ムートンブーツのお手入れ方法、雨に濡れてしまった時の対処法

B! pocket

ムートンブーツ

寒い冬にあると便利なくつがムートンブーツです。保温性が高く、足元を冷えから守ってくれます。

羊の毛皮の裏側を加工したもので、熱逃さず機能性も高く、独特の肌触りや風合いが人気です。しかし、天然繊維である分、お手入れ方法が難しく、シミや汚れが付着しやすい特徴があります。

ムートンブーツのお手入れ方法について詳しくご説明します。

毎日できるムートンブーツのお手入れ方法

ムートンブーツ

ムートンブーツを長持ちさせるには、履く度に簡単なお手入れをしておくことが重要になります。

その日付着した汚れやダメージを、その日のうちに取り除くだけでも、シミや傷となる可能性を低くしてくれます。

買ったらすぐに防水スプレーを

撥水加工をした生地

まず、ムートンブーツを購入したら、履いて出かけるまえに防水スプレーを吹きかけることがおすすめです。

ムートンブーツの汚れの多くは、雨や泥などの水分を多く含んだ汚れです。防水スプレーをしておくことで、生地に水分が染み込みにくくなり、あとからシミになってしまうことを避けられます。

防水スプレーをしておくと、生地表面がコーティングされるので、雨や雪、泥以外の汚れも付着しにくくなります。チリやホコリもすぐ落とせるようになって、お手入れが楽になるのでおすすめです。

スプレーを吹きかける量や回数にも一手間を加えるとより効果が高くなります。

多くの人が、一回に使用する防水スプレーの量が少なくて、十分に効果が出ない状態のまま履いてしまっているようです。

メーカーごとに必要な量はことなるので、お手持ちのスプレーの説明を読んで正しい量を使用してください。

また、防水スプレーの効果はやがて落ちてきます。定期的にかけ直すことで、撥水効果を持続させることができます。

もう一度スプレーをかけなおす時は、事前にブラッシングなどを行って、付着した砂やほこりを払い落としてからにしてください。

汚れがついたままスプレーをかけても効果が出ないことがあります。

帰宅したら軽くブラッシングを

洋服ブラシ

ムートンブーツにできる最も簡単なお手入れ方法として、ブラッシングがあります。ブラッシングをしてあげることで、日々の細かい汚れがおち、付着したまま固まってシミになることを防いでくれます。

さっと撫でるようにブラッシングするだけでいいので、1足分1分もかかりません。

一般的なブラシは毛が硬くて傷んでしまうこともあります。おすすめは、馬毛などの天然繊維で作られたブラシです。シューズブラシとして様々な商品が販売されています。

革靴などにもそのまま使えるので、一つあるといろんな靴のお手入れができるようになります。

帰宅してムートンブーツを脱いだら、毛の流れに沿うように優しく数回撫でます。

ブラシは毛が短めのもののほうが、軽いタッチでブラッシングでき、女性でも簡単なのでおすすめです。

一度履いたらしっかりと陰干しを

ムートンブーツは保温性が高い一方で、湿気が逃げづらい特徴もあります。ブーツを履いていると、寒い時期でも足先に汗をかきやすく、湿気が残りやすくなってしまいます。

履いた後に湿気のケアをせずにいると、雑菌が増えてしまったり、カビが生えてしまったりします。

それらを防ぐために重要なのが着用後の陰干しです。陰干しをしてしっかりと湿気を飛ばすことで、カビが生えてしまうことを防げます。

できれば連続して履くのは避けて、ブーツを休ませるようにしてください。

陰干しするときに、乾燥剤を一緒にいれておくのもおすすめです。

しっかりとブーツの中を乾燥させておかないと、菌やカビだけでなく、においの原因にもなります。

においが気になるからと、消臭スプレーを使用しても、スプレーの水分が乾かないままにまた着用すると、においが悪化してしまうことがあります。

消臭スプレーを使ったあとも油断せず、しっかりと乾かすようにしてください。

早く乾燥させてしまいたいからと、ドライヤーなどで無理やり乾かすことは厳禁です。

ムートンブーツの素材は非常に繊細なので、ドライヤーや乾燥機の熱は負担がかかります。生地が急速に劣化してしまうので、必ず自然乾燥をさせてください。

ムートンブーツが濡れた時の対処法

ムートンブーツ

ムートンブーツのトラブルで特に大変なのが、雨や雪で濡れてしまったときです。天然素材であるムートンブーツは、濡れたまま放置してしまうと、シミとなってずっと跡が残ってしまいます。

