POSTWASH(ポストウォッシュ)洗濯代行サービスの料金は?口コミは?

B! pocket

ポストウォッシュのロゴ

POSTWASH(ポストウォッシュ)洗濯代行サービスを行う業者です。洗濯代行とは、普段の洗濯をプロに任せられるもので、専用バッグに洗濯物を入れて発送するだけで、数日後にはきれいにたたまれた状態で返却されます。

子育てに忙しい家庭や一人暮らしの方、単身赴任中の方などに人気のサービスとなっています。

ポストウォッシュは、宅配業者を介して洗濯物のやり取りを行うので、お店まで荷物を持ち込む必要がなく、全国どこからでも利用できるのがメリットです。

POSTWASHのサービス内容

ポストウォッシュのたたみ作業の様子

ポストウォッシュは洗濯代行サービスなので、クリーニングとは洗えるものが異なります。水洗いできる衣類が中心となるので、ドライクリーニングが必要な衣類はあらえません。

クリーニング店とは違って、家庭で洗えない衣類は取り扱えないので、注意が必要です。

ポストウォッシュのサービス内容についてご説明します。

洗濯代行とは、普段の洗濯をそっくりおまかせできるサービス

洗濯代行サービスとは、水洗いできるものを私達の代わりに洗濯してくれるサービスです。イメージとしては、コインランドリーに誰か代わりに行ってもらうような感覚です。

自宅で洗濯物を専用のバッグにつめて、指定した時間に宅配スタッフに渡します。すると、工場にとどけられた洗濯物は、プロの手によって洗い上げられ、キレイにたたまれて返却されます。

洗濯代行の主な特徴としては、

  • 水洗いできる物のみ洗える
  • 下着・靴下なども可能
  • たたまれて返却される
  • バッグごとに洗われる

などがあげられます。

洗濯代行では、コインランドリーに置いてあるような大きな業務用洗濯機で衣類をあらっていきます。クリーニング店と違って水洗いができるもののみが洗えます。

利用するときには、衣類を預ける前に洗濯表示を確認して、水洗いが可能な服であることを確認して下さい。

水洗いができるものでも、洗濯機ではなく手洗いが推奨されていたり、縮んだりプリントが劣化しそうな服は避けた方が良いです。

洗濯代行で利用される業務用洗濯機は、家庭用の洗濯機よりもパワーが強いものです。思っている以上に傷ついてしまう可能性もあります。

下着や靴下などが洗えることも洗濯代行の特徴です。クリーニング店では、下着など肌に直接触れている衣類は利用できない傾向にあります。タオル類も洗えます。

たたまれて返却されるのもメリットの一つです。工場から返ってきた衣類はていねいにたたまれた状態となっています。洗濯の工程の中でもたたむのが嫌いな方は多いですが、それをまるっと省略できるのは魅力的です。

洗濯代行から戻ってきた衣類はそのまま収納することができます。

また、バッグごとに洗われるのもクリーニングと異なる点です。クリーニングでは、水ではなく溶剤というドライクリーニング専用の洗剤を使って洗います。

溶剤のコストが大きいので、何人分かの衣類をまとめて洗うのが一般的だそうです。しかし、洗濯代行では、送られてきたバッグごとで洗濯機一台を使用します。

誰かわからない人の洗濯物と一緒に現れるのは不安だと思う方でも、安心して衣類を預けることができます。自分の分だけで洗濯機を使用することから、柔軟剤の種類を指定することもできるそうです。

以上の特徴をふまえ、洗濯代行とクリーニング店のサービス内容を比べてみると以下のようになります。

洗濯代行 クリーニング
洗い方 水洗い ドライクリーニング(水洗いサービスも有)
洗えるもの 普段着・下着・靴下・タオル 肌に直接触れないものが中心
洗濯機の使い方 個人ごと 複数人分をまとめて

