タトラスのダウンは、並行輸入品だと公式修理サービスが利用不可、修理もできるクリーニング店を紹介

B! pocket

タトラスダウンのクリーニング

TATRAS(タトラス)は、近年世界中で人気の高級ダウンブランドです。タイトでスタイリッシュなデザインで、着ぶくれしがちなダウンコートを一気におしゃれアイテムへと押し上げた立役者です。

一方で、高級ダウンブランドのなかでも特にクリーニングが難しいブランドでもあります。

生地や金具のつくりが非常に繊細で、傷つきやすいのです。プロのクリーニング職人さんが毎日の着用を避けるようにアドバイスするほどです。

タトラスが汚れたり、傷ついたりしたときには、公式メンテナンスが利用できます。しかし、海外で購入したものや、オークションショップで購入したもの、いわゆる「並行輸入品」は公式メンテナンスを利用できません。

また、国内正規品であっても、正規品であることを証明するギャランティーカードを紛失した場合は、公式メンテナンスを利用できません。

自分で信頼できるクリーニング店を探し、依頼する必要があるのです。

本記事では、タトラスダウンの並行輸入品におすすめのクリーニング店を紹介します。

並行輸入品とは

国内正規品とは、ブランド企業そのものや、ブランドと契約を結んだ代理店が日本で販売する製品です。一般的に正規品と呼ばれるのが、この国内正規品です。

一方、並行輸入品とは、ブランドとは関係ない個人や企業が海外の正規店で購入したものを、日本で販売した製品を指します。Amazonや楽天市場など大手ネットショップ、オークションショップでよく見かけます。

並行輸入品は、入手ルートが違うだけなので、偽物ではありません。違法に入手したものでもありません。

むしろ、並行輸入品には、日本正規店で購入するより安いというメリットがあります。為替相場の関係で安値になったり、免税店で入手したものであったりと、理由はさまざまです。

安いがゆえに、多くの方が並行輸入品を購入します。私も、化粧品の並行輸入品を購入したことがありますが、国内で買うよりも1~2割安い値段だったのを覚えています。

実際、Amazon楽天市場には、たくさんのタトラスダウンの並行輸入品がならんでいます。

並行輸入品は、違法な製品や偽物ではありません。流通ルートが違うだけで、品質は正規品とまったく変わりません。ブランド品を安く手に入れたい方にとって、並行輸入品を購入するのはとてもかしこい方法です。

