サンダルについた黒ずみを家庭にあるアイテムで落とす洗い方、予防法も紹介

B! pocket

サンダルを履いた女性

夏場に履く機会の多いサンダルには、汚れやすいという欠点があります。特に多く言われているのが、ソールの部分に黒ずんだ汚れがついてしまうことです。特に指が当たる部分に汚れがつくことも多いです。

この黒ずみは洗ってもなかなか取れない厄介な汚れです。夏場はサンダルを脱ぐ機会も多く、黒ずんだソールを見られるのはとても恥ずかしいです。

今回は、自宅にあるアイテムで簡単にサンダルについた黒ずみを落とす方法についてお伝えします。

サンダルの黒ずみの原因

バスマット

サンダルに黒ずんだ汚れがついてしまう原因は、汗と皮脂です。サンダルは素足で履くことが多いので、汗や皮脂が直接ソールに付着してしまうのです。

意外と足はたくさんの汗をかきます。一日の足の汗の量はコップ1杯分だと言われています。その汗が全てサンダルのソールに吸い込まれているので、汚れやすくなります。

特にサンダルは外部からのチリやホコリが入りやすい構造をしています。汗で湿ったソールはホコリや汚れを吸着しやすくなり、酸化した汚れが黒ずみとして定着してしまいます。

さらに、サンダルには全体重がかかります。大きな圧力がかかり続けることで汚れが押し固められて、頑固で落としづらいものになってしまうのです。

サンダルに黒ずんだ汚れがついてしまう現象は、靴下につく汚れとよく似ています。

靴下はよく黒っぽく汚れてしまうことがありますが、これは付着した汗や皮脂、土やホコリが原因です。サンダルのソールと同じく、一日中大きな圧力がかかるので汚れが定着してしまいます。

靴下の黒ずみ汚れも、サンダルと同じようにとても頑固な汚れとして知られています。

洗う前に素材を確認する

サンダルを洗う前に、素材の確認を必ず行います。

素材によっては、水に濡れることで縮んでしまったり、シミができてしまったりする場合があります。

特に注意してほしいのが、革素材でできたものです。サンダルの中には、全体が革でできたものや部分的に革が使われているものがあるので、注意が必要です。

スウェード素材のサンダルも人気ですが、濡れシミができてしまうので避けた方が良いです。

革素材のサンダルでも、ソールのみを拭き取って洗う方法があります。後ほど説明する洗浄液をタオルや布につけてソールを拭き取るだけでも、十分黒ずみを落とせます。

革製品専用のクリーナーを使う方法もあります。

家庭にあるもので黒ずみを落とす

サンダルについた黒ずみ汚れを落とすためには、特別な洗剤は必要ありません。

家庭にある身近なアイテムを使うことで十分落とすことが可能です。

サンダルの黒ずみを落とす洗い方についてお伝えします。

重曹を使って洗う

重曹と石鹸

重曹水を使って、サンダルについた黒ずみを落とす方法もあります。

重曹は、弱アルカリ性の性質を持っています。皮脂を分解する効果があるので、サンダルの黒ずみ汚れを落とすのに適しています。

サンダルを洗う時の手順は、

  1. 3~5%の重曹水を作る
  2. 布に重曹水を染み込ませて、汚れが気になる場所を拭き取る
  3. 汚れが落ちたら、真水を染み込ませた布で再度拭き取る
  4. 風通しの良い場所で陰干しする

となります。

重曹水を使ってサンダルを洗うメリットには、消臭効果がある点があります。

重曹は、酸性のにおいを分解する効果があります。多くの方が悩んでいる靴のにおいは酸性のものなので、重曹を使うことで消臭効果が得られます。

サンダル以外の靴も、重曹水に2~3時間漬け込んでおくとにおいが気にならなくなります。

おしゃれ着用洗剤で洗う

洗濯用品

おしゃれ着用洗剤をつかって洗う方法もあります。おしゃれ着用洗剤とは、デリケートな衣類を洗う時に使われる中性洗剤のことを指します。

一般的な洗濯洗剤はアルカリ性の物が多く、洗浄力もとても高いです。しかし、素材に負担がかかり、衣類が傷みやすくなります。一方中性洗剤は洗浄力はそこそこですが、生地に負担がかかりません。

デリケートな素材で作られているサンダルにも使用できます。

おしゃれ着用中性洗剤を使ってサンダルを洗う方法は、以下のとおりです。

  1. あらかじめ、付着したホコリや土を落としておく
  2. ぬるま湯(お風呂くらいの温度)に中性洗剤を数滴垂らす
  3. 2で作った洗濯液を布に染み込ませる
  4. 汚れのついた部分を拭き取る
  5. 真水を染み込ませた布でもう一度拭き取る
  6. 風通しの良い場所で陰干しする

