礼服のクリーニングにおすすめの頻度は?自宅でも洗える?

B! pocket

礼服を着た女性

礼服とは、冠婚葬祭などのフォーマルな場で着る衣服のことを指します。あまり着る機会は多くなくい上に、着たとしてもあまり長い間着続けることはありません。

そのせいか、礼服のクリーニングについて悩みを持つ方が多いようです。

礼服にクリーニングが必要かどうかというと、端的にお答えすると、必要、です。

色の濃い礼服は汚れがついてもあまり目立ちません。気づかない間に様々な汚れが付着したままになってしまっている場合があります。

また、着る機会が少なく、保管しっぱなしになりがちな礼服を、汚れが付着したまましまっていると、あとからシミが浮いてきてしまう場合もあります。

後日、着なくてはならない機会ができて、出してきたらシミだらけでとても着られないなんて事態になりかねません。

礼服のクリーニングの必要性やおすすめの頻度についてお伝えします。

礼服にクリーニングが必要な理由

礼服を着た男性

礼服にクリーニングが必要な理由として、たとえ着用時間が短かったとしても、様々な汚れが付着している可能性が高い点があります。

また、保管期間がどうしても長くなる衣類なので、保管中のシミや虫食い、カビ被害を防ぐためにも、定期的なクリーニングが必要となります。

礼服に付着する汚れ

特に礼服につきやすい汚れとして、

  • 汗の汚れ
  • 化粧品の汚れ
  • 食べ物・飲み物の汚れ

などが考えられます。

最近の礼服は、ウォッシャブルなものも増え、自宅の洗濯機で洗えるものもありますが、まだまだ多くはクリーニングでしか洗うことができません。

一度ついた汚れは、放置すればするほど落ちにくくなるので、できるだけ早くクリーニングすることがおすすめです。

汗の汚れは虫食いの原因に

汗をふくスーツ姿の男性

礼服で特に注意してほしいのが汗汚れです。

汗は透明なので、もっとも目立ちにくいよごれです。また、干して水分を乾かしてしまえば大丈夫だと思っている方も多いです。

しかし、汗には水分以外にも皮脂汚れが含まれています。皮脂汚れはついたままにしていると、後から汗ジミや黄ばみとして浮かんで来たり、虫食いの原因となることがあります。

