ワイシャツにおすすめの宅配クリーニング、価格やオプションを徹底比較

B! pocket

畳まれたシャツ

プロ仕様の仕上がりが好きで、ワイシャツは必ず毎回クリーニングという方は少なくありません。自宅で洗濯するよりもパリッとした仕上がりと着心地にやみつきになる方が増えてきているのです。

ただ、普段スーツで仕事をしている方にとってワイシャツは毎日着るものです。こまめにクリーニング店に持ち込むことは大変です。

そこで、簡単に手間をかけず利用できるのが宅配クリーニングです。宅配クリーニングを使ってワイシャツをクリーニングすることで、時間も手間もかけずにプロ仕上げのワイシャツを着続けることができます。

本記事では、ワイシャツを洗うのにおすすめの宅配クリーニングのサービス内容を比較します。ワイシャツクリーニングの価格の安さや、適したオプションがあるかなどを基準に3社選んでいます。

今回取り上げるのは、リネット、ネクシー、ピュアクリーニングプレミアムの3社です。

ワイシャツを宅配クリーニングに出す時のポイント

荷物を受け取った女性

ワイシャツを宅配クリーニングに出すとき、お店選びにはいくつか注意していただきたいポイントがあります。宅配クリーニング店の料金設定です。

宅配クリーニングの料金は、服の種類それぞれに料金が設定されている単価型と、○点○○円と決められた詰め放題形式のパック型の2つがあります。

それぞれのメリットとデメリットを簡単にまとめると以下のようになります。

単価型 パック型
特徴 衣類ごとに値段が異なる パックで料金が決まるので、1点ごとの料金は均一
メリット 単価の低い衣類を出す時にお得 単価の高い衣類を出す時にお得
デメリット 単価の高い衣類をまとめて出すと割高 単価の低い衣類ばかり出すと割高

単価型は衣類ごとに値段が違いますが、パック型の場合は全体の料金が決まっているだけなので1点あたりの料金は同じになります。そのため、パック型は一般的にクリーニング料金が高いとされている衣類をまとめて出すことでお得になります。

コートやセーターなどの衣類は単価が高くなりがちですが、パック型の宅配クリーニングを活用することで1点1,000円以下で利用できます。しかし、もともと単価の低いワイシャツやブラウスなどをまとめて出すと、1点あたりの単価は割高になってしまいます。

ワイシャツを宅配クリーニングにだす場合は、できれば単価型を利用した方がお得になる可能性が高いです。かといって、単価の低いワイシャツ1枚だけだと、送料が割高になってしまう場合もあります。できればある程度まとめて出した方がお得に利用できるかと思います。

リネットのワイシャツクリーニング

リネット ロゴ

リネットは宅配クリーニング業界最大手のお店です。会員数は30万人を超えています。

スマートフォン用のアプリも配信されているので、簡単に利用できることもポイントです。リネットのサービスについて説明します。

リネットの特徴、有料会員になればさらにお得で便利に

ソファに座ってスマホを触る女性

リネットは、30万人以上の会員がいる宅配クリーニング業界最大手の企業です。

利便性が高く、スマホアプリから簡単に注文できます。また、東京都内にお住まいの方は、出した翌日に納品してくれるサービスや、早朝・深夜に1時間単位で配達をしてくれるサービスもあります。

料金も、一般的な店舗型の宅配クリーニングと変わらない安さなので、気軽に利用することができます。

また、リネットにはプレミアム会員という有料会員制度があります。

月額390円+税か、年会費4,680円+税が別途必要になる制度となっており、初めてリネットを利用する方は、初月分の会費が無料になります。

リネットの便利なサービスのほとんどは、このプレミアム会員限定のサービスとなっています。

  • 3,000円以上利用で往復送料無料
  • 最速翌日お届け
  • 早朝・深夜に荷物を受け取れる
  • シミ抜き、毛玉取りなどの無料サービス
  • トラブル時の保証

これらがプレミアム会員限定サービスです。

がついてくるので、十分「もとを取れる」内容となっています。

送料は、通常会員だと10,000円分以上利用で初めて無料になるので、相当な量を出さないといけません。規定額より利用料金が少ない場合は、別途送料1,800円が必要です。

