【実体験】リナビスに預けたダウンコートが戻ってきた、口コミと実際の仕上がりの差は?

B! pocket

リナビスから届いた箱の中身

6月にリナビスに預けていた、コート5点が手元に戻ってきました。

(依頼から発送までのレビューはこちらの記事で行いました。)

仕上がり品を見た私の感想を一言でいうと、「来年もまたリナビスでコートクリーニングをしたい」です。

実は、リナビスを利用する前にネットで

  • 衣類が紛失した
  • 汚れが落ちていなかった
  • 対応が悪かった

などの悪い口コミをちらほら見かけて、不安を感じていました。

しかし、そんな不安を吹き飛ばすくらい、きれいになったコートが戻ってきました。今となっては、心からリナビスのクリーニングをおすすめできます。

ただし、利用するときに注意する点があるのは事実です。

本記事では、リナビスでクリーニングしたコートの仕上がり、利用時の注意点、口コミとの相違点を解説します。

リナビス 公式サイトはこちら

預けたコート5点

リナビスに預けたコート5点

私がリナビスに預けたコートは、上記の画像にある5点です。

  • ダウンコート(いちばん右のもの)
  • カシミヤコート2点(右から2番目と左から2番目)
  • ウールコート2点(真ん中のものと、いちばん左のもの)

6月にリナビスの5点クリーニングコース(税込で8,525円)を利用しました。

リナビスのクリーニングには、最大6ヶ月の無料保管サービスがあります。今回は、そちらも利用して、11月上旬に荷物が届くよう指定しました。

私が利用前に気になったのは、

  • 汚れがきちんと落ちるのか
  • デリケート素材が劣化しないか
  • 保管サービスは本当に便利か

の3点です。

クリーニングを利用するときに、いちばん気になるのは汚れ落ちです。以前見たリナビスの口コミに、「シミがついたまま返却された」というのがあったので、汚れ落ちの部分は特に気にしました。

また、今回預けたコート5点のうち3点がデリケートな素材(ダウン・カシミヤ製)です。私はカシミヤの肌触りがとても好きで、預けたコートもお気に入りのものです。

肌触りやあたたかさが損なわれていないかは、厳しくチェックしました。

保管サービスは、多くの宅配クリーニングユーザーが利用するサービスです。実は、わたしは今回が初めての保管サービス利用でした。クリーニング工場に衣類を預けるのが、本当に便利なのかも検証しました。

梱包はていねいで中身の損傷なし

リナビスから届いた箱

返却時の衣類は、画像のような大きなダンボールに入っていました。

上部にはドライバーに向けた「傾けないでください」の文字があり、中の衣類の状態に配慮しているのがわかります。

ダンボールをあけると、以下のようになっていました。

リナビスから送られた謝罪文

実は、今回、到着日が当初指定した日から一週間ほど遅れました。繁忙期でクリーニング発送作業をする人が足りないのが原因だったそうです。

いちばん上に置いてある紙には、到着の遅れを謝る内容が記載されていました。

その下には、私が預けたコート5点がビニールをかけた状態で入っています。持ち上げると、折り目部分に緩衝材があります。衣類へのダメージを少しでも減らすための配慮が、ありがたかったです。