ただし、購入後のアフターケアはすべて自分でしなければならないので、注意が必要です。

タトラス正規品のギャランティーカード

タトラスのギャランティーカード

日本国内で購入したタトラス正規品には、ギャランティーカードが付属しています。

このカードは、購入した製品が正規品であることを証明するものです。

  • 直営店
  • 直営オンラインショップ
  • セレクトショップ
  • ZOZOTOWN

で購入したものにギャランティーカードが付属します。

タトラス公式のメンテナンス制度を利用する場合は、このギャランティーカードが必ず必要です。

公式メンテンナンスでは、汚れを落とすことにくわえ、ファスナーやボタンの修理、穴あきの修理が可能です。

依頼するには、タトラス公式サイトの問い合わせフォームに、購入店舗・購入時期・修理内容を記入して送信します。

後日、担当者からメールが届きます。メンテナンス料金の見積もりも、メールで返事が届きます。

一方で、ギャランティーカードが付属しない並行輸入品や、カードをなくしてしまった場合は、公式メンテナンスを利用できません。

自分で修理やクリーニングをしてくれるお店を探す必要があるのです。

直営店で購入したタトラスダウンは、公式サイトの問い合わせフォームから修理依頼が出せます。

ZOZOTOWNやセレクトショップで購入したものは、販売店が修理依頼窓口となります。修理を依頼したいのであれば、購入したお店に問い合わせてください。

並行輸入品におすすめのクリーニング2店

タトラスのダウンは、非常に繊細な生地でできているため、クリーニングが難しいです。

一般衣類を中心にクリーニングしているお店では、十分きれいにならなかったり、型崩れするリスクがあります。

また、海外で購入した並行輸入品には、洗濯表示がないものもあります。

公式メンテナンス以外の修理や、クリーニングを利用するなら、信頼できるお店選びがとても重要です。

今回は、

  • 並行輸入品・洗濯表示がなくても洗えるクリーニング
  • タトラスの取扱いが多いクリーニング

の2つを紹介します。

高級衣類のクリーニング専門店:キレイナ

キレイナのロゴ

ひとつめのおすすめクリーニングは、キレイナです。キレイナは、どんなブランドや特殊素材でも洗えるオーダークリーニングです。

並行輸入品で、洗濯表示がないものでも、クリーニングが可能です。ウェディングドレスや舞台衣装など、手作りの衣類まで洗えます。

1着1着にカルテを作成して、衣類の状態や汚れ、素材の特徴などを記録します。その服にあった最適な方法でクリーニングするので、型崩れや生地の劣化が起こりません。

繊細なつくりのタトラスダウンにおすすめのクリーニングです。

洗濯表示がなくても洗える

キレイナでクリーニング作業を行うスタッフは、もともとブライダル衣装や歌劇団の舞台衣装の洗浄作業をしてきた人たちです。

こういった特別な衣装は、手作りのものが多いので、洗濯表示などありません。さらに、スパンコールやビジューなどの装飾がたくさんついています。

これらの衣類をクリーニングする人たちは、素材に関する知識、洗浄方法に関する知識、正しく美しく洗う技術をもっています。

長年、特殊衣装と向き合ってきたスタッフがいるからこそ、キレイナは洗濯表示がない衣類でもクリーニングが可能なのです。

シミ・脱色などのトラブルにも対応

キレイナでは、ただ衣類を洗うだけではありません。預かった衣類を、キレイにして返却することが最終目標です。

多くのクリーニング店では、ついてから時間が経ったシミの洗浄は、「できない」と断られることがあります。シミ以外にも、変色や脱色には対応できないお店が多いです。

キレイナでは、ほかのクリーニング店では対応できないトラブルにも対応します。

  • 付着してから時間が経ったシミ
  • 黄ばみ
  • にじみ
  • 変色・脱色

などの悩みがある場合も、キレイナの利用がおすすめです。

キレイナのクリーニング料金

キレイナのダウンクリーニング料金は以下の通りです。

種類 料金
ダウンジャケット 7,700円
ダウンコート 9,350円
ダウンベスト 5,500円
キッズ(サイズ100以下) 5,500円
汚れ防止&撥水加工 2,200円

(税込価格)

レザーや天然ファーが使用されたアイテムには、1,980円(税込)~の追加料金がかかります。

ダウンの納期目安は10日前後です。一般のクリーニング店よりも長めの期間が必要なので、今すぐ着たい衣類を預けるのはおすすめできません。

送料は、

  • 本州・四国・九州:片道990円/往復1,980円
  • 北海道・沖縄:片道1,980円/往復3,960円

(税込価格)

です。ただし、合計7,000円以上の利用で片道送料無料、合計12,000円以上の利用で往復送料無料です。ダウンコートやダウンジャケットは7,000円を超えるので、片道分は無料で利用可能です。

キレイナでは、クリーニングと合わせて修理・修復を依頼できます。主なメンテナンスメニューは以下の通りです。

修理内容 料金 納期目安
シミ抜き
5センチ未満
+1,320円~ +10日~
シミ抜き
5センチ以上
+1,980円~ +10日~
色修正
5センチ未満
+3,300円~ +30日~
色修正
5センチ以上
+4,950円~ +30日~
穴・破れ修理 +1,980円~ +10日~
シルエットの整形 +1,980円~ +10日~

(税込価格)

メンテナンスメニューは、通常のクリーニングよりも時間がかかります。依頼するときは、余裕を持っておくのがおすすめです。

キレイナの修復・修理は、上記の内容のほかにも

  • 色移りやカビ除去
  • ファスナー修理
  • 全体消臭
  • 伸び・縮みの修正
  • 撥水加工

などがあります。

くわしく知りたい場合は、以下のリンクから公式サイトでご確認ください。

高級ダウンの取扱数が多い:リナビス

リナビスのロゴ

キレイナに続いて、タトラスのダウンクリーニングにおすすめなのが、リナビスです。

リナビスは、テレビ東京の人気番組「カンブリア宮殿」でも紹介された、今注目の宅配クリーニングです。

40年以上クリーニングを続けてきた職人さんが、1点1点ていねいに洗い上げる、ハイクオリティなクリーニングが人気の秘密です。

リナビスは、私が「高級ダウンをクリーニングしたいんだけど、どのお店がいい?」と聞かれたときに、真っ先にすすめるお店です。

というのも、工場には毎日のように高級ダウンが運ばれてきており、職人さんの経験が豊富だからです。

タトラスはリナビスが取り扱うダウンブランド第3位

リナビスの職人さんが運営するブログによると、タトラスのダウンは、リナビスに持ち込まれる高級ダウンブランド第3位だそうです。

ブログのなかでは、

3位はタトラスです!

