洗濯に失敗したときの対処法、シミ・縮み・色移り解決方法を簡単に説明

B! pocket

衣類を洗濯する女性

新生活で慣れない洗濯をしていると、思わぬ失敗をしてしまうこともあります。特に、初心者がやってしまいがちな失敗がシミ・縮み・色移りであるとされています。

本記事では、それぞれの失敗をしてしまった時にどんな対処をすれば良いかについてお伝えしていきます。また、洗濯トラブルを防ぐために普段からできる工夫についても説明します。

衣類にシミがついたときの洗濯方法

こぼれたコーヒー

衣類にシミがついてしまうことは、多くの人が経験しています。シミがついた衣類をいつもどおり洗濯しても、汚れは落ちません。汚れの原因や衣類の素材ごとに違う洗浄方法を使わなくてはなりません。

洗い方や洗剤を細かく使い分ける必要があります。かといって、クリーニング店で使うような専門的な洗剤がないとシミ抜きできないわけではありません。家庭にあるアイテムを活用することもできます。

今回は、衣類につくシミとしてよくあげられる、

  • 食べ物・飲み物のシミ
  • 汗ジミ
  • 化粧品のシミ

について説明していきます。

食べ物のシミには食器用洗剤

食器用洗剤

食べ物や飲み物をこぼしてついてしまったシミには、食器用洗剤を使って洗う方法が有効です。食器用洗剤は、お皿にこびりついた食べものの汚れも簡単に浮かせて流す効果があります。

そのため、皮脂や汗汚れを落とすことに特化した洗濯洗剤よりも、飲食物の汚れを落とすことに向いているのです。

食べ物の汚れには、汗や皮脂と比べて油分が豊富に含まれています。油分を分解する力が強い食器用洗剤の方が、確実に汚れを落とすことができるのです。

食器用洗剤を使ったシミ抜き方法は以下のとおりです。

  1. 固形物がついている場合はつまんで取り除く
  2. シミをぬるま湯で濡らす
  3. 食器用洗剤をシミになじませる
  4. 揉み洗いをして汚れを落とす
  5. 大体落ちたらしっかりすすぐ
  6. いつもどおりの洗濯をする

まず、具材などの固形物が付着している場合はやさしくつまんで取り除きます。この時に、こすりつけるようにしてしまうとシミが広がる恐れがあります。ていねいに取り除いてください。

そのあと、シミがついた部分をぬるま湯でぬらしてから食器用洗剤をなじませます。そのあと揉み洗いをしてしみ抜きしていきます。ゴシゴシと大きくこするとシミが広がってしまうので、小さく動かすようにすることがおすすめです。

完全に汚れが落ちなくても、8割ぐらいきれいになっていたら大丈夫です。あとは、しっかりと洗剤成分をすすいでからいつもどおり洗濯します。

汗ジミには洗濯石けんで予洗いを

ソープ皿に置かれた石けん

汗ジミも洗濯した時に気になる汚れの一つです。特にシャツの首周りや袖周りは汗ジミが目立ちやすくなってしまいます。茶色く黄ばんだ汚れは、放置しているとどんどん落ちにくくなってしまいます。

汗ジミ対策には、洗濯用石けんを使って予洗いをする方法が有効です。石けんは、アルカリ性の性質を持っています。皮脂や汗汚れの原因であるタンパク質を分解する効果があるので、しっかり汚れを落としてくれます。

洗濯する前に、汗ジミが気になる部分に洗濯石けんをつけて予洗いしておくと、ついた汚れを落とすだけでなくシミ予防にも繋がります。

予洗いの方法は以下の通りとなります。

  1. 汚れの気になる部分にせんたく石けんをつける
  2. 揉み洗いを行う
  3. 汚れが頑固な場合は、歯ブラシで洗う
  4. よくすすぐ
  5. いつもどおり洗濯する

洗濯せっけんは、できれば固形のものの方が扱いやすいと思います。100円ショップに、ケース入のものも売られています。ケースに入っているものであれば、手を汚すことなく使えるので便利です。

揉み洗いだけでは十分汚れが落ちない場合は、歯ブラシを併用することがおすすめです。使い終わった古い歯ブラシなどを再利用してください。ゴシゴシこすると生地を傷めてしまうので、トントンと上から叩くようにする方が良いです。

化粧品がついたらクレンジングで落とす

化粧品

普段メイクをしている方の場合は、衣類の着脱時に化粧品がついてしまう場合があります。最近売られている化粧品は、落ちにくいようにできているため、一度付着すると取るのが大変です。

化粧品の多くは水には溶けず油に溶ける油性のものです。そのため、水に溶ける水溶性の汚れを落とす洗剤ではきれいにすることができません。化粧品が衣類についてしまった時に役に立つのは、クレンジング剤です。

クレンジング剤といえば、普段私達がメイクを落とすときに使います。油にしか溶けない化粧品を分解して浮かせる効果があります。普段活用しているクレンジング剤を使うことで、洗濯洗剤では落とせない化粧品のシミもきれいに落とすことができるのです。

クレンジング剤を使ったシミ抜きの方法は以下のとおりです。

  1. シミにクレンジング剤をつける
  2. くるくると撫でて、馴染ませる
  3. ぬるま湯で洗い流す
  4. いつもどおりの洗濯を行う

シミの部分にクレンジング剤をつけて、くるくるとなじませます。いつも肌で行っているのと同じように、やさしくなじませてください。化粧品が浮いてきたらぬるま湯で洗い流します。