緩衝材

衣類にかけてあるビニールは、あくまで輸送中の汚れを防ぐものです。ビニールをつけたままにすると、中に湿気がこもってカビが発生します。

自宅に衣類が届いたら、できるだけはやくビニールを外してください。

その際、仕上がりに不手際がないか確認しておくとよいです。リナビスは、荷物到着から1週間以内であれば、無料で再仕上げが可能です。

万が一、気になることがあればすぐに再発送できるよう、早めの確認がおすすめです。

コートクリーニングの結果

リナビスから戻ってきたカシミヤコート

仕上がり品は、どれもきれいに汚れが落ちた状態で戻ってきました。

特に良かったと感じた点は、

  • 依頼していないシミ抜き
  • ボタンつけなどの修理

が無料でサービスされていたことです。

そのほかデリケート素材のクリーニングもていねいで、十分満足できました。

カシミヤ・ダウンに劣化なし

リナビスから戻ってきたダウンコート

カシミヤコートやダウンコートは、クリーニングがとても難しいアイテムです。素材がデリケートで、洗浄力の高い洗剤が使えないうえに、型崩れのリスクが高いからです。

リナビスに2点のカシミヤコート、1点のダウンコートを預けましたが、どちらも劣化することなく戻ってきました。

利用前に気にしていた、カシミヤの肌触りも、以前と変わらずなめらかです。

ダウンコートも、なかの羽毛に偏りはありませんでした。

クリーニング前に比べて、少しボリュームダウンしたように見えましたが、ほかのコートの下敷きになって潰れていただけのようです。

ハンガーにかけた状態でしばらく置いておくと、もとのボリュームが戻りました。ダウンコートは、取り出してからしばらく経った状態で、確認するのがよさそうです。

工場から発送する時点で緩衝材を入れてありますが、やはりシワやボリュームダウンが起こるようです。

私の場合、30分程度ハンガーにかけておくと、ほとんどのシワが落ち着きました。

依頼していないシミ抜きに感動

リナビスのシミ取りタグ

リナビスを使って良かったと感じた1つ目の理由に、依頼していないシミ抜きがしてあった点があります。

リナビスには、無料シミ抜きサービスがあります。リナビスが行う8つの無料サービスのひとつで、シミ抜きは特に人気です。(リナビスの無料サービスについては、こちらを参考にしてください。)

戻ってきたベージュのウールコートに、画像のようなタグがつけてありました。

タグによると、コート前面の襟についたシミを取る作業をしたようです。

実はこのシミ、私自身は気づいていませんでした。シミがついた場所から推測するに、おそらくファンデーションのシミだと思います。

私が直接シミ抜きの依頼をしたわけではないのに、リナビスの職人さんは検品でシミを見つけ、落としたのです。

シミ抜きをした襟元の画像が、以下のとおりです。

どこにシミがあったのかわからないほど、きれいな状態です。利用者が指定しなくても、シミを見つけて落とすサービスは、とてもありがたいと感じました。

ゆるんだボタンの付け直しに感動

リナビスでつけ直されたボタン

リナビスを利用して感動したもう1つのサービスが、無料の修理です。これも、リナビスの8つの無料サービスのなかのひとつです。

今回依頼したコート5点のうち2点に、修理が施されていました。

1つは、ベージュのウールコートのフロントボタンです。頻繁に開け閉めする首元のボタンがゆるんだ状態だったのですが、しっかりとつけ直した状態で戻ってきました。

裏側に糸が出ることもなく、きれいな状態です。

グレーのダウンコートは、右袖のボタンが緩んでいたのを、つけ直してありました。ボタンホールに修理完了のタグがついており、どこのボタンをつけ直したか明記してあります。

私自身、ボタンが緩んだ状態であるのを気づきながら、面倒でつけ直さずにいたので、とてもありがたかったです。

リナビスのボタン修理には2種類あります。

1つは、元からついているボタンをつけ直すことです。元のボタンが緩んだだけの状態であれば、同じボタンをきつくつけ直します。

もう1つは、紛失したボタンと似たものをつけ直すことです。検品した時点ですでにボタンがない場合、リナビスの工場にあるたくさんのボタンの中から、似たデザインのものを探してつけます。

2つめの場合、元とまったく同じボタンがあるとは限りませんので、注意が必要です。

リナビスの公式サイトはこちら

ネットの口コミと実体験の差

女性達の口コミ

管理人は、リナビスを利用する前に、悪い口コミを見て不安を感じました。もしかすると、私以外にも、口コミ評価が気になって、リナビスの利用をためらっている方がいるかもしれません。

実際にリナビスを使用した結果、「口コミにあったような、ネガティブな結果はほとんどなかった」です。

ただし、すべてが100点満点だったわけではなく、衣類が指定した日に届かないというトラブルは経験しました。

実際に利用した人だけがわかる、ネットの口コミと実際の違いについて説明します。

今回、私が特に不安になった悪い口コミは、

  • 衣類が紛失した
  • 汚れが落ちていなかった
  • 対応が悪かった

の3つです。

衣類の紛失はなかった

リナビスの付属品用タグ

私は、宅配クリーニングが最も利用される時期(春から秋にかけて冬物をクリーニング・保管する時期)にリナビスを使いました。

しかし、衣類の管理がもっとも大変な時期でも、衣類の紛失はありませんでした。

依頼した5点のコートのうち2点には付属品のベルトがありましたが、そちらもすべて戻ってきました。

ベルトがあるコートには、付属品の種類と数を示すタグがつけられます。きちんと管理してあるのがわかります。

クリーニングに出す前はベルトがついた状態でしたが、取り外して洗ったうえで返却されました。

汚れは十分落ちていた

先ほども説明したように、私自身が気づいていないシミまできれいに落としてありました。

コートにつきがちな、裾の黒ずみもありません。

ドライクリーニングのあとに感じる、石油くささもありませんでした。

クリーニング品の石油臭は使い古した溶剤が原因です。溶剤とは、ドライクリーニング専用の洗浄液のことです。水よりも生地を傷つけず、油汚れに強い性質があります。

しかし、石油とよく似た成分なので、においが残りやすいです。何度もクリーニングに使用した溶剤は、衣類の汚れがうつって匂いが残りやすくなります。

リナビスは、溶剤の管理を徹底しているので、石油くささがありません。

「シミが落ちなかった」という口コミには、利用者側にも原因があったのかもしれないな、と個人的には考えています。

というのも、リナビスから戻ってきた箱の中に、以下のような用紙が入っていたからです。

リナビスからの手紙

この用紙のシミ抜きの欄には、

「シミ抜きをさせて頂きました結果、シミが除去できなかった・・・」と弊社から青いクリーニングタグで、お知らせがございます洋服は、下記の理由等により、シミを除去する事が難しかった洋服となります。

  • 着用時の擦れや白け
  • 経年劣化により、汗や汚れが変色している
  • シミ抜きをすると生地の色が変色してしまう、傷んでしまう
  • 古いシミのため、取り除くことが難しい

との記載がありました。

つまり、ついてから時間が経ったシミや、生地が劣化する可能性があるシミは落とせないのです。

ついてすぐに出していれば、落とせたシミもあったのではないかと思います。

正しくクリーニングを使うことがとても重要です。

対応はとてもていねい

私は、リナビスの対応が悪いとは思いませんでした。

以前見た口コミには、「衣類の発送が遅れたのに、なんの連絡もない。電話して尋ねたら、面倒そうな声で返事をされた」というものがありました。

私も、荷物の発送が遅れるトラブルに巻き込まれました。結果として、荷物の到着が指定日から1週間ほど遅れましたが、対応はとてもていねいでした。

まず、指定日近くには、「荷物の発送が遅れています」といった趣旨のメールが届きました。

以下の画像は、実際に届いたメールです。

リナビスからのメール

指定日前に遅れると連絡がきたことと、だいたいどれぐらい遅れるか目安が明記してあったことから、不安には感じませんでした。

到着した荷物の中にも、遅れたことを謝る文書が入っており、気持ちよく受け取れました。

ただし、荷物の到着が遅れたことは確かです。

リナビスを利用する場合は、余裕を持った注文が大事だと思います。

まとめ

リナビスは、利用者がきちんと正しく使えば、とても便利な宅配クリーニングだと思います。

私は、来年もコートクリーニングを利用したいと感じました。

リナビス公式サイトはこちら

リナビスに関する記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。宅配クリーニングのホームページを見てはお得で便利なお店を探すのに夢中。すぐ食べ物を服にこぼすので、効果的な洗濯方法も研究中です。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事