ペット用品専門の宅配クリーニングmomoはおしっこがついたものでも洗える

B! pocket

ペットグッズクリーニングmomo

自宅でペットを飼っている方の悩みの一つとして必ずあげられるのが、ペットのにおいです。ペットがいつも使っているベッドやタオルはどんどんにおいがしみついて、挙句の果てには部屋自体に動物っぽいにおいが充満してしまいます。

私自身、自宅にいわゆる鼻ぺちゃ犬がいるのですが、他の犬種と比べてにおいがきついと思います。

そして、とにかく毛が抜けます。短毛種なので毛が抜けてもそこまで目立たないのですが、ベッドを見てみると毛がびっしり、なんてこともよくあります。

ペットクリーニングmomoでは、ペット用品を専門に扱ってクリーニングを行っています。宅配クリーニングなので、全国からどこでも利用できますし、キャリーケースなど大きなものも洗ってもらえます。

しつこいにおいや汚れに、momoのサービス

ペット用ベッドの上で寝る犬

ペットが毎日使うベッドや、服、タオルは日に日ににおいや汚れがしみついています。洗える素材のものであれば、洗濯機を使いますが、中には洗えないものもあって困ることがあります。

我が家では、洗えないグッズが汚れてしまった場合は、たいてい新しいグッズを買い直したりします。しかし、せっかく新しいものを買ってきても、ペットに嫌がられて仕方なく捨ててしまうこともあります。

特にこだわりの強い子は、自分の気に入ったものしか使ってくれないこともあるので、できるだけ今あるものを洗って長く使ってあげたくなります。

momoではベッドやキャリーバッグなどの自宅で洗いづらいグッズも取り扱ってくれます。

momoで洗えるグッズ、キャリーバッグもok

キャリーバッグとチワワ

ペットグッズクリーニングmomoでは、ペットが着ている服から、キャリーバッグ、ペットまで様々なグッズを取り扱っています。

主な取扱い品の例としては、

  • 通常衣類
  • 特殊衣類(着物風・ドレス風など)
  • 革製のグッズ
  • ベッド
  • キャリーバッグ

などがあります。

特殊衣類とは、装飾品がついていたり、複雑な構造のもののことを指します。最近では、ペット用の衣類も可愛くて豪華なものがたくさん出ています。

我が家でも、年末になると、獅子舞の衣装や鏡餅の帽子などをペットにかぶせて年賀状用の写真を撮ったりしますが、使用後のケアが大変です。

かわいい衣装ほど、洗濯機で洗うと縮んでしまいそうな素材が使われていたり、硬い装飾品があって機械を傷つけてしまうのでは?と心配になったりします。

クリーニング店にお任せすれば、これらの悩みから解放されます。

また、自宅では洗えない革製品もキレイにしてもらえるのは嬉しいです。革が使われた衣類だけでなく、リードや首輪、ベルトなどもキレイに洗ってもらえます。

革製のリードはシックで格好いいのですが、自分で洗えないのが難点です。比較的高価なものが多いので、汚れたからと言ってすぐ買い換えることも気が引けます。

クリーニングできれいになれば、新しいものを買わなくて済みます。これまで汚れてしまうことが理由で、革製のグッズを使えなかった人でも安心です。

またキャリーバッグなどの大きなグッズも洗えます。ペットと一緒にお出かけしたり、病院につれていく時に便利なキャリーバッグですが、ペットと触れている面積が多く、使用時間も長くなる傾向になるのですぐに汚れてしまいます。

慣れないおでかけで、粗相をしてしまう子もいます。

大きいキャリーバッグも、自宅で洗うことはなかなか難しいですが、ペットグッズ専門店であれば細かい汚れをキレイに洗ってもらえます。

momoの料金、通常衣類は1着900円

服を着たフレンチブルドッグ

momoのペットグッズ料金は、安くて良心的な値段ばかりです。

特に、通常衣類は1着900円で、人間の衣類とさほど変わりません。

我が家の場合、寒さに弱い犬種なので、寒い時期になると毎日服は必須になります。しかし、毎日服を着ているとどうしてもにおいが付いてしまうのも事実です。

日常的に使うものなので、安い料金でクリーニングができるのはとても有り難いです。

momoのクリーニング料金の一覧は以下のとおりです。

  • 一般衣類:900円
  • 特殊衣類:2,000円~
  • 革製品:2,800円~
  • マット:2,300円~
  • ベッド:2,800円~
  • キャリーバッグ:2,800円~

(税抜価格)

料金は、品物のサイズやペットの種類によっても異なります。たとえば大型犬のベッドの場合は、当然ベッドも大きくなるので料金も高くなります。

これまでmomoが行ったクリーニングの実例として、超大型犬であるレオンベルガーのベッドは、3,800円でクリーニングしています。

その他、紹介されている実例として、

  • キャリーバッグ(トイプードル):2,800円
  • ダウンベスト(ミニチュアダックスフンド):2,000円

などがあります。

ダウンコートは繊細な素材なので、自宅で洗ってしまうとボロボロになってしまいます。プロに任せることで、きちんと素材を傷めず洗ってもらえます。

見積り額によって料金は左右されるので、料金はあくまで目安としてください。

利用料金が5,000円以上の場合は、送料が無料になってお得です。洗えずに困っていた服やベッドをまとめてお願いするのがおすすめです。

momoの利用方法

ダンボール箱を持つ女性

ペットグッズクリーニングmomoは、宅配型のクリーニング店です。

ペット用品をダンボールなどに詰めて、お店に発送します。お店についたあとは、スタッフがていねいにクリーニングをして、指定された住所に返送します。

お店の近くに住んでいなくても、全国どこからでも利用することができます。コンビニなどを利用して発送すれば、24時間いつでも送る事ができます。また、宅配業者に集荷依頼をすれば、自宅にまで荷物を取りに来てもらえます。