僕的、妻に買いたいダウンランキングはナンバーワンです。見てのとおり女性らしいシルエットがおしゃれです。

ですが高級ダウンのなかでは生地や金具の作りが1番繊細ですので、毎日のように着用するのはオススメできません。

こまめなメンテナンスが必要なダウンですね。

リナビスブログ

と紹介されています。

リナビスでは、タトラスは、モンクレール・カナダグースに続いて依頼が多いブランドです。

リナビスの職人さんには、タトラスのダウンを毎日洗浄し続けている経験があるので、並行輸入品でも安心して預けられます。

リナビス 公式サイトはこちら

シミ抜き・修理が無料

私がタトラスのクリーニングにリナビスをおすすめする理由として、シミ抜きや修理が無料な点があります。

リナビスには、すべてのクリーニングにいくつかの無料サービスが付属します。

  • シミ抜き
  • 修理(ボタンつけ・ほつれ直しなど)
  • 保管サービス利用
  • 毛玉取り
  • 送料

これらがすべて無料でついてきます。

特に、シミ抜きと修理が無料である点は、とてもありがたいです。私自身、リナビスでダウンをクリーニングしたことがあるのですが、緩んで取れかけたボタンがつけ直してあったのに感動しました。

リナビスのシミ取りタグ

上の画像は、私がコートのクリーニングでリナビスを利用したときのものです。左の黄色のタグには、襟元の無料シミ抜きをしたことが記載されています。また、真ん中の白いタグには、左の一番上のボタンをつけ直したことが記載されています。

これらのサービスは、私が依頼したわけではありません。検品の段階で職人さんが見つけて、処置したものです。

依頼主が気づいていない部分まできれいにするサービスには、強いこだわりを感じます。こちらの記事で、私がリナビスのコートクリーニングを利用した体験をまとめているので、よければ参考にしてください。

リナビス 公式サイトはこちら

リナビスのクリーニング料金

リナビスのクリーニングは、コース制料金です。キレイナは衣類の種類ごとに料金設定がありますが、リナビスにはありません。コース料金を支払う形を取ります。

リナビスの衣類クリーニングコースには、3点・5点・10点・20点の4つがあります。それぞれの料金は以下の通りです。

点数 コース料金 1点あたりの料金
3点 5,412円 1,804円
5点 8,525円 1,705円
10点 11,770円 1,177円
20点 20,460円 1,023円

(税込価格)

キレイナと比べると、かなり安い料金でクリーニングが可能です。

タトラスのダウンと、ほかの衣類をまとめてクリーニングできるので、冬の終わりの衣替えの時期にもおすすめです。

ただし、リナビスは人気のクリーニング店なので、衣替えの時期は注文件数が急増します。納期が長くなったり、メールでの問い合わせに時間がかかったりする可能性があります。

余裕を持って注文するか、トップシーズンを避けた利用がおすすめです。

まとめ

タトラスのダウンは、生地が繊細なので、慎重なメンテナンスが重要です。

しかし、並行輸入品や、ギャランティーカードを紛失したものは、公式のメンテナンスサービスを利用できません。

自分でクリーニング店を見つけて依頼しなくてはなりません。

キレイナやリナビスであれば、洗濯表示のない並行輸入品や、ギャランティーカードのないダウンでもクリーニングが可能です。

高級ダウンだからこそ、信頼できるクリーニング店にまかせて、長く着続けられるようにするのが重要です。

リナビス 公式サイトはこちら

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。宅配クリーニングのホームページを見てはお得で便利なお店を探すのに夢中。すぐ食べ物を服にこぼすので、効果的な洗濯方法も研究中です。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

人気の記事