皮脂には、タンパク質が多く含まれています。衣類の繊維を食べる虫にとって、皮脂汚れに含まれるタンパク質は貴重な栄養源となります。

そのため、汗汚れを落とさずに保管している礼服は真っ先に狙われることとなってしまいます。

夏場の暑い時期に着用した礼服は、短時間だけでもたくさん汗がついてします。

おすすめなのは、クリーニングで汗抜き加工をお願いすることです。汗抜き加工とは、汗汚れを完全に落とすために、水を汚れを落とす方法です。

繊維の奥に入り込んだ汚れを落とすことができ、気になるにおい対策にもなるのでおすすめです。

化粧品の汚れはなかなか落ちない

化粧品

礼服に付着してしまった化粧品も厄介です。ファンデーションや口紅などの汚れはなかなか取れません。

汗の汚れや、食べ物の汚れは、水に溶ける水溶性の汚れです。水に溶けだしてしまうので、水洗いをして適切な洗剤を用いることできれいに落ちます。

しかし、化粧品は汗や雨で簡単に落ちてしまわないようにできている、油性の汚れです。油にしか溶け出さない性質を持っています。

特に、汗や水に強いウォータープルーフの化粧品は落ちづらく、きれいに取り去ることが難しいです。

化粧品は発色がよく、ついてしまうと目立ちやすいので、できるだけはやく落としてあげることがおすすめです。

ついたシミに気づかないままずっと放置していると、プロのクリーニング師さんでも落とせないほど頑固な汚れとなってしまいます。

もし、礼服に化粧品が付着してしまった場合は、応急処置としていつも使っているクレンジング剤をつけて布で上からおさえてください。

やさしくすすいでクレンジング剤を落としたら、すぐにクリーニング店に持っていってください。

食べ物・飲み物のシミ

シミのついたシャツ

冠婚葬祭の場では飲食することも少なくありません。

慣れない礼服で食べたり飲んだりしているうちに、衣類にシミがついてしまう場合もあります。

食べ物のシミは特に色濃く残ってしまう場合が多いですし、飲み物もコーヒーやワインなどはなかなか落ちません。

シミがついてしまった場合は、できるだけハンカチやタオルティッシュなど乾いたものでつまみ取るのがポイントです。

おしぼりや濡れタオルなど、しめったものでこすると、シミが周囲の生地にまで広がってしまう可能性があります。

できるだけ、汚れが広がらないように、上からやさしく叩くことが重要です。

礼服のクリーニングにおすすめの頻度

クリーニング店

礼服は、一度着用するごとにクリーニングするのが理想です。汚れを落としてから保管することで、保管中のトラブルを避ける事ができます。

また、急に必要になった時に、直前に汚れに気づいて焦ることもありません。

一度着たら、都度クリーニングすることが理想

クリーニングを受け取る男性

礼服は、できれば着用する度にクリーニングすることが理想です。あまり汚れていないのに、クリーニング代がもったいないと感じる方もいるかと思います。

しかし、クリーニングに出しそこねて、虫食いや汗ジミで礼服を台無しにしてしまう方が、無駄な費用がかさんでしまいます。

あまり着る機会がない礼服ですが、着用する場は公のとてもかしこまった場です。きちんとした礼節が求められるので、できるだけ礼服はキレイな状態を保たなくてはなりません。

たかが数時間しか着ていないから、と思わずに、着た後は必ずクリーニングしてあげることで、より礼服を長くきれいに使用することができます。

着る機会がなくても年に一度はお手入れを

着る機会がなくても、できれば年に一度はクリーニングをしておくと、保管中の虫食いやカビなどの対策にもなります。

着もしていないのに、クリーニングをする必要はあるのかと思ってしまいますが、保管しているだけでもホコリが付着していたり、菌やカビが繁殖している場合もあります。

礼服は急に必要になることが多いので、できるだけいつでも着用可能な状態にしておくのがおすすめです。

毎年洗うのは無理だと感じる方は、気が向いた時に他の衣類と一緒にクリーニング依頼をするだけでも、よりよい状態を長くキープすることができます。

自宅で保管する時はたまに換気を

扇風機

自宅で保管する場合は、クローゼットのなかにずっとしまいっぱなしにするのではなく、たまに換気をしておくことが重要です。

しめきられたクローゼットのなかは、日本の気候も関係して、高温多湿になりがちです。高温多湿な状況は、菌やカビが最も好む環境となります。

せっかくクリーニングしてきれいな状態にして保管していても、換気を行わないことでカビや菌が増えてしまう場合もあるので、定期的な換気がおすすめです。

あまり長い時間する必要はなく、気がついた時に数分クローゼットをあけっぱなしにしておくだけでも効果があります。

時間がない場合は宅配クリーニングがおすすめ

クリーニングに礼服を持っていく時間がない方には、宅配クリーニングの利用がおすすめです。

宅配クリーニングとは、宅配業者が自宅まで衣類の引き取り・お届けを行ってくれるクリーニングサービスのことです。

24時間いつでも注文できるので、忙しい方でも利用できます。また、家から一歩も出ずにクリーニングが完了するので、外出を控えている方にも人気のサービスです。

宅配クリーニング利用の流れ

宅配クリーニングのフロー図

宅配クリーニングの利用の流れは、

  1. ネットから注文する
  2. 衣類を梱包する
  3. 自宅に来た配達員に引き渡す
  4. 工場でクリーニング
  5. 仕上がり品が自宅に届く

となります。利用者がしなくてはならないことは、注文・梱包・発送の3点だけで済みます。配達業者に来てもらう時間は自由に指定できるので、ご自身の都合に合わせて利用できるのが人気の秘密です。

料金も一般的なクリーニング店と変わらないので、共働き世帯や子育て世帯、単身赴任中の方などに人気があります。

宅配クリーニングを利用するメリット

ダンボール箱を受け取る女性

宅配クリーニングを利用するメリットとして、

  • 24時間いつでも注文できる
  • 自宅からお店まで荷物を持っていく必要がない

点が考えられます。

宅配クリーニングはネットから注文するので、24時間いつでも受け付けてくれます。思いついた時にいつでもクリーニングを依頼できるので、簡単です。また、発送も自宅まで引き取りに来て貰う方法と、自分で発送する方法があります。

自分で発送することを選び、24時間営業のコンビニから発送すれば、早朝・深夜問わず利用することも可能です。夜勤などで昼間に荷物の発送が難しい方でも大丈夫です。

自宅からお店まで衣類を持っていく必要がないのもメリットの一つです。

衣類は、意外と重たくかさばります。特に礼服はかさばって持ち運ぶのが大変な場合があります。ですが、宅配クリーニングを利用した場合は、自宅で梱包するだけでいいので、衣類を運ぶ必要はありません。

自宅だけで全て作業が完了するので、妊娠中の方や怪我をしている方、高齢の方など、外出を控えている方でも安心して利用することができます。

おすすめの宅配クリーニングはこちら

0件のコメント

コメントを投稿する

人気の記事