ジーンズの正しい洗濯方法とは?色落ちさせずにお手入れする裏技

B! pocket

ジーンズとカメラ

男女に関わらず、ファッションアイテムとして人気なのがジーンズです。

誰しもが一本は持っているようなジーンズですが、実は洗濯方法やお手入れする方法が特別です。

生地が厚いために、一度洗濯しても中々乾きませんし、洗濯方法を間違えると色落ちしてしまいます。

繊維が傷つき、大事なジーンズの寿命が短くなってしまう可能性もあります。

ジーンズの正しい洗濯方法やお手入れの方法についてお伝えします。

洗濯機を使った洗い方

洗面所

ジーンズを洗う時に、一番多い方法が洗濯機を使った洗い方です。洗濯機を使えば、全て自動で洗ってくれるので、とても楽です。

しかし、一方で全て機械任せの方法になるので、きちんと下準備をしてから洗濯しないとジーンズが傷んでしまう可能性もあります。

洗濯機を使ってジーンズを洗う場合に、気をつけたいポイントについて解説します。

洗濯する前に裏返しに

裏返しになったジーンズ

まず、ジーンズを洗濯する時に必ず行って欲しい一手間が裏返しにすることです。裏返しにすることで、ジーンズの繊維が傷ついてしまうことを避けられます。

衣類を洗濯機で洗うと、様々な負担がかかります。

例えば、縦型洗濯機は、大量の水で流れを作りその中で衣類を揉むようにして洗う、揉み洗いという方法で汚れを落とします。このもみ洗いの工程で、衣類同士がぶつかりあい、大きな摩擦が起こってしまいます。

摩擦が起こると、繊維同士がこすれて傷つき、毛羽立ってしまうのです。

一方、ドラム式洗濯機では、少ない水を使って衣類を持ち上げ、ドラムの底に落とすことで汚れを取る、たたき洗いという方法で洗います。

この衣類を叩き落とす瞬間に、やはり大きな摩擦や負担がかかってしまいます。結果として、繊維が傷ついてしまい、肌触りが悪くなってしまいます。

洗濯する前にジーンズを裏返しておくだけで、この洗濯機による摩擦を大幅におさえることができます。

洗濯槽の中で生地どうしがこすれ合うことがなくなるので、最低限の摩擦だけで済みます。

洗濯ネットを使う

洗濯ばさみと洗濯ネット

ジーンズを洗う時に、洗濯ネットを使うことも重要なポイントです。

洗濯ネットを使うことで、よりジーンズにかかる摩擦を減らすことができます。ネットに入れることで、洗濯槽内で他の衣類と直接ぶつからなくなるためです。

洗濯ネットにジーンズを入れる前にキレイにたたんで入れる必要はありません。そのまま入れてしまってもあまり大きな差はないので、気にしなくても大丈夫です。

ただし、ネットの大きさには注意が必要です。

小さすぎるネットを使うと、ネットの中でジーンズが動けなくなり、汚れが十分に落とせなくなってしまいます。

逆に、ネットが大きすぎると、必要以上にジーンズが動いてしまい、結局摩擦が増えてしまいます。

洗濯ネットの大きさは、大きすぎず小さすぎない丁度いい大きさを選ぶことが重要です。最適な洗濯ネットの大きさは、ジーンズを入れても少し余裕がある程度の大きさです。

乾燥機を使うと縮む可能性大

ドラム式洗濯機で洗濯する女性

洗濯機を使う時は、洗濯・脱水までの工程のみ使用し、乾燥機は使わないようにしてください。

洗濯機についている乾燥機は、タンブラー乾燥という手法で衣類を乾かします。洗濯槽の中でグルグルと衣類をかき混ぜながら熱風を当てることで、衣類が早く確実に乾きます。

しかし、この乾燥方法は、濡れた衣類がぶつかりあう上にかなりの熱を加えるので、生地が傷んでしまうリスクがとても高くなります。

特に、ジーンズは天然繊維である綿で作られている事が多いです。綿は様々な繊維の中でも縮みやすいので、乾燥機を使用するとサイズダウンしてしまいかねません。

ジーンズは厚みがあって乾くまでに時間はかかりますが、できれば自然乾燥で乾かすのが一番です。

色落ちを避けるために新品は単体で洗濯

衣類を洗濯する女性

ジーンズの洗濯においてよく起こりがちなトラブルが色落ちです。

ジーンズに使われている染料は、水に溶け出しやすく、特に新品のうちは色落ちしいてしまいがちです。濃い色のものの場合は、目で見てわかるほど洗濯水に染料が溶け出すこともあります。

ただ色落ちしてしまうだけでなく、一緒に洗濯していた他の衣類に染料が移り、全体的に青く染まってしまったという事例もよく聞きます。

ジーンズだけでなく、他の衣類も台無しにしてしまう可能性があるので、要注意です。

新品のジーンズを初めて洗う場合は、できればそのジーンズだけを洗濯機に入れて洗うことをおすすめします。

こうすることで、染料が他の衣類に溶け出すこともありませんし、衣類同士がぶつかって摩擦が起こることもなくなります。

最初の何度かは単体での洗濯をして、色落ち・色移りの心配がなくなってから通常通り他の衣類と洗濯してください。

手洗いをする方法

手洗いされる衣服

ジーンズをよりダメージを減らしながら洗うのであれば、手洗いすることがおすすめです。

摩擦を大幅に抑えることができるので、毛羽立ちや傷みが起こりにくくなります。

ジーンズの手洗いに必要な物

液体洗濯用洗剤

手洗いでジーンズを洗う時に用意して欲しいものとして、おしゃれ着用の中性洗剤があります。

おしゃれ着用中性洗剤は、デリケートな衣類にダメージを与えずに優しく洗い上げられる洗剤です。一般的な洗濯洗剤は、アルカリ性のものが多く洗浄力も強いです。

中性洗剤は、アルカリ性の物よりも洗浄力は劣りますが、その分生地を傷めることがありません。洗浄力が弱いといっても、日常生活でつく汚れであれば十分に落とすことができます。

その他、30度程度のぬるま湯を使えばより効果的に手洗いが可能です。より汚れを落としたくて高い温度のお湯を使って手洗いをする方がいますが、それは逆効果です。

温度が高すぎると、洗剤の効果が落ちてしまうだけでなく、生地も傷つきやすくなります。30度前後の冷たくない程度のぬるま湯を使って手洗いしてください。

手洗いの手順

水を張った洗濯桶

ジーンズを手洗いする時の手順は以下のとおりです。

ジーンズを裏返す
必要以上にジーンズに摩擦が起こらないように、事前にジーンズをうらがえしてください。
ポケットの中に何も入っていないことも確認してください
洗濯おけなどに30度前後のぬるま湯をため、おしゃれ着用中性洗剤を溶かして洗濯液をつくる
洗濯おけがない場合は、洗面台や浴槽に栓をしてお湯をためてください。洗剤の量は、メーカーの規定量に従ってください。
洗濯液にジーンズをつけ、押し洗いを30回前後繰り返す
生地をもんで洗ったりせず、沈めたり浮かせたりを繰り返して優しく洗います。
ぬるま湯を入れ替えて、すすぐ
すすぎのときも押し洗いをしてください。すすぎ湯がにごらなくなるまでお湯を入れ替えて繰り返します。
柔軟剤を入れるばあいは、最後のすすぎのときにメーカーの規定量を入れます。
柔軟剤の効果を高めたい場合は、そのまま20~30分程度つけ置きします。
ジーンズを軽く絞り、乾いたバスタオルで挟んで脱水します。
バスタオルを使うのが面倒な場合は、洗濯機の脱水機能を10秒~20秒ほど使用します。
元通りに裏返し、形を整えてから干します
干すときには風通しが良い場所を選んでください。

脱水にまでこだわるのであれば、バスタオルを使って挟みながら水分を拭き取る方法がおすすめです。できれば、バスタオル2枚以上を使うことでより効果的に乾かすことができます。

洗濯機の脱水機能でも良いのならば、脱水する前にジーンズを洗濯ネットに入れてから脱水すると、負担を軽減できます。

干し方にも工夫を

外に干されたジーンズ

ジーンズを洗濯する上では、その干し方にも工夫が必要です。

他の衣類よりも生地が厚いジーンズは、乾くまでに時間がかかります。濡れている時間が長いと、雑菌が増えてしまいますし、生地にもよくありません。

できるだけ早く乾くように、ひと手間加えるだけで、ジーンズの寿命や風合いを長持ちさせることができます。

裾を上にしてて干す

ジーンズで最も乾きづらい部分は、生地が密集している腰回りです。通常履いているのと同じ上下のまま干すと、腰回りの水分が重力によってゆっくり全体へと広がってしまいます。

上下を逆さまにして、裾を洗濯バサミで固定し、腰回りが下へ向くようにして干すと、最も乾きづらい部分の水分がすぐ地面へと落ちていきます。

それでも乾きづらい場合は、洗濯した後の生地を裏返した状態のまま干してしまうこともおすすめです。裏返した状態で干すことで、ポケット部分など生地の重なってしまう部分を離して乾かすことができます。

筒状に固定して干す

ジーンズがなかなか乾きづらいのは、生地が厚いことだけが原因ではありません。どうしても生地同士が重なって風が通りづらくなってしまうのも原因の一つだと言われています。

そこで、洗濯バサミをいくつか使って、裾から腰部分までが筒状になるように固定します。風通しを良くして上から下まで空気が通るようにすることで乾燥するまでの時間を短縮することができます。

物干し竿に直接かけるだけの方法では、生地の重なりが多くなってしまいがちです。できるだけ重ならないようにしてあげるだけで早く乾くようになります。

最近では、ジーンズ専用のハンガーが販売されており、簡単に筒状に干すこともできます。

洗濯アイテムも活用しながら、効果的にジーンズを洗濯することができます。

洗濯に関する記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。2018年にクートンに入社。若手社員として未経験ながら奮闘中。頑張りますので、ご指導よろしくお願いいたします。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事