洗濯物が凍った時の対処法、繊維を傷めないためにできることとは?

B! pocket

氷

冬の寒い時期に洗濯物を干していたら、洗濯物が凍ってパリパリになってしまうことがあります。洗濯物の水分が、あまりの寒さに凍ってしまい固まってしまうことが原因です。

雪の多い北国ではよくある現象ですが、実は衣類の繊維を傷つけてしまっています。

繊維が傷つくと、劣化が進んでしまい、衣類の寿命が短くなってしまうのでおすすめできません。

洗濯ものが凍ってしまった時の対処法や、凍り始める目安の気温、繊維が傷ついてしまう原因についてお伝えします。

洗濯物が凍ってしまった時の対処法

雪景色

冬の時期に洗濯物を外に干したまま取り込むのを忘れてしまっていたり、とても寒い日に干したりしていると洗濯物が凍ってしまうことがあります。

洗濯物が凍っていたら、できるだけ早く室内に入れて解凍してから再度乾かす必要があります。

凍った状態の洗濯物

外干しされたタオル

洗濯物は、凍ってしまうとまっすぐに伸びた形のまま、固まってしまいます。

触った感触も、パリパリとしたものとなるので、凍っているかどうかの判断は簡単だと思います。

北国や、遊園地の施設などで、濡れタオルを振り回して凍らせる体験をすることができる場合がありますが、その凍ったタオルと同じような状態になります。

まずは部屋に取り込んで自然解凍を

部屋干しされた衣類

洗濯物が凍ってしまった場合は、まず部屋に取り込んで解凍する必要があります。その時注意していただきたいのが、室温で自然に解凍させることです。

凍ってしまったからと、急いでヒーターの前に置いたり、ドライヤーの熱を与えたりすると生地が傷んでしまう場合があります。急な温度変化の上に、水分が急に飛んでしまうと、繊維が縮んでしまうので、要注意です。

熱による傷みを防ぐために、部屋の中に置いておいて、自然解凍・乾燥するのを待ってください。

サーキュレーターや扇風機があれば、稼働して部屋の空気に流れをつくっておけば早く乾かす事ができます。

二度洗いはしなくても大丈夫

洗濯に疑問を持つ女性

もし洗濯物が凍ってしまっていたとしても、もう一度洗い直す必要はありません。凍っている水分は、元から洗濯物に付着していたものです。汚れたものではないので、二度洗いしなくても大丈夫です。

ただし、その日に雪が降っていて、降った雪が付着して凍ったものであれば、洗い直した方が良いかもしれません。

雪には、雨と同じく汚れがたくさん含まれています。空気中のチリやホコリの他にも、車や暖房など空調機器から出る排気ガスを吸い込んでいる可能性が高いからです。

洗濯物が凍ってしまった場合、元から洗濯物についていた水分が凍っているのならば、洗濯は必要ありません。しかし、雨や雪が付着したものが凍っているのならば、洗い直すことがおすすめです。

洗濯物が凍り始める気温

天気予報のイラスト

洗濯物が凍ってしまうことを事前に避けるためには、事前に外干ししても大丈夫な気温かどうか知っておくことが重要です。

目安となる気温を知っていれば、洗濯物が凍ってしまいそうな寒い日には外干しを控えたり、干す時間を変えたりと対策をすることができます。

洗濯物が凍り始めるのは5度が目安

雪の中の温度計

気象予報士さんが、洗濯物が凍り始める可能性があるとして注意をうながす目安は、大体5度前後です。

水が凍り始めるのは0度からなので、氷点下にならない限りは大丈夫だと思いがちですが、実際はもう少し高い気温でも凍ってしまいます。

原因は、気化熱です。気化熱とは、水が蒸発する時に接しているものから温度を奪う現象のことを指します。

体が濡れた状態でいると、寒く感じるのは体表についた水分が蒸発する際に体温を奪っているからです。

洗濯物が濡れたまま干されていると、水分が蒸発する際に熱を奪います。気温が0度以上あっても、気化熱によって温度が氷点下まで下がり、凍ってしまいます。

その目安が5度となります。

天気予報で気温が5度以下になると言われている場合は、外干しを控えることがおすすめです。また、外干しはしても、昼間の太陽光のある時間帯に集中して干すことでも、洗濯物を守ることができます。

