばんだシミに効く

黄ばんだまま放置されたシミは、色素が沈着していてなかなか落としきることができません。

そこで、漂白効果のあるオキシドールをなんでもとれ~るに加えることで、衣類の白さを取り戻す効果がアップします。

開発者の高橋さんは、この洗剤に「スーパーなんでもとれーる」と名前をつけています。

オキシドールは薬局やドラッグストアで100mlあたり300円~400円前後で販売されています。

余ってしまった場合は、傷口の消毒に使ったり、トイレや台所の殺菌剤としても使えます。

スーパーなんでもとれーるを、黄ばんだシミにのせ、歯ブラシで叩いていきます。

そのままオキシドールの漂白成分が浸透するのを待ち、30分ほど経ったら洗い流します。

あとは通常の洗濯をすることでシミをきれいに落とすことができます。

この方法を利用する際の注意点として、オキシドールは消毒液として使われる毒性の低い液体ですが、劇物です。

口に入っても無害な物質に分解されますが、眼に入ると強い刺激があります。取り扱う際は十分注意してください。

靴下の黒ずみの落とし方 圧力なべの熱と力で落とす

お子様のいる家庭で困るシミが、靴下の黒ずみです。

靴下の黒ずみの原因は、強い圧力でこすりつけられた汗や皮脂です。足の裏は体重を乗せる場所なので、常に強い力がかかり、その力が繊維を奥までしみ込ませてしまいます。

靴下の黒ずみを落とすために便利なアイテムが圧力なべです。

シミ抜きの手順は以下の通りです。

  1. 靴下の汚れた部分になんでもとれーるを塗りこんで、圧力なべに入れる
  2. 靴下が沈む程度に水を入れる。
  3. 削って細かくした固形石鹸(粉末石けんでも良い)を入れる
  4. 火をつけ圧力をかける。
  5. 5分経ったら火からおろし、水ですすぐ
  6. 通常通りの洗濯をする

圧力なべは、具材にはやく味をしみ込ませることができる調理器具です。

その特徴を活かして、洗浄成分をはやく汚れに浸透させることができます。

熱と圧力を同時に与えるため、しみ込んだ汚れを浮かす効果もあります。

圧力なべを使ったシミ抜き方法は、色物には使えません。

高温のお湯を使った洗浄は、色落ちの原因となるので注意してください。

またこの方法でシミ抜きを行った後は、十分になべの洗浄を行ってください。

万能シミ抜き液の効果 材料全てがプロに使われるアイテム

なんでもとれ~るの材料となっている3つのアイテムは、その全てが単体でシミ抜き効果のあるものばかりです。

その効果はプロも認めていて、実際にクリーニング店でのシミ抜きにも使われています。

材料である石けん、重曹、アンモニア水それぞれ異なる特徴があり、適した汚れがあります。

石けんは、シャツのえりやそで汚れを落とすのに使われています。洗濯する前に汚れた部分に塗っておけば、そのあと洗濯機で洗うだけで頑固な汚れを落とす効果があります。

汗や皮脂汚れを浮かせるので、ワイシャツや肌着の黄ばんだシミを落とすのに適しているのです。

重曹もシミ抜きによく使われているアイテムです。重曹は石けんと同じく、汗や皮脂汚れを落とす効果があります。

重曹水を触るとぬるぬるすることがありますが、これは重曹のたんぱく質を分解する特性が関係しています。手の皮脂やタンパク質が分解されるため、ぬるぬるとした感触になります。

ですので、重曹水は直接触りすぎると手荒れの原因にもなります。洗濯で利用する際は、手袋を併用するなどの対策が必要です。

重曹はたんぱく質汚れを落とすことができるので、食べこぼしのシミをきれいにすることができます。

3つめのアンモニア水も、実は洗濯で使うことのできるアイテムです。

すぐに蒸発してしまう揮発性の液体なので、丸洗いが難しいコートや制服などのホームクリーニングに使われています。

布につけて拭き洗いをすることで皮脂汚れを落とすことができます。また、石けんと合わせることで、石けんの洗浄能力を高めることができるのも特徴です。

アンモニア水は大量に吸い込むとむせ込んでしまうので、扱うときは顔に近づけすぎないようにしてください。風通しの良いところで取り扱うこともポイントです。

石けん、重曹、アンモニア水の3つの共通点は、「アルカリ性」であることです。

アルカリ性と言えば、洗浄力の強い洗濯洗剤の多くは「弱アルカリ性」です。

その理由は、洗濯物の汚れは酸性が多いからです。アルカリ性の洗剤は酸性の汚れを中和し、落としてくれます。

食べこぼしの油や、果物ジュース、ワインなどが代表的な酸性の汚れです。

またアルカリ性洗剤は酸性の臭いを中和して落とすこともできます。

なんでもとれーるは、洗浄効果の高いアルカリ性のアイテムを合わせたハイブリッド洗剤なのです。

どうしても落ちないシミは不入流(いらずりゅう)にシミ依頼ができる

なんでもとれーるを活用してもどうしても汚れが落ちない場合は、プロに任せると確実なシミ抜きをしてくれます。

シミは時間が経つほど落としにくくなっていくので、早めにお店に出すことがおすすめです。

なんでもとれーる開発者の高橋さんが創設した不入流(いらずりゅう)では、シミ抜きの依頼を受け付けています。

シミ抜き流派の不入流(いらずりゅう) サービスや家庭で使えるシミ抜き液を紹介

不入流は、着物やブランド衣類のシミ抜きが専門のお店です。一般衣類のシミ抜きをしてほしい場合は、全国に不入流の看板を掲げるクリーニング店があります。

不入流の看板は、厳しい試験を突破した人にしか掲げることができないので、どのお店も高い技術が保証されています。

ホームクリーニングと、プロのクリーニングを併用することで、より衣類を清潔に保つことができます。

しみ抜きに関する記事はこちら

0件のコメント

コメントを投稿する

人気の記事