話題の宅配クリーニングとは? メリット・デメリットをご紹介

B! pocket

クリーニングを受け取る男性

宅配クリーニングというサービス、聞いたことはありますか?

依頼すると宅配業者が自宅まで荷物を取りに来てくれるだけでなく、クリーニングが完了した服を自宅まで届けに来てくれるサービスです。

「仕事があるから近所のクリーニング店に行く時間がない。」「冬物を出したいけどかさばって大変。」そういった方におすすめしたいのがこの宅配クリーニング。

利用者がすることは、クリーニングしたい服を詰めることだけです。

忙しい私たち現代人にピッタリの、この宅配クリーニングについて紹介していきたいと思います。

宅配クリーニングのサービス内容

宅配クリーニングとは、自宅やコンビニなど指定された住所にクリーニングを集配、配達してくれるサービスです。

「重たくて面倒。」「時間がなくていつも後回しにしがち。」と普段のクリーニングに悩みを抱えている方や、もっと便利になればいいのにという思いのある方の救世主となってくれるかもしれません。

利用の方法

宅配を受け取る女性

宅配クリーニングの利用方法は各社によって多少異なりますが、大体の流れは同じです。

  1. クリーニングを依頼
  2. ダンボール、あるいは専用のバッグなどに服を詰める
  3. 宅配業者に荷物を預ける
  4. 工場でクリーニング
  5. 自宅で出来上がった服を受け取り

家から一歩も出ずにクリーニングが完了するので、妊娠中の方など家を離れることが難しい場合でも安心して利用することができます。

宅配クリーニングの2パターン

宅配クリーニングには大きく分けて2つの種類があります。それは

  • 種類ごと定価型
  • パックコース型

という2つの料金体系です。

パックコース型とは、5着パック、10着パックなどのパックごとに料金が設定されているものです。選択したパックコースの着数内であれば、服の種類に関わらず料金は均一となります。

定額なので、コートやセーターなど高額になってしまう服をまとめて出す、衣替えの時期などに便利でお得なコースと言えます。

種類ごと定価型とは、町にあるクリーニングと同じように、シャツ1枚〇〇円 スーツ上下〇〇円といったように衣類それぞれに値段が設定されているタイプです。

自分が出したい分だけ出すことができるので、シャツやブラウスなど普段からクリーニングしたいものを気軽に出すことができます。

出したい服の数が半端でパックコースだと足りない、でももっと多い着数のパックだと余る、という場合はこちらのコースの方がお得になります。

単価の低いものを、着数にとらわれずに出したい時は種類ごと定価型冬物を一気にクリーニングしたいという時はパックコース型、など自分の出したいものに合わせて選ぶとより上手に活用できます。

種類ごと定価型は普段使い パックコース型は衣替えにおススメ!

こんな人におすすめ

宅配クリーニングの利用をおすすめできる方を下に挙げてみました。

かさばるもの、重いものをたくさんクリーニングしたいという方
自宅で荷物を詰めるだけなので、大きくて重い荷物を運ぶ必要はありません
妊婦さんなど、店舗まで行くのが難しい方
自宅まで荷物を取りに来てくれるので、お店まで出かける必要がありません。小さいお子さんがいる家庭でも安心です。
夜勤などで、店舗の閉店時間に間に合わない方
宅配業者に時間を指定することができるので、自分の都合に合わせられます。深夜や早朝に受け取りたいという場合はコンビニ受け取りも可能です。
引っ越したばかりで近所のクリーニング店がわからないという方
宅配クリーニングだったら、全国どこでも同じのサービスを受けることができます。