一度の雨で、ブーツそのものがだめになってしまう可能性もあるため、水分には細心の注意が必要です。

しかし、あまりに神経質にならずとも、濡れたときにすぐに対処すれば、跡も残らずに済むのです。

ムートンブーツが濡れてしまった時の対処法についてお伝えします。

濡れタオルで汚れを拭き取る

外干しされたタオル

雨や雪などでムートンブーツが濡れてしまったら、濡らしたタオルで汚れを拭き取ります。

ムートンブーツには水分が大敵と言われているのに、なぜ濡れタオルかというと、湿らせたタオルに汚れを移すためです。

雨や雪などには、泥や大気中の汚れがたくさん含まれています。濡れタオルを使って、その汚れをきれいに拭き取ります。

しっかりと拭き取ることで、あとからシミになることもなく、長く履き続けることができます。

具体的な方法としては、

濡れタオルを用意する
タオルを濡らしてからできるだけ固く絞る
よく濡れてしまったところから拭いていく
優しい力を使って、ブーツを全体的に湿らせていきます。

となります。

タオルを使う時はゴシゴシと力いっぱいこすらずに、上からポンポンと叩くようにしていきます。

ブーツを全体的に水分を染み込ませてから乾かすことで、乾燥後のムラがなく、雨が染み込んだところが悪目立ちするのを防いでくれます。

ちょうど良いタオルがない場合はスポンジなどを湿らせて使うこともできます。

形を整えて乾燥させる

水拭きしたあとは、形を整えてからしっかりと乾かして行きます。

直射日光の当たらない、風通しの良い場所に置いて残った水分を飛ばしていきます。ムートンブーツが濡れてしまうと焦ってしまって急いで乾かそうとしてしまいがちですが、1~2日ほどかけてじっくり乾かすことが重要です。

水分が中の方まで染み込んでいる時は、新聞紙などを丸めて入れておくと、形も整えられる上に、水分を吸ってくれるのでおすすめです。

あくまで、ドライヤーや乾燥機は使わずに自然乾燥をするようにしてください。必要以上の熱を与えると、生地がひび割れたり縮んだりすることがあります。

乾燥がおわったら、ブラッシングをして毛並みを整えてから保管してください。

軽くブラッシングするだけで、生地の状態を整えることができます。

どうしても落ちない汚れは宅配クリーニングに

様々なブーツ

お手入れをしても、落としきれない汚れがついてしまった場合は、靴クリーニングの利用がおすすめです。

プロにおまかせすることで、素材に適したお手入れやしみ抜きを行ってくれます。

ムートンブーツについてしまったシミは、元通りに戻すのは難しいです。シミを目立たなくするためには、シミの上から染料を塗る方法が最も効果的です。

靴クリーニングの職人さんであれば、様々な靴の状態に合わせて、シミの染色作業を行ってくれます。

今回は、靴クリーニングの中でも宅配クリーニングサービスについてお伝えします。

宅配クリーニングとは

ソファに座ってスマホを触る女性

宅配クリーニングとは、宅配業者が荷物の引取とお届けを代行してくれるクリーニングサービスです。

ネットで注文ができ、自宅まで荷物の受け渡しに来てくれるので、日中忙しいご家庭の方に人気のサービスです。

最近は、衣類のクリーニングだけでなく、靴や和服、寝具のクリーニングを行っているお店が増えてきています。

宅配クリーニングの特徴として、

  • 24時間いつでも注文できる
  • お店まで品物を持っていかなくてすむ
  • 全国どこからでも利用できる

などがあげられます。

宅配クリーニングはネットから注文を行うので、24時間いつでも注文することが可能です。近くのクリーニング店の営業時間に間に合わない方や、夜勤をしているかたでも簡単に利用できます。

また、宅配業者が自宅まで来てくれるので、荷物をお店まで持っていく必要はありません。重いものでもためらうことなく預けることができます。

そして、全国どこからでも利用できるのもメリットとしてあげられます。利用するクリーニング店は、実際に品物を持ち込める近所のお店から選ぶことが一般的ですが、宅配クリーニングであれば、全国各地のお店を利用することができます。

遠方にある、専門性の高いお店にも気軽に依頼できて便利です。

ムートンブーツ宅配クリーニングを利用するメリット

荷物を詰めてスマホを触る女性

ムートンブーツはかさばって重いので、クリーニング店まで持っていくのに手間取ります。

また、取り扱っているクリーニング店が少ないので、生活エリアに靴クリーニングを任せられるお店があることも珍しいです。

宅配クリーニングであれば、いつでも専門店にお願いすることができます。衣類クリーニングをやっている個人店が靴類も預かってくれることはありますが、やはり専門店のほうが高い技術で対応してくれます。

さらに、お店までブーツを持っていく必要もなく、梱包した荷物を配達スタッフにわたすだけで良いのもおすすめの理由です。

どうしても取れないにおいやシミ、カビなどに悩んだら宅配クリーニングを利用することもおすすめです。

靴におすすめの記事はこちら

0件のコメント

コメントを投稿する

人気の記事