利用手順、コンビニから24時間発送できる

コンビニのイラスト

ペットグッズクリーニングmomoの利用手順は以下のようになっています。

公式サイトから申し込み用紙を作成する
住所や連絡先、ペットの種類などを記入します。
品物をダンボールなどに梱包する
品物と一緒に申し込み用紙をいれて梱包します。輸送中のトラブルを避けるため、しっかりと閉じてください。
申込書に記載された住所に発送する
配送業者に指定はありません。コンビニから発送・集荷依頼から発送などの方法があります。
工場から確定連絡・支払い
検品が終了したあと、正式に決まった金額がメール・電話でお知らせされます。支払い方法で銀行振込を指定した場合は、このタイミングで支払います。
クリーニング終了後、自宅に仕上がり品が届く
クリーニングが開始されてから3営業日で発送されます。

まず、公式サイトの注文専用フォームに必要事項を入力して、申込み用紙を作成します。利用者の情報と、ペットの情報、クリーニングを依頼したい品物の種類などを入力します。

申込用紙には、料金が記載されますが、確定した金額ではなく、最低料金となります。確定後の金額は上下する場合があるので、あくまで目安としてとらえておいてください。

申込用紙を印刷したら、不要なダンボールや紙袋などに、品物を詰めます。梱包方法に特に指定はありませんが、ガムテープなどでしっかり封をしてください。

荷物が出来上がったら、発送します。コンビニを使えば、365日24時間いつでも発送できますし、集荷サービスを使えば、自宅まで配送業者が荷物を引き取りに来てくれます。

工場に到着したら、担当スタッフが品物の検品を行います。正式な金額がメールか電話で連絡されるので、銀行振込を指定した方は入金手続きをします。

入金が確認できたら、クリーニング作業が始まります。

その後3営業日で、仕上がり品が自宅まで返送されます。代引き支払いを指定した方は、品物を受け取る時に支払います。代引き指定にした場合は、クリーニング料金とは別に代引き手数料がかかります。

利用時の注意

衣類の状態によっては追加料金が発生します。料金に納得ができない場合はキャンセル扱いとなって返品されます。返品時の送料は利用者負担となります。

ペットグッズクリーニングへのこだわり

親子とペット

momoでは、社長さん自身が愛犬家ということもあり、ペットに優しいクリーニングにこだわっています。

通常のクリーニング店では、ペット用品や、ペットの毛がついたものは受け付けてくれません。ペット用品専門のクリーニングは、ペットを飼っている多くの人に必要なサービスです。

ペット用品専門だから毛がついていても大丈夫

ペットの毛がついた絨毯

通常のクリーニング店では、ペットがつかっている物や、毛がついた衣類は受け付けてもらえません。

多くのクリーニング店では、何人分かの衣類をまとめて一つの洗濯機を使って洗っています。そのため、ペットの毛がついた衣類をクリーニングにだすと、他の人の衣類に毛が移ってしまうことがあります。

ペットの毛が移ることでクレームがないように、クリーニング店では、最初から毛のついた服を断るようにしているのです。

しかし、最近ではペットブームの影響を受けて、たくさんのペット用品が販売されています。

たとえば、ダウンジャケットであったり、革製のリード、縮みやすいレースのあしらわれた服などは、自宅で洗うと二度と使えなくなってしまうことがあります。

自宅で洗えないペット用品も、ペット用品だけを取扱うクリーニング店であれば、クレームにつながることもありません。

社長さんいわく、設立当初は、人の衣類を洗うクリーニング店ではない点から、役所とのやり取りも数回では済まなかったそうですが、今では人気サービスとなっています。

肌が弱いペットも安心、低刺激石けんを使用

子犬と子猫

ペットの中には肌が弱く、アレルギー体質の子も少なくありません。肌が弱い子だと、クリーニングで使う洗剤で皮膚が赤くなったり、かゆみが出てしまう場合があります。

我が家の場合も、ペットが肌荒れしやすく、ちょっとした刺激でもすぐに赤くなってしまいます。ペットの場合は、かゆみを我慢することもできないので、かきむしって傷になってしまうこともしょっちゅうです。

そのため、momoでは赤ちゃんやアトピー体質のかたでも安心して使える、低刺激な石けんを使用してクリーニングを行っています。この石鹸は、柔軟剤が必要ないほどふんわりとした仕上がりにしてくれます。

ペット用品は、ペットの肌に直接触れたり、口に入れたりするものなので、できるだけ刺激の少ないもののほうが安全です。

洗剤にもこだわることで、より満足度の高いサービスを提供しています。

また、ペットの中には持病がある子もいます。momoでは品物1点1点に必ず除菌を行うようにしています。有害な菌を除去することで、持病のある子でも安心してベッドや服を使うことができます。

ペットグッズクリーニングmomo公式サイトはこちら

衣類のにおい対策に関する記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。宅配クリーニングのホームページを見てはお得で便利なお店を探すのに夢中。すぐ食べ物を服にこぼすので、効果的な洗濯方法も研究中です。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事