さらに、ポストウォッシュならではのサービスもあります。

  • すべての業務を女性スタッフが実施
  • 抗菌・アレルゲン対策無料
  • アロマオイルが付着しても通常料金

まず、ポストウォッシュでは全ての業務を女性スタッフが担当しています。洗濯代行は、クリーニングと違って肌着や下着なども洗濯することができます。

女性の方で、下着を男性スタッフに見られるのは嫌だ・不安だ、と思う方でも、安心して利用することができます。

使用する洗剤にこだわることで、抗菌加工をいつでも無料でうけることができます。洗剤に含まれる陽イオン界面活性剤が菌を残しません。

また、高温のタンブラーで乾燥させることでダニなどのアレルゲンを除去する効果もあります。業務用乾燥機は、一般のものよりも威力が強いのでより高いアレルゲン除去効果が見込まれます。

さらにポストウォッシュでは、他社ではなかなか落とせないアロマオイルの汚れもきれいに落とすことができます。

エステサロンなどの洗濯代行を多数受け付けているポストウォッシュでは、頑固なオイル汚れを落とすノウハウがあります。

自社開発した「アロマクリーンウォッシュ」というアロマオイルがついたもの専用の洗剤が残さず汚れを落とします。

利用料金、5日分の洗濯物が3,000円強

お金と電卓

ポストウォッシュの利用料金は、以下の3つの条件から決まります。

  • 専用ランドリーバッグ料金
  • バッグサイズ
  • 配達エリア

専用ランドリーバッグは、初めてポストウォッシュを利用する方は必ず購入する必要があります。2回め以降は、初回時に購入したものを使うのでバッグ代はかかりません。

また、そのバッグには2つのサイズがあります。Mサイズ(Tシャツ45枚が入る)と、Mサイズの三倍の容量があるLサイズ(Tシャツ135枚が入る)からお好きな方を選ぶことができます。

ポストウォッシュの料金は中につめた洗濯物の量によって金額が左右されることはない、詰め放題方式です。たくさんつめればつめるほど、1つの衣類にかかる料金が安くなるのでお得になります。

かといって無理やりにたくさんの量を詰めすぎると、ランドリーバッグが壊れてしまいます。ランドリーバッグを破損してしまうと再度購入する必要があるので、つめすぎにはご注意ください。

Mサイズのバッグは上部のファスナー、Lサイズのバッグにはひもがついています。それらがきちんと閉まることが注文の条件です。

つめすぎたせいで、バッグが完全に閉まらない場合は、受け付けてもらえない場合もあります。

そして配達エリアによっても料金が変わります。ポストウォッシュは拠点が関東にあるので、基本的に関東から遠い地域ほど、料金は高くなる傾向にあるようです。

それぞれの項目についてより詳しく説明します。

専用ランドリーバッグ2種類の料金は

  • Mサイズ:834円
  • Lサイズ:1389円

となります。

それぞれのサイズは、

  • Mサイズ:容量8キロ
  • Lサイズ:容量24キロ

となります。どちらのバッグを購入するかの目安として、人間一人が一日で出す洗濯物の量は約1,5キロだと言われています。

つまり、Mサイズのランドリーバッグは約5人分Lサイズのバッグは16人分の洗濯物を入れることができる計算となります。Lサイズには羽毛布団が1枚まるまる入る大きさだそうです。

個人的な意見としては、

  • 一人暮らしで、平日の5日分の洗濯物をまとめて土日に預けたい方
  • 家族の1~2日分を預けたい方
  • あまりたくさん洗濯物をあずける予定がない方

には、Mサイズで十分なのではないかと思います。

また、一方で

  • 家族の分を数日分まとめて預けたい方
  • 衣類だけでなく、布団やシーツなどの寝具も洗濯したい方

にはLサイズがオススメだと思います。

エリアごとの洗濯代金を以下の表にまとめました。

エリア Mサイズ Lサイズ
関東 2,871円 6,297円
東海・北陸・信越・関西 3,149円 6,575円
東北・四国・中国 3,241円 6,667円
九州・北海道 3,612円 7,038円

※料金は税抜です。

料金の中に往復の送料が含まれているので、発送の際に別途料金を支払う必要性はありません。

支払い方法は、クレジットカード決済と代金引換を選ぶことができます。

代金引換の場合、手数料がかかりますので、クレジットカードでのお支払いがおすすめです。

利用方法と実際に利用した人の口コミは?