気温が低そうなら部屋干しがおすすめ

部屋干しされた衣類

洗濯物が凍ってしまいそうな寒い日には、できるだけ洗濯物は部屋干しすることがおすすめです。

部屋干しすることで、洗濯物を凍らせずに乾かす事ができます。ただし、部屋干しをすると衣類に嫌なにおいがついてしまうために避けてしまう方も多いです。

室内干しによる洗濯物のいやなにおいの原因は、雑菌が増えてしまうことです。洗濯ものに付着した菌は、時間が経つにつれて増えていきます。

菌は、高温多湿な環境を好みます。室内は快適な温度が保たれている上、湿気が逃げて生きないので、高温多湿になりがちです。そんななかで、長い間濡れたままの洗濯物は菌にとって居心地の良い場所となります。

濡れている時間が長ければ長いほど、菌が増えていき、結果としてにおいを発生させるようになるのです。

室内干しで洗濯物のにおい対策をするのであれば、

  • 室内の湿気を取り除くこと
  • 衣類を早く乾かすこと

が重要になります。

湿気を取り除くためには、除湿機を使ったり、空調の除湿モードを活用することがおすすめです。冬は乾燥しやすく、元々湿度もあまり高くはないので、洗濯物を干したくらいでジメジメすることはありません。

むしろ、洗濯物を干すことによって乾燥しすぎた空気を快適な湿度にまで戻してくれます。

冬の部屋干しで特に注意したいのは、2点目にあげた衣類を早く乾かすことです。気温が低く太陽光が弱い冬は、洗濯ものが乾くまでに時間がかかります。

できるだけ早く乾かすためには、室内に空気が流れていることが重要です。しかし、冬は寒いからと部屋を閉め切っていることが多いです。

そんな時には、サーキュレーターなどを使うことで、部屋の中に空気の流れを作り、洗濯物が乾くまでにかかる時間を短縮することができます。

また、サーキュレーターには、暖房の効率をあげる効果もあります。

温かい空気は軽いために、部屋の上の方へと浮き上がります。そのために、せっかく暖房を入れても、足元は冷え、顔周りだけのぼせるような状態になってしまいます。

サーキュレーターを使うことで、部屋の空気全体がかき混ぜられるので、室温が均等になりすごしやすくなります。足元の冷え対策にもなるのでおすすめです。

サーキュレーターが自宅にない場合は、扇風機でも代用できます。

私自身、暖房で冷えのぼせのような症状が出ていることがありましたが、部屋の中で扇風機を回すようになってからは改善された経験があります。

洗濯物が凍ると衣類が傷む理由

色とりどりのシャツ

冬は洗濯物が乾きにくく、濡れている時間が長くなりがちです。繊維は、髪の毛と同じく濡れている時間が長ければ長いほど傷みやすくなります。

しかし、だからといって急激に温度がかわると、より大きなダメージが加わるため、熱を与えすぎるのも問題です。

凍った水の先端は尖っている

つらら

冬に軒先などにぶら下がっているつららを見れば、わかるように、氷は先が尖っています。

非常に鋭利な形をしているので、洗濯物についた水分が凍ってしまうと、この尖った部分が繊維に刺さってしまいます。

また凍った状態の繊維同士がぶつかりあうことで、摩擦がおき、傷んでしまう場合もあります。

凍った状態だと、生地がポッキリ折れてしまうこともありますが、それは繊維も一緒に折れていることになります。

凍った状態が続くと、生地に負担がかかってしまうので、できれば凍ってしまうことは避けた方が良いです。

急に熱を与えると繊維が縮む

衣類を洗濯する女性

凍ってしまった衣類に急に熱を与えると、生地が傷んで縮んでしまう可能性があります。

衣服の生地は、濡れたままだと細かい繊維が飛び出た状態となります。そのまま、凍ってしまうと生地同士がこすれあい摩擦がおきます。摩擦がおこると、飛び出た繊維同士が絡まり合います。

絡まったまま一気に熱を与えると、絡まったまま固定されてしまい、生地の編み目がきつくなります。結果として衣類全体が縮んでしまうこととなります。

濡れている時間が長いと、菌の増殖や、傷んでしまうリスクがありますが、急に熱を与えることが最もダメージを与えます。

洗濯物が凍ってしまったからと行って、ドライヤーやストーブなどの前に置かないようにしてください。

冬の洗濯に関する記事はこちら

0件のコメント

コメントを投稿する

人気の記事