継続的に、3,000円以上のクリーニングを利用する場合は、プレミアム会員に入会したほうがお得になります。

リネットのサービスは、その大半がプレミアム会員限定です。ある程度プレミアム会員になることが前提なのかな?と思います。

実際、利用者の大半がプレミアム会員に登録しているそうです。

プレミアム会員は、会費以上に割引される額が大きいので、入会して損をするサービスではありません。しかし、有料会員に抵抗がある方にはおすすめできないかもしれません。

リネットの利用方法と料金

スマホを持って笑う女性

リネットは宅配クリーニングなので、スマホやパソコンから24時間いつでも注文することができます。一度アカウントを取得してしまえば、スマホアプリからも気軽に利用できます。

リネットを利用するときの手順を簡単にまとめると以下のようになります。

  1. スマホ・パソコンから注文を行う
  2. 後日自宅に発送キットが届く
  3. 案内に従って衣類を梱包する
  4. 事前に指定した日時に配達員が集荷に来るので、荷物を渡す
  5. クリーニング終了後に自宅まで返却される

となっています。発送は、ご自身でダンボールや袋を用意して梱包する方法と、リネットからダンボールを用意してもらう方法があります。プレミアム会員のみ、無料でダンボール箱を用意してもらうことができます。

個人的には、手頃な箱や袋が手元にあるのであれば、ご自身で用意された方が良いかと思います。一度、リネットにダンボールを用意してもらったのですが、玄関先で配達員の方が待っているなかでの梱包は気を使うし、慌ただしくなってしまいます。

自分で箱を用意するのであれば、コンビニに持ち込んで発送をお願いすることもできて便利です。コンビニなら24時間いつでも荷物を預けられるので、集荷時刻に在宅する必要もありません。

後日きれいにクリーニングされた衣類が自宅まで届きます。

私が実際にリネットでニットとブラウスをクリーニングした経験は以下の記事にまとめています。発送時の梱包についても詳しく触れていますので、よければ参考にしてください。

リネットのワイシャツクリーニングの料金は、1枚につき290円+税となっています。初めて利用する方は、全品半額になるので145円+税です。一般的なクリーニング店と変わらない価格でワイシャツクリーニングを利用することができます。

この場合は、ワイシャツはハンガーに吊るした状態で返却されます。輸送中に、細かいシワがついてしまうこともありますが、しばらく陰干ししておけばすぐに取れます。

私がブラウスのクリーニングを利用した時も、すそに細かいシワが着いていました。しかし、気になるような跡にはなりませんでした。

リネット公式サイトはこちら

ネクシーのワイシャツクリーニング

ネクシーのロゴ

ネクシーは長崎の老舗クリーニング店が運営している宅配クリーニングです。他のお店が高めの料金を設定して提供しているような、ハイクオリティなサービスを全ての衣類に行っています。

無料シミ抜きサービスなどもあり、汚れたワイシャツでも安心して預けることができます。

シミ抜きが無料なのに徹底的 ネクシーのこだわり

畳まれたシャツ

ネクシーでは「全て手仕上げのクオリティ仕上げ」と称し、1点1点全ての衣類を職人がていねいに洗い上げています。

こだわりのサービス内容は、

  • 無料のシミ抜きには京シミ抜きの技術を使用
  • 全品職人による手仕上げ
  • 透き通ったキレイな溶剤しか使わない

といった点があげられます。

店舗型、宅配型問わず、クリーニングの口コミの中には戻ってきた衣類が石油くさいと不満に思う声が少なからずあります。

クリーニングの際に使う溶剤が、洗濯機の中で汚れと混ざることで参加して腐ってしまうので、匂いが発生するのです。

臭い残りを防ぐため、ネクシーでは酸化して濁った溶剤は使用せず、常に透明な溶剤を使うことでキレイに洗い上げています。

また、徹底的なシミ抜きを行ってくれる点も、ネクシーのこだわりの一つです。

着物のシミ抜きを施すために高度な技術が発展した京都のシミ抜き技術を取り入れ、どんなシミでもできる限りの手段を使ってシミ抜きを実施してくれます。

他の宅配クリーニング店でも無料のシミ抜きサービスはありますが、あくまで無料サービスの一部であり、シミ抜きができる範囲には限りがあります。頑固なシミが付着している場合は別途シミ抜き料金が必要になる場合もあります。