事前に付着したホコリや土を落としておくときは、靴用のブラシを使うと簡単です。

中性洗剤は刺激が少ないことがメリットです。大事なサンダルや、デリケート素材が使われているサンダルには、中性洗剤を使って洗う方法がおすすめです。

ボディーソープで洗う

石鹸とミントの葉

サンダルを洗う方法の変わり種として、ボディーソープを使う方法があります。

ボディーソープで本当に汚れが落ちるか不安に思うかもしれません。しかし、本来サンダルについた汚れは汗や皮脂が酸化したものです。

ボディーソープは汗や皮脂を落とすために作られたものなので、相性がとても良いのです。

ボディーソープを使ったサンダルの洗い方は以下のとおりです。

  1. 濡らした布にボディーソープをつける
  2. サンダルの汚れた部分を優しく拭き取る
  3. 布をすすいできれいな水をつけてしぼる
  4. ボディーソープがついた部分を再度拭き取る
  5. 風通しの良い場所で陰干しする

ボディーソープはどんなご家庭にもおいてあるので、今すぐ実践することが可能です。

ボディーソープだけでなく、石鹸を使って洗うことも同様におすすめです。

漂白剤を使って洗う

粉洗剤

漂白剤を使って汚れを落とす方法もおすすめです。

漂白剤と言うと、シャツを白く保つために使われるイメージがあります。しかし、衣類についた汗や皮脂汚れを分解して浮かせる効果もあるのです。

衣類だけでなく、サンダルにも応用できます。

漂白剤には、大きく分けて

  • 塩素系漂白剤
  • 酸素系漂白剤

の2種類があります。

塩素系漂白剤は、漂白力・消毒力がとても強いことが特徴です。医療機関での消毒剤として使われることもあるほど強力ですが、その分素材に大きな負担がかかります。

洗濯に使うと、衣類の色落ちや色移りの原因となることもあります。

一方酸素系漂白剤は、漂白力がそこまで強くありません。柄物や色物の洗濯にも使えます。

サンダルを洗うときには、負担が少ない酸素系漂白剤がおすすめです。

酸素系漂白剤を使った洗い方は、以下のとおりです。

  1. ぬるま湯に漂白剤を適量入れる
  2. ぬるま湯にサンダルをつける
  3. 30分~1時間ほどおいておく
  4. 水でよくすすぐ
  5. 風通しの良い場所で陰干しする

酸素系漂白剤の量は、各メーカーが指定している量を守ります。つけ置き用の規定量が決められているので、容器の記載を参考にします。

つけ置きしても汚れがまだ付着しているようなら、柔らかい布を濡らして優しく拭き取ってください。

頑固な汚れには歯ブラシを使う

歯ブラシ

汚れが頑固でなかなか落ちないときは、歯ブラシでこすると落ちやすくなります。

汚れが気になる部分を、洗浄液を染み込ませた歯ブラシで優しくこすります。力任せにこすりすぎるとソールが傷ついてしまうので、優しく撫でるように磨いていきます。

歯ブラシを使うことで、毛先が生地の奥まで届きます。全体重がかかって、生地の奥まで到達してしまった汚れをかき出すことができます。

汚さないためにできること

疑問を持つ女性

サンダルの黒ずみ対策は、できるだけ付着しないように工夫することも大切です。

あらかじめ工夫をしながら履くことで汚れもつきにくくなりますし、においも気にならなくなります。

簡単にできる黒ずみ対策についてお伝えします。

防水スプレーをかける

撥水加工をした生地

サンダルに靴用の防水スプレーをふきかけておくと、汚れが付着しにくくなります。

防水スプレーをサンダルに吹きかけておくと、生地表面がスプレーでコーティングされます。水分だけでなく、汚れも弾いてくれるので汚れがつきにくくなるのです。

防水スプレーは1シーズンで効果がきれてしまうことが多いです。サンダルに吹きかけるのであれば、履き始める前に一度スプレーしておけばその年の夏は防水効果が持続したまま履き続けられます。

定期的に布で拭き取る

汚れが黒ずんで定着してしまう前に、布で拭き取っておく方法もおすすめです。

黒ずんだ汚れは汗や皮脂が酸化してつくものです。汗や皮脂が酸化する前に、濡れタオルなどで拭き取っておくと黒ずみ汚れがつきにくくなります。

汗をかいたと感じたら、帰宅後サッとサンダルを拭いておくと黒ずみ予防になります。

靴に関する記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。2018年にクートンに入社。若手社員として未経験ながら奮闘中。頑張りますので、ご指導よろしくお願いいたします。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事