自宅でパソコンを操作する男性

洗濯代行の利用方法はとても簡単です。基本的に利用者がすることは、洗濯物をバッグにつめて発送するだけです。

その使い勝手の良さから、子育てに忙しい方や仕事で家事の時間を取れない方、高齢で洗濯が大変な方まで、様々な方に人気があるのが洗濯代行サービスです。

利用方法、会員登録は無料

ポストウォッシュを利用する時の手順は、以下のとおりです。

ホームページより会員登録をする
住所や連絡先などの必要事項を入力します。入会金や事務手数料は永久に無料です。
専用ランドリーバッグを購入する
2つのサイズから好きな方を選び購入します。2回めの利用からは購入は不要です。
ホームペーじより洗濯の注文
荷物の引き取り日時を指定して、その時間までにランドリーバッグに洗濯物を詰めます。
配達員に荷物を引き渡す
集配は佐川急便が行います。
洗濯後、指定した日時に洗濯ものが返却される
最短2日程度で自宅まで送付されます。

ランドリーバッグは注文から最短で1~3日ほどで到着します。もし、バッグ配達時に長期不在などにより引き戻しとなった場合、再送にかかる送料を追加で負担しなければなりません。

事前に在宅している時間を確認して指定するとスムーズに受け取れます。

利用者の過失でランドリーバッグを破損してしまった場合は、再度購入が必要です。しかし、バッグの破損が運送中のトラブルや、ポストウォッシュの過失によるものであった場合は、補償されます。

洗濯物を発送してから、洗濯物が返却されるまでの納期は以下のとおりです。

  • 関東甲信・東海・関西:2日
  • 東北・北陸・四国・中国・九州・北海道:4~6日

かかります。地域によってはより長くかかる場合もあります。沖縄や離島からも利用することはできますが、送料などが規定と変わる可能性が大きいので事前にお店と相談してください。

キャンセルは前日の18時までなら可能です。予定が変わってしまったり、洗濯代行を利用する必要がなくなった場合はできるだけ早めにキャンセルしてください。キャンセルはマイページからできます。

実際に利用した方の口コミ

実際にポストウォッシュを利用した方は、

  • 仕事で家事をする時間がない方
  • 子育てで洗濯に手が回らない方
  • 男性の一人暮らし・単身赴任
  • 妊娠中で洗濯物を干すのが難しい方

が多いようです。

ポストウォッシュなら、時間がなくても洗濯物を宅配業者に引き渡すだけで洗濯が完了しますし、(21時まで引き取りが可能です。)時間も手間も取られません。

女性の利用が多いイメージがありますが、思いの外男性も多く利用しているようです。

洗濯機が壊れてしまった時に一時的に使う方や、妊娠・怪我などで重いものが持てない方の利用もあるそうです。

利用者の意見としては、

サロンなどと提携していることもあり、油汚れが他社よりもキレイに落ちていた。

ふんわりとたたまれて返ってくるので収納が楽でいいです。忙しい時でも便利。

などと、良い意見が多く見られます。ただし、料金が高いという意見もあります。確かに同じ量の洗濯をするのであれば、コインランドリーを使用すれば1,000円程度で洗うことができます。

ですが、忙しかったり、洗濯をするのが難しい方にとっては、洗濯代行というサービスは料金以上の価値やメリットがあるようです。

POSTWASH公式サイトはこちら

洗濯に関する記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。宅配クリーニングのホームページを見てはお得で便利なお店を探すのに夢中。すぐ食べ物を服にこぼすので、効果的な洗濯方法も研究中です。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事