ネクシーでは、無料サービスだからここまでしかできないという妥協はありません。

徹底的にシミと向き合い、ネクシーの技術でできる全ての手法を使って最善を尽くすと宣言しています。

実際、ネクシーの職人が運営するブログ「Sentaku LABO」では、他のクリーニング店で漂白した結果白く色ぬけしてしまったニットの補色を行う工程が紹介されています。

衣類の「キレイ」に対するこだわりぬいた姿勢が、ネクシーの人気の理由となっています。

ワイシャツ1枚350円 ネクシーの料金設定

洗浄の質が高いとなると、気になるのはその料金設定だと思います。

ネクシーでは、服の種類それぞれに料金を設定する形をとっています。

具体的には,

  • ワイシャツ:350円
  • ブラウス:660円
  • ジャケット:960円
  • ズボン(背広・礼服):660円
  • セーター:660円

※料金は税別価格です。

といった価格になっています。

衣類それぞれに料金が設定されている単価型なので、点数を気にすることなく少量から出すことができます。

常に割引価格、送料も無料になるコース会員 

ネクシーをさらにお得に利用したい方には、コース会員制度の活用がおすすめです。

ネクシーには2つのコース会員制度があります。

  • ビジネス会員
  • メンバーズ会員

この2つのコースのメリットは以下の通りです。

  1. いつでも料金が割引される
  2. 3,000円以上の利用で送料が無料になる
  3. サプライズクーポンが配布される

ビジネスコースは、ビジネスに関する衣類のみ割引価格になるコースで、ワイシャツやスーツを頻繁にクリーニングに出したい方におすすめです。

通常会員と、コース会員の料金を比較すると

種類 通常会員 ビジネスコース メンバーズコース
ワイシャツ 300円 250円 250円
ジャケット 960円 810円 810円
セーター 660円 660円 560円
コート 2,000円 2,000円 1,700円

※料金は税抜価格です

となります。

ちなみに、会員となるには

  • ビジネスコース:月額150円+税
  • メンバーズコース:月額300円+税

の会員費が必要となりますが、たくさんクリーニングに出すほど、割引金額も大きくなりますので、たくさんクリーニングに出したい方にはお得な制度となっています。

例えば、ワイシャツ5枚、スーツ上下2着を毎月クリーニングしているという方の場合、

  • 通常会員:4,750円+税
  • ビジネスコース会員:4,140円+税

(コース会員の金額には月額会費を加算しています。)

一月で610円、年間だと7,320円お得になります。

ネクシー公式サイトはこちら

ピュアクリーニングプレミアムのワイシャツクリーニング

ピュアクリーニングのロゴ

ピュアクリーニングプレミアムは、特に品質の高いクリーニングを提供しているおしゃれ着向きの宅配クリーニングです。特徴として、オゾンクリーニングを取り扱っている点があります。

オゾンクリーニングは、通常のクリーニングよりも汚れを取る効果が高く、脱臭効果も見込まれます。そのため、汗や皮脂が付着しやすいワイシャツのクリーニングに適しています。