熱すぎるお湯や、冷たい水よりも、ぬるま湯の方が汚れ落ちがよくなります。生地に残ったクレンジング剤をしっかり洗い流せたら、あとはいつもどおりの洗濯をするだけで大丈夫です。

自宅で洗えない服はクリーニングを利用

クリーニング店

洗濯前に、洗濯表示を確認して水洗いが不可能な衣類は、家庭での洗濯はできません。シミができてしまった場合はできるだけはやくクリーニング店へ持ち込むことをおすすめします。

シミは、付着してから時間が経てば経つほど落ちにくくなります。汚れが繊維の奥まで浸透してしまうからです。シミができた時ははやめの対処が重要になります。

せっかくお金を払ってクリーニング店を利用しても、時間が経ちすぎていて断られてしまう場合もあります。

自力でしみ抜きしようとして、かえって傷つけてしまう場合もあるので注意が必要です。

衣類が縮んでしまったときの対処法

2つのセーターの袖口

ニットを洗濯していると、元のサイズより縮んでしまうことがあります。繊維同士がくっついた状態のまま離れなくなってしまうことが原因です。縮んでしまった衣類を元の状態に戻すためには、私達が普段使っている髪用のトリートメントやコンディショナーが有効です。

縮んだ衣類の対処法についてお伝えします。

トリートメントを使って縮みを戻す

シャンプーとリンス

縮んでしまった衣類を元に戻すには、髪用のトリートメントを活用します。トリートメント以外でも、リンスやコンディショナーなどの名前で販売されているものであれば大丈夫です。

衣類の縮みは、繊維同士がきつく絡まった状態で固まっていることが原因だとされています。髪の毛を滑らかにする効果のあるトリートメントを使うことで、絡まった繊維同士を離すことができます。

そのため、縮みを改善することができるのです。具体的な方法として、

  1. 洗濯おけにぬるま湯を入れる
  2. トリートメントを3~4プッシュ入れる
  3. よくかきまぜてから、縮んだ衣類を入れる
  4. 30分ほど置いておく
  5. よくすすいでからいつも通り洗濯する

トリートメントをしっかりお湯に溶かしてから、衣類を入れて下さい。そのまま30分ほどつけおきしておきます。こうすることで、成分が繊維全体に行き渡ります。

つけおきが終わったら、しっかりとすすいでからいつもどおり洗濯します。自宅にあるもので簡単にできるので、縮んでしまった衣類の応急処置方法としておすすめです。

トリートメントで縮みが改善する理由

キューティクル

実は、ニット類に使われる繊維と人間の髪の毛の性質はとても似ています。ニットに使われる繊維は、ウールやカシミヤなど動物の毛から作られているものが多く、髪と成分がとても近いのです。

また、衣類が縮んでしまうのは、繊維にあるスケールが関係しています。スケールとは繊維の表面にあるもので、髪のキューティクルとよく似ています。スケールは、濡れると開いてしまいます。

洗濯して衣類が濡れると、繊維のスケールが開きます。その状態で、洗濯機の中でぐるぐるとかき混ぜながら洗うと、スケール同士が絡まってしまいます。スケール同士がからまったまま乾燥すると、繊維同士の編み目がきつくなります。結果、衣類が縮んでしまうのです。

トリートメントを活用することで、衣類の縮みが改善できるのは、このスケールの開きを抑えられるからです。髪の傷みをおさえる効果のあるトリートメントが、同じように繊維の傷みをおさえ、滑らかにしてくれます。

結果、絡まりにくくなるので縮みが改善されるのです。

色移りの対処法

洗濯に悩む女性

色移りとは、色の濃い衣類からしみ出た染料が、洗濯液を通じて他の衣類に移ってしまう現象のことをさします。特に新しい衣類を初めて洗濯した時に起こりやすいので、新生活を始める方には要注意なトラブルです。

色移りしてしまった衣類の対処法と、色移りを避ける方法についてお伝えします。

色移りしてしまった服はもう一度洗濯を

外干しされたタオル

色移りしてしまった衣類は、もう一度洗濯することで染料を落とすことができます。ただし、色が移ってから時間が経ってしまうとどんどん色素沈着が進んでしまいます。

できるだけはやく発見して洗い直す必要があります。色移りしたことに気づいたのが遅かった場合は、家庭での洗濯では十分きれいにできない場合もあります。

早めにクリーニング店に持ち込み、プロの判断を仰ぎましょう。

色移りしそうな服は分けて洗う

色移りを防ぐ最も簡単な方法は、2回にわけて洗濯を行うことです。色の濃い服と、薄い服に分けてわけることで、色が移ってしまうリスクをおさえられます。

ただし、洗濯作業を2回行わなくてはならないので面倒に感じる方も多いかと思います。毎回分けて洗うのが面倒であれば、初回だけ色分けすることをおすすめします。

新品の衣類は、色移りする確率がとても高いです。新品のときや、2~3回目の洗濯までは分けて行い、染料が落ちてこないことを確認してから他のものと一緒に洗濯する方法がおすすめです。

洗濯ネットを活用する

ワンピースを入れた洗濯ネット

色の濃い衣類には、洗濯ネットを使って洗う方法もおすすめです。洗濯ネットを使うことで、染料のしみだした水が付着しすぎることを避けられます。また、ネットを1枚隔てるだけでも、色移りのリスクを減らすことが可能なのです。

色移りしてしまいそうな、濃い色の服をネットにいれていつもどおり洗濯します。この一手間を加えるだけで色移り対策ができます。

洗濯初心者の方におすすめの記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。2018年にクートンに入社。若手社員として未経験ながら奮闘中。頑張りますので、ご指導よろしくお願いいたします。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事