衣類の日焼けは色あせや劣化の原因になりがち、対策方法を説明

B! pocket

日焼け

日差しが強くなってきた時期に起こりやすい衣類トラブルとして、日焼けがあります。直射日光の当たる場所に衣類を置いておくと、紫外線の影響で生地が色あせたり劣化してしまうのです。

本記事では、衣類が日焼けしないようにするための対策方法に加えて、日焼けの原因についてもお伝えしていきます。

衣類の日焼け対策法

青空の下干されているシャツ

晴れて太陽がよく出ている日だと、日差しの当たる場所に洗濯物を干してしまいがちです。その方が乾くのも早くて、殺菌効果もありそうと感じる方が多いようです。

しかし、紫外線の多い季節に直射日光に当て続けると、衣類が日焼けしてしまいます。光のあたった部分だけ変色してしまうので、見た目も悪くなってしまいます。

衣類が日焼けしない洗濯の仕方についてお伝えします。

陰干しを徹底

洗濯物を干す女性

衣類が日焼けしてしまわないようにするには、直射日光を避けて干す方法が一番効果的です。日光があたらない日陰に干すようにしてください。

太陽光がないとなかなか乾きにくいのではないかと心配になる方もいらっしゃるかと思います。しかし、洗濯物を乾かす上で重要なのは、日光や温度の高さよりも風通しです。

風の通りが良いところで干すことで、日焼けさせることなく効果的に乾かすことができます。それでも乾きの速さが気になるようであれば、洗濯物同士の間隔を広くあけて干すことも重要です。

洗濯物が重なってしまうと、水分が蒸発しにくくなって乾くのに時間がかかってしまいます。十分に間をあけておいてください。風でハンガーが動いて服同士が重なるのであれば、ハンガーが動かないようにするストッパーも活用できます。

その他、ハンガーのひっかけておく部分に輪ゴムを巻いておくだけでも、滑り止めとなってくれます。

日光が当たることよりも風通しを重視することで、洗濯物の乾くスピードを維持しつつ、日焼け対策をすることができます。

衣類を裏返して干す

裏返しになったジーンズ

太陽は時間とともに位置が移動します。その結果、どうしても直射日光があたってしまう場合もあります。また、適切な日陰がなくて日向に干すしかない場合もあるかと思います。

そんな時は、洗濯物を裏返して干すこともおすすめの方法です。表と裏をひっくり返して干すことで、表側の生地が日焼けしてしまうこともありません。服の日焼けのデメリットは主に色あせです。

日焼けによって生地の色が変わってしまうので、見た目の変化が起こります。その点、ひっくり返して干しておけば日焼けするのは裏面の生地となります。色あせても普段目につかない部分なので気になりません。

また、裏返して干すことによって衣類が早く乾くというメリットもあります。多くの服は、内側に縫い合わせの余りの生地があります。この部分は洗濯すると水分がたまりやすくなかなか乾きません。

この乾きにくい裏面を表にすることで、水分の蒸発を促すことができるのです。

特に、裏返して干すことによって早く乾いているとされるアイテムがジーンズです。ジーンズは生地が厚いのでなかなか乾きません。また、構造上どうしても布同士がかさなってしまうポケット部分は特に乾きにくくなります。

裏返して干すことで、ポケット部分が外側となるので速く乾くようになります。ジーンズをさらに速く乾かすためには、足部分を上にして筒状になるように広げて干すことが重要です。

腰部分にはポケットや縫い目が多く、水分が溜まってしまいます。腰を下にすることで水分が垂れやすくなるので乾きがはやくなります。また筒状にして干すことで、内側にも風が通るようになります。

衣類の日焼けで気をつけるべきこと

紫外線を気にする女性

衣類が日焼けしてしまうと起こるデメリットには、

  • 色あせ
  • 繊維の劣化

などがあります。それぞれについて詳しく説明します。また、日焼けしやすい素材や日光以外に注意すべきことについてもお伝えします。

日焼けの一番の問題は色あせ

日焼けしてしまうことで、一番問題となるのが色あせです。長いあいだ日光を浴び続けることで、衣類全体の色がくすんでしまったり薄くなったりしてしまいます。衣類の日焼けのほとんどがこの色あせと言われています。

洗濯中に直射日光を浴びてしまうことも問題ですが、保管中に日焼けしてしまうパターンもとても多いのです。

衣替えの時には、長期間同じ場所に衣類を置いておくことになります。その時、保管場所に窓があり日光が差し込んでいる状態だと、何ヶ月も同じ場所に太陽光が当たり続けることとなります。

全体的な色あせはもちろん、いつも光が当たる場所だけが変色してしまう場合があります。一度変色してしまうと、洗濯しても改善されることはありません。繊維そのものの色が変わってしまっているからです。

日焼けによって、色がぬけてしまうだけでなく黄ばんでしまうケースもよくあります。

寝具の場合は特に繊維の劣化に注意

干された布団

色あせに次いで問題となるのが繊維の劣化です。これは、衣類よりも寝具に注意していただきたい点です。天気の良い日に、布団を日光が当たるように干す方は多いかと思います。

確かに天日干しすることで、布団に残った汗の水分を飛ばすことができます。また、表面に付着したダニを高温で死なせることもできます。

しかし、直射日光を当て続けると繊維の劣化が起こります。羽毛布団などの場合は、劣化の影響で保温性が低くなってしまうのです。

また、ダニ対策としての布団の天日干しの効果は大して大きくありません。ダニは50度以上の空間に20分以上置かれることで死んでしまいます。日光だけで50度以上の温度まで温めることは難しいですし、効果があるのは表面だけです。

布団に住むダニは内側にもたくさんいるので、多くのダニを残したままとなってしまいます。さらに、天日干しして表面に付着したダニを死なせたとしても、その死がいは残ったままです。むしろ、寝る時に舞い上がってアレルギーの原因となりかねません。

布団のダニ対策をするのであれば、水洗いが一番効果的だとされています。水洗いをすることで、ダニのエサとなる汗や皮脂汚れ、ダニの卵や死がい、ダニ本体を洗い流すことができます。その後高温の乾燥機でじっくり乾燥させればより効果は高まります。

ダニ対策として布団を頻繁に天日干ししすぎると、日焼けのデメリットの方がダニ除去のメリットを上回ってしまう可能性があります。

日焼けしやすい服の素材

服に疑問を感じる女性

衣類の日焼けは、素材によって進行の速さが違います。また、素材によって色あせしやすいもの、黄ばみが生じやすいものなどにわかれています。

紫外線に弱い素材としてまず挙げられるのが、ウールやカシミヤ、シルクなどの動物性のタンパク質で作られた素材です。これらの素材は紫外線の影響を受けやすく劣化が激しいです。

ウールの布団や毛布には十分注意してください。

ウールなどの獣毛で作られた素材は、私達の髪の毛とよく似た性質を持っています。私自身、夏に紫外線を浴び続けた結果少し髪の毛の色が抜けてしまったり、パリパリに傷んだ経験があります。獣毛素材の日焼けは同じような現象が起こっているのかなと感じました。

また、綿製のものも色あせやすいです。こちらは素材の性質よりも、日光に当てて乾かしがちな衣類に使われていることが原因かと思います。(Tシャツなど)

同じ部分に日光が当たり続けないように注意してください。

ナイロン製の衣類の場合は、色あせよりも黄ばみが目立ちます。色あせよりも見た目が悪くなってしまうので、直射日光があたらないようにしてください。

夏におすすめの記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。2018年にクートンに入社。若手社員として未経験ながら奮闘中。頑張りますので、ご指導よろしくお願いいたします。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事