洗濯物に花粉が付着しないようにする対策方法とは?おすすめのグッズも説明

B! pocket

洗濯ものについた花粉

花粉症をお持ちの方にとってとても大変なのが、花粉が飛んでいる時期の洗濯です。

少しでも衣類を外干ししていると、取り込んでたたんでいる時にくしゃみが止まらなくなったり、目がかゆくて仕方なくなってしまいます。

洗濯のときに簡単にできる花粉対策についてお伝えします。

部屋干しして花粉対策

部屋干しされた衣類

洗濯の外干しによる花粉付着を防ぐために、もっとも手っ取り早い解決方法が部屋干しです。外干しをすると、どうしても飛散した花粉が付着してしまいます。

部屋干しすることで、衣類に付着する花粉の量を最低限におさえることができます。少し前までは、部屋干しは特有の嫌な匂いのために、避けられる傾向にありました。

しかし、現在では、様々な部屋干しグッズが販売されています。においを気にすることなく部屋干しで花粉対策ができます。

除湿乾燥機を使えばにおいもしない

部屋干しの際に最も便利な家電が除湿乾燥機です。除湿機が室内の湿気を取り除いてくれる上に、温風を部屋全体にまわしてくれるので、においの心配もありません。

乾燥機がついていることで、乾く時間も短くなるので、普段忙しくて家事に割く時間が少ない方でも安心です。

除湿乾燥機があると、花粉が飛んでいる時期だけでなく、台風や梅雨など雨が続く時期にも対応できます。

本来、部屋干ししていると、衣類から嫌なにおいがしてしまうのは、服についた雑菌が繁殖してしまうせいです。雑菌は、高温多湿な環境を好むので、締め切った部屋の中で洗濯物を干すと、洗濯ものの湿気と室温で菌が活性化してしまいます。

その結果、急激に菌が増えてにおいがするようになってしまいます。花粉症をおさえるために部屋干ししているのに、生乾き臭に悩まされてしまっては、意味がありません。

除湿乾燥機を使うことで、菌が増える原因である湿気を取り除きながら、菌が増えるまでに手早く衣類を乾かせます。

エアコンの除湿モードも有効

エアコンのスイッチを入れる女性

除湿機が手元にない場合は、エアコンの除湿モードを利用することもおすすめです。除湿モードは、メーカーや機種によっては、ドライモードと名付けられている場合もあります。

除湿モードでは、部屋の中の湿った空気をエアコンが取り込み、乾いた空気を再度送り込んでくれます。

部屋干しを前提とした除湿機よりは効果は落ちてしまいますが、何もせずに部屋干しするよりも確実に手早く乾かすことができます。

エアコンの除湿モードの場合は、空気を入れ替えることと同時に、乾いた空気を風として送り込んでくれるので、部屋内に空気の流れができ、洗濯物が乾く時間を短縮することが可能となります。

エアコンの吹出口近くに設置できる部屋干し専用物干し竿もグッズ化されており、人気も高いです。

サーキュレーターの利用もおすすめ

部屋干しの様子

部屋干しをする時に使用することで、乾き方や菌の繁殖をおさえてくれるのがサーキュレーターです。

サーキュレーターは、最近小さなものも販売されているので、安い値段で簡単に手に入れられるようになった家電です。

同じ風を送り出す家電である扇風機と似たような形をしていますが、使用目的は少し違います。

扇風機は風を直接体に当てて、涼感を得ることが目的ですが、サーキュレーターは部屋の空気に流れをつくることが目的となっています。

扇風機はできるだけ広範囲に風を送るように工夫されていますが、サーキュレーターはできるだけ直線的な送風がされるようにつくられています。

こうすることで、風を対象に直接当てるのではなく、効果的に空気の流れをつくることができます。

実は、洗濯物は直接風を当てるよりも、部屋全体に空気の流れがあった方が早く乾きます。

サーキュレーターを使うことで、洗濯物がはやく乾くだけでなく、冷暖房の効率を高めることもできます。

空気の重さは温度によって違います。

基本的に、

  • 温かい空気は軽いため上に
  • 冷たい空気は重たいため下に

なる傾向にあります。よって、せっかく冷房を入れても、涼しい空気は足元あたりにたまりますし、暖房を入れれば、暖かい空気は天井近くにとどまってしまいます。

サーキュレーターを利用して部屋全体の空気をかき混ぜることで、室温を均等にすることができます。

特に、

  • 暖房をつけている時:上向きに
  • 冷房をつけている時:下向きに

サーキュレーターをつけておくと、部屋の温度が均等になるので、冷暖房にかかる電気代の節約にも繋がります。

扇風機をサーキュレーター代わりにも

扇風機

サーキュレーターがない場合は、扇風機を変わりに利用することもできます。

扇風機とサーキュレーターは、

  • 扇風機:広範囲に風を送って体感温度を下げる
  • サーキュレーター:直線的に風を送って室内の空気をかき混ぜる

といった使用目的の違いはありますが、風を送る装置であることは同じです。

サーキュレーターの代わりに扇風機を使うことで、部屋干ししていても早く乾かせます。サーキュレーター代わりに扇風機を使う場合は、できる限り首を上方に向けて動かす用にします。

部屋の上部に向かって風を送ることで、効率的に室内の空気をかき混ぜることができます。

エアコンの除湿モードも一緒に使えば、除湿乾燥機に近い効果を得ることも可能です。

外干しでも花粉対策できる

青空の下干されているシャツ

花粉対策はしたいけれど、部屋干しは嫌だという方も多いです。部屋干しでは空間が足りない方や、においに耐えられない方など事情は様々です。

完全部屋干しと比べると、外干しはどうしても花粉がついてしまう可能性があります。ですが、ちょっとした工夫をすることで、普通に外干しするよりも花粉の付着をおさえることができます。

時間や風向きに注意

強い風に耐える家

洗濯物を干す時間帯や方角を工夫することも大切です。天気予報を見て、花粉の多い時間帯や、風下の方角には洗濯物を干さないようにすると花粉の付着を抑えられます。

一般的に、かふんは朝早くから飛び始め、山間部から少し離れた都心部では日の高い11時から14時の間あたりに最も飛散量が増えます。

この時間に洗濯物を干すと、大量の花粉が付着してしまいます。早めの時間に干しておいてさっと取り込むか、遅めの時間に干してしまうこともおすすめです。

また、風の強い日の外干しは要注意です。

風が強い日は、飛散量が少ない時間帯に外干ししても、一度地面に落ちた花粉がまた舞い上がってきます。飛散量の多い無風の日よりも、翌日の飛散量が少なくて風の強い日の方が、洗濯物につく花粉の量が増えると言われています。

風が強い日には洗濯を控えて、風の弱い日にまとめて洗濯する方法もおすすめです。

濡れた洗濯物には花粉が付きやすい

洗濯物を干す女性

花粉には濡れたものに付着しやすい傾向があります。濡れた手で小麦粉にふれるとたくさんくっつくように、粉末である花粉は濡れたものにくっついてしまいます。

ですので、濡れた洗濯物はとても花粉がつきやすい傾向にあるのです。できるのであれば、しっかりと脱水をして、すこしだけ室内で乾かしてから、仕上げに外干しをするなどの工夫をすることで付着量を減らせます。

洗濯ものをで濡れた状態で長時間放置していると、どんどん付着量が増えてしまうので、洗濯ものの水分量にも注意してください。

外干しの時間をできるだけへらすことが重要です。

専用保護ネットを使う方法も

干されたワイシャツ

専用の保護ネットを使って外干しする方法もあります。花粉対策用の保護ネットがグッズとして販売されています。

たとえば、物干し竿全体をネットでおおうことで、洗濯ものが直接花粉に触れないようにしてくれます。目の細かいネットで囲うことで、花粉を通さず、しっかり乾かすことができます。

時間帯や風向きに関係なく洗濯物を干すことができるので、外干しはしたいけれど花粉が気になる方におすすめです。

洗濯に関する記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。2018年にクートンに入社。若手社員として未経験ながら奮闘中。頑張りますので、ご指導よろしくお願いいたします。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事