DEA(デア)ドレスクリーニング工房の真空パックでウェディングドレスを長期保管

B! pocket

ウェディングドレスを着た女性

結婚式で着たウェディングドレスは、思い出の品なので長くキレイに保ちたいものです。

しかし、式場を歩き回ったり食事をすることで、1度着ただけでも意外と汚れてしまいます。

ウェディングドレス以外にも、男性用のタキシードや、パーティドレスもクリーニングしてもらうことができます。

宅配クリーニングなので、かさばるドレスを店まで持っていく必要もなく、手軽に利用できます。

DEAドレスクリーニング工房公式サイト

DEAドレスクリーニング工房の真空パック加工

真空パックで梱包された衣類

DEAドレスクリーニング工房では、真空パック加工をすることでドレスの長期保管が可能です。

真空パックに梱包することで、コンパクトに保管しやすくなるだけでなく、ドレスの生地を守ることができます。

ベールやグローブなどの付属品も一緒に真空パック加工できるので、思い出の品があちこちに散らばってしまうこともありません。

無酸素加工でシミ、黄ばみ予防

ドレスを自宅で保管していると、問題になってくるのが黄ばみや変色です。

ウェディングドレスは純白のものが一般的なので、色が変わると目立ってしまいます。

ドレスの黄ばみや変色の原因は、付着した汗や皮脂の酸化です。汗や皮脂の成分が酸素に触れることで化学反応がおき、繊維の色を変えてしまうのです。

切ったリンゴをそのまま置いておくと茶色く変色するのと同じ原理です。

デアの真空パックは、パック内から酸素を抜き取ることで酸化作用を抑えています。完全に酸素を取り除くために、除去作業を3~5回繰り返す徹底ぶりです。

窒素を注入してシワを防ぐ

ただ真空パックに収納するだけなら、家庭でも布団用パックを使えば簡単にできます。

しかし、家庭用の真空パックを使うと、生地にシワができた状態で固定されてしまい、将来取り出したときに型崩れしてしまいます。

デアの真空パックは、ただ酸素を抜き取るだけでなく、空気の代わりに窒素ガスを少量注入しています。

窒素をいれることで真空パックが少し膨らみ、ドレスが押さえつけられずシワができません。

10年経っても、ふんわりと美しいシルエットをキープすることが可能です。

真空パック加工の料金は2万円以内

真空パックの利用料金は以下の通りです。

  • ウェディングドレス:8,400円
  • 男性用衣装:7,400円
  • 子供用衣装:6,300円
  • 小物:5,300円
  • クリーニングなしパック加工:10,500円

表示は税抜き価格です。

ドレスだけでなく、男性や子供の衣装もパック加工することができます。

小物は、ドレスと一緒にパック加工することもできますが、別々に管理したい場合は小さいサイズのパックもあります。

これらの料金をクリーニング代金に追加して支払うことで、パック加工をしてもらえます。

他店でクリーニングしたドレスを真空パック加工だけしてもらうこともできます。

その場合の料金は、10,500円+税です。

一度開けると効果がなくなるので注意

真空パック加工を利用する際の注意点として、一度開けたら効果がなくなってしまうということがあります。

真空パック加工はドレスを空気中の酸素から守る加工なので、開けることでパック内に酸素が入ると保護効果がなくなってしまうので注意が必要です。

また、効果の持続性は10年間が目安です。10年経ったら、もう一度パック加工をすることでより長くドレスを守ることができます。

ドレス以外の付属品を一つのパックに入れることもできますが、ドレスの型崩れの原因になるものや色落ちしそうなもの、ワイヤーが入っていてパックを傷つけかねないものは入れることができません。

小物専用のパックを別途利用してください。

DEAドレスクリーニング工房のサービス内容

ハンガー掛けされたウェディングドレス

ウェディングドレスは真っ白なものが多い上に、レースやスパンコールなどの繊細な素材がふんだんに使われているため、クリーニングがとても難しい衣装です。

一般的なクリーニング店にある機械で洗浄すると、生地を傷める可能性があります。

デアのドレスクリーニングでは、専門の職人が手洗いをすることでドレスへのダメージを最小限に抑えます。

クリーニング料金はドレスのデザインによって変わる

デアのドレスクリーニング料金は、ドレスのデザインによって変わります。デアが取り扱うドレスのデザインの代表例は以下の通りです。

Aライン
裾が広がったアルファベットのAのようなデザイン
エンパイアライン
胸の下から切り替えがあるデザイン
プリンセスライン
ウエストから切り替えがあり、スカートが大きく膨らんだデザイン
マーメイドライン
膝までは体に沿ったラインで、膝下以降が大きく広がったデザイン

それぞれのデザインのクリーニング料金は以下のとおりです。

ドレスの素材によっても料金が変化します。

デザイン 化繊 シルク
Aライン 8,400円 12,600円
エンパイアライン 8,400円 12,600円
プリンセスライン 10,500円 14,700円
マーメイドライン 8,400円 12,600円