どうでしょうか。一つでも当てはまる方は、宅配クリーニングを利用することで、より便利になるかもしれません。

もっと知りたい!宅配クリーニングのあれやこれ

宅配クリーニングに興味を持っていただいた方の為に、もっと詳しく、メリットやデメリット、さらに便利になるサービスなどをご紹介します。

店舗型とどう違う?宅配クリーニングのメリットとデメリット

とはいっても、やはり「楽とはいえ、本当に大丈夫なの?」と不安に思う方も多いかと思います。

そこで、従来の店舗型のクリーニング店と宅配クリーニングを比較し、それぞれのメリットとデメリットについて調べてみました。

宅配クリーニング 店舗型
メリット お店に衣類を持っていかなくて良い 送料を気にせず少ない量でも出せる
デメリット 細かい指定や希望を伝えづらい 営業時間内に行かないといけない 荷物が増える

従来の店舗型だと、自分の好きなタイミングで出すことができますし、買い物のついでにお店に寄るぐらいだと手間も少なくて済みます。

染みのついたシャツ1枚だけ、など少ない量でも気兼ねなく出すことができます。

ただ、一方で営業時間内に行かなければならないという制約がありますし、どうしても荷物は増えてしまいます。受取りの時なんかは、せっかくキレイになったシャツが皺にならないよう気を付けて持って帰る必要もあります。

宅配クリーニングだと、上で述べた通りお店に荷物を持っていく必要が無いので重いものを持たなくて済みますし、かさばるものでも気にせず出すことができます。

一方、「こうして欲しい」という希望を細かく伝えることは難しくなってきます。

各社、クリーニング依頼を出すときに、要望を記入する欄などを設けていますが、対面のサービスではないので強いこだわりがある方にとっては物足りない場合もあります。

かゆいところに手が届く!こんなサービスも

クローゼットに保管されたコート

宅配クリーニングにも、メリットと同時にデメリットがあることをお伝えしましたが、宅配クリーニングではデメリットをものともしないサービスを展開しています。

寝具など大きなものもクリーニングできる
お店に持っていくのが大変な、シーツや布団、毛布などもクリーニングOK
靴のクリーニングや修理ができるサービス
宅配クリーニング会社の中では、汚れやすいスニーカーやムートンブーツなどのクリーニング、修理をしてくれるサービスです。
衣類の長期保管サービス
家での保管場所に困るコートなどをクリーニングでキレイにしたあと指定した日まで保管してくれるサービスです。

ただ洋服をキレイにするだけではなく、このような様々なサービスも受けることができます。

寝具類は「人間は寝ている間にコップ一杯分の汗をかく」ともいわれているだけに、できるだけ清潔さを保ちたいもの。しかし、そう簡単にクリーニングに出せるかといわれると重いしかさばるし、と大変です。

ですが、宅配クリーニングだと布団であっても梱包して待つだけです。布団用の大きな専用バッグなども各社用意していますので安心です。

靴のクリーニングは、お子様が走り回って汚れたスニーカーから、大事なハイブランドスニーカーのコレクションまで新品のようにキレイにしてくれます。

雨で染みのできたブーツの染み取りや、撥水加工などもしてくれるため大事な靴を長く使い続けたい方にはおススメできるサービスとなっています。

そして、宅配クリーニングを利用している人の中で非常に人気なのが、「衣類の保管サービス」です。

着なくなったコートをクリーニングに出して、また着る時期まで預かっておいてもらうというものなのですが、中にはアパレル会社が自社商品を保管するような本格的な施設に預けられるサービスもあり、大事なコートを守るために利用している人が多いようです。

宅配クリーニングを上手に活用して、もっと快適に

ここまで宅配クリーニングのサービスの内容や、メリットデメリットについてお話をしてきました。

宅配クリーニングは各企業によって、サービス内容や料金体系、さらには得意なクリーニングの分野が異なります。

自分たちが求めるサービスは何かを考え、自分に合った宅配クリーニングを選ぶことでより便利に、かつお得に利用することができます。

おすすめの宅配クリーニングはこちら

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
宅配クリーニングの教科書は「むささび式部」が担当しています。宅配クリーニングのホームページを見てはお得で便利なお店を探すのに夢中。すぐ食べ物を服にこぼすので、効果的な洗濯方法も研究中です。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事