料金は少し割高になりますが、その分仕上がりはよいです。ワンランク上の仕上がりを求める方におすすめのクリーニングです。

ピュアクリーニングプレミアムのサービス内容

トレンチコート

ピュアクリーニングには、3つのコースがあり、それぞれに適した衣類が違います。

特に、最近話題で様々な企業が取り上げているオゾンクリーニングは、一番お手軽価格のコースですが、十分な洗浄力と殺菌力があります。

その他にも、ていねいなメンテナンスや職人による手仕上げも、ピュアクリーニングの特徴です。

3つのコースの具体的な内容や、実際の利用方法についてご説明します。

ピュアクリーニングの3つのコース、オゾンコース、シリコンコース、メンテナンスコースのそれぞれの特徴は、

オゾンクリーニング
オゾンを含んだ高い洗浄力や殺菌力を持つ洗浄液で洗うコース。水溶性の汚れにも強く、漂白力も高い。素材に合わせた温度で乾燥させるので、生地が傷むリスクが少ない。
また、1点ずつ職人が手仕上げで仕上げるので、型崩れも起きづらい。
シリコンコース
化粧品にも使われる、シクロメチコンというシリコン成分を使って洗浄を行うコース。衣類がコーティングされて、汚れや傷を寄せ付けないようになる。摩擦が少ない洗浄方法なので、縮みやすい衣類に向いている。
衣類の手触りや柔らかさも新品のようになる。
メンテナンスコース
ドライクリーニングのあとに、水洗いで2度洗いを行う。油溶性の汚れ・水溶性の汚れの両方が落ちるので、保管する時に汗ジミや黄ばみも起きにくい。
特殊シミ抜きを行うため、他店では落ちにくいシミもキレイに落ちる。ピュアクリーニングで用意されているメンテナンスを全て行う。

となっています。

オゾンコースで使われる、オゾンを使ったクリーニングは最近話題の洗浄方法です。

オゾンといえば、オゾン層が思い浮かびます。

地球上にはオゾンガスの層があり、地球を包み込んでいます。オゾン層があることで、地上に届く紫外線量は少なくなり、我々を守ってくれています。

そのオゾンガスをクリーニングに用いることで、洗浄力をアップさせる方法が、オゾンクリーニングです。

オゾンは、単体だと非常に不安定な物質です。常に何かとくっつこうとします。その性質を利用し、衣類の汚れにオゾンをくっつけます。

すると、オゾンはくっついた成分を急激に酸化させてしまいます。酸化することで、汚れ成分やにおいの元が無害化されます。

本来洋服についたにおいの元は、水に溶けやすい性質があるので、水を使わないドライクリーニングでは落としづらい傾向にありました。

オゾンを使うことで、水を使わなくてもにおいをすっきり落とせるようになったのが、メリットの一つです。

それぞれ特徴の異なる3つのコースですが、クリーニングしたい衣類の種類や、目的によっておすすめが変わってきます。

具体的には、

オゾンコース
綿・化繊で作られた衣類。普段から良く着るために、汚れが気になるもの。
シリコンコース
ウール・カシミヤなど縮み・型崩れが気になるもの。素材の手触りを長持ちさせたいもの
メンテナンスコース
スーツやコートなど、汚れやにおいのつきやすいもの。保管期間が長く、汗ジミやカビが気になるもの。取れないシミがついたもの。

となっています。

それぞれの衣類に合わせたコースを選ぶことで、大事な衣類をより長持ちさせることができます。

ワイシャツのクリーニングにおすすめなのは、オゾンコースです。

オゾンコースを利用した場合、ワイシャツのクリーニング代金は、ハンガー仕上げの場合は380円+税です。畳んだ状態での仕上げの場合、450円+税となります。

メンテナンスコースの場合は1,200円+税です。

利用方法、最短返却は7営業日後

ピュアクリーニングを利用する際は、ホームページより注文が必要です。

クリーニングの主な流れは以下のとおりです。

ホームページより注文
住所や連絡先など必要事項を入力する。クリーニングに関する希望がある場合は備考欄に記入する。
衣類を梱包、発送する。
自宅にあるダンボールなどに衣類を入れて発送する。宅配業者に集荷に来てもらうか、コンビニから送る。利用料金が12,000円以上の場合は着払いで送る。
後日クリーニングされた衣類が自宅まで返却される
送料は利用料金7,000円未満の場合、1,000円かかる。

ピュアクリーニングでは、集荷キットを用意していないので自分で梱包材を用意します。集荷キットがクリーニング店から届くのを待つ必要性がないので、思い立ったらすぐに発送できます。

衣類がクリーニングされて自宅まで戻ってくるのは、工場到着から7~14営業日後となります。

戻ってきた衣類の仕上がりに満足できない場合は、返却から3週間以内ならば全額返金保証がついています。

ピュアクリーニングプレミアム公式サイトはこちら

おすすめの記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。2018年にクートンに入社。若手社員として未経験ながら奮闘中。頑張りますので、ご指導よろしくお願いいたします。

より良い情報をお届けするため、ちゃすけ がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事