手洗いによる洗浄と特殊シミ抜き

デアのドレスクリーニングでは、職人が全ての品物を手洗いしています。

ドレスには、汗やこぼれた飲み物などの水溶性の汚れ、ファンデーションなどの油性の汚れの両方がついています。

水溶性の汚れには水洗い、油性の汚れにはドライクリーニングが有効です。

一般のクリーニング店では、どちらか片方の洗浄しか行わないお店が多いですが、デアならドレスの汚れに合わせて2つの方法を使い分けてくれます。

洗浄の前には、特殊シミ抜きでドレスにできたシミを落としてくれます。

ワインや食べこぼしなどのシミだけでなく、一見するとシミに見えない透明な飲み物も後で変色するリスクがあります。

それらのシミの元も、ていねいに除去してくれます。

既に変色してしまったシミも、漂白作業をすることで色素を残さず仕上げられます。

汗をかく部分は、抗酸化作用のある溶液に付け込んで洗浄するので、汗ジミも抑えられます。この溶液には消臭効果もあるため、汗のにおいを消すこともできます。

現在目に見えるシミだけではなく、将来シミができるリスクも減らしてくれるので、ドレスを自宅で長期保管したい方におすすめです。

生地を傷ませない遠赤外線乾燥

洗浄を行ったあとは、ドレスを乾燥させていきます。

通常のクリーニングでは、衣類は乾燥機にかけることで乾かしていきます。

機械の中で衣類をぐるぐると回転させながら温風をあてることで乾かしていくのですが、その際生地同士がぶつかって傷む可能性があります。

デアの乾燥は、遠赤外線乾燥室を採用しています。50度に保った部屋にドレスを吊るすことで、じっくり低温乾燥させていきます。

急激な温度変化がないので、生地が傷むことはありません。激しく動かされることもなく、ドレスのシルエットを維持できます。

式場に直接発送することもできる

デアのドレスクリーニングは、引き取り場所とお届け場所を指定できます。

自宅からデアに発送して、クリーニング後は式場に届けてもらうといったこともできるので、重くてかさばるドレスを運ばなくてもすみます。

挙式当日は緊張していますし、荷物や持ち物も多くなってしまいがちです。大切なドレスを事前に届けておいてもらうだけで、心の余裕も生まれます。

挙式が終わったら、披露宴会場から直接ドレスをクリーニングに出すこともできます。

衣類の汚れは時間が経てば経つほど落ちにくくなっていきます。脱いだその場でクリーニングに出すことで、ドレスをより長く美しく保つことができます。

DEAドレスクリーニング工房の利用方法

ブーケを持ったウェディングドレス姿の女性

デアのドレスクリーニングは宅配クリーニングなので、利用者がすることは基本的には梱包と発送のみになります。

注文時に細かな要望を書いておいたり、シミがある場合はその原因を書いておいたりすると、クリーニングがスムーズに進みます。

デアのドレスクリーニングの利用方法は以下の通りです。

注文依頼を出す
メール、電話、FAXから選ぶことができます。メールの場合公式サイトに専用フォームが用意されています。
ドレスを梱包する
集荷キット(250円+税)を注文すると2~3日でキットが届きます。ドレスが傷つかないようしっかり梱包してください。
佐川急便に引き渡し・工場到着後、検品内容の連絡
料金が確定されるので、支払い方法を指定します。
クリーニングされたドレスが到着
代引き支払いを指定した場合は、ドレスの到着時に支払います。

集荷キットには、梱包用のビニール袋と注文用紙が同封されています。注文用紙には、依頼する品物の種類や付属品の数を記入します。

記入した用紙は、ドレスと一緒に梱包して発送します。

自宅に段ボールなど梱包できる資材がある場合は、それらにいれて発送することもできます。

佐川急便の引き取りを利用する場合、往復の送料はクリーニング代金10,000円以上で無料になります。

支払い方法は、

  • 銀行振り込み
  • クレジットカード
  • 代引き

から選ぶことができます。

銀行振込は手数料が利用者負担なので、手数料が無料になるクレジットカードか代引きがおすすめです。

ドレスが工場に到着すると、検品後すぐにクリーニング作業に入るので、事前に見積もりが必要な場合は、注文用紙の備考欄に「見積もり希望」と記入してください。

クリーニングが始まってしまうと、キャンセルができなくなります。

納期は3週間程度ですが、繁忙期の6月はお届けが遅れる場合があります。

真空パック加工を利用した場合は、約1カ月ほどかかります。お急ぎの方は、早めに注文しておくと安心です。

DEAドレスクリーニング工房公式サイトはこちら

ドレスに関する記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。宅配クリーニングのホームページを見てはお得で便利なお店を探すのに夢中。すぐ食べ物を服にこぼすので、効果的な洗濯方法